Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第4話「魔術競技祭」

20170426.jpg


学校行事に非協力的な方々。よくある光景。
「飛行競争に出たい人。」
シーン。
「じゃあ変身の種目に出たい人は。」
シーン。
「困ったなぁ。来週には競技祭なのに…。」
「思い切ってみんなで頑張ってみようよ。」
「やだよ。」「出たってどうせ負けるし。」
「勝つことだけが目的じゃないでしょ。」
「私はそれほど出場したいわけでもありませんし。」
「でもせっかくの機会なんだし、去年参加できなかった人だって…。」
「女王陛下がご来賓されるのにわざわざ不様を晒す必要はないだろう。お情けで全員に出番を与えようとするからこうなるんだ。」
「あなた、本気で言ってるの?」
「もちろん。」

先生がロクでなしでなくなったら、今度は生徒側がロクでなしになったし。
「ここは俺に任せろ!このグレン・レーダス大先生様にな!」
「ややこしいのが来た…。」
「なんだ?まだ種目決めに難航してるのか?おい白猫。リストよこせ。」
「もう人を猫扱いしないでって言ってるのに。」
「ここは俺が超カリスマ魔術講師的英断力を駆使して決めてやろう。お前らを優勝させてやる。遊びはなしだ。勝ちに行くぞ。」

なんか適材適所で決めとる。初期の頃のやる気のなし先公っぷりはどこ行った?
「納得いたしませんわ!どうして私が決闘戦の選抜から漏れてるんですの!」
「あ~。お前呪文の数も知識もすげーけど不器用な上にどんくさい所あるからな。たまに呪文噛むし。だから運動能力と状況判断のいいカッシュってわけだ。だがお前ならリードランゲージは文句なしのピカイチだ。是非とも暗号早解きで点数を稼いでくれ。」
(これって…、ちゃんと私達のこと見てたんだ。先生ってほんとダメ人間だけどこういう所あるからなぁ…。)
「じゃあこれで決まりだ!」(うまくいった!これでいける!)

この話の裏には、特別賞与が絡んでいた。
金欠で給料前借りしようとしたところに、優勝したクラスの担当講師には特別賞与が出るということ。金が原動力とは、まさに両さん。
だが編成を少々ミスったようじゃの。
「先生。いい加減にしてくれませんか?」
「これ以上勝率が上がる編成ができんのか?」
「そんなことは決まっているでしょう。成績上位者だけで全種目を固めるんです。それが高齢で全クラスがやっていることじゃないですか。」
(マジで?生徒を使い回していいんだ。恒例なんだ~。)
「ちょっとギーブ!成績上位者だけで競って何の意味があるの?先生はこのクラスを優勝に導くって言ってくれたわ。そしてそれはみんなでやるから意味があるのよ。」
「やれやれ。わかったよ。」
「ですよね。先生!」
「お、おう…。そうだな…。」
「なんか噛み合ってない気が…。」
「終わった…。案の定他のクラスは成績上位者ばかり出場だし…。思い出したぜ魔術競技祭。だいたい1回も参加したことねーから忘れてた…。」

小学校の頃は、全員がボールに触ってからゴールしないと無得点ルールというものがありましたな。それに納得いかん輩も当然いて、体育ヘッポコの鈍臭い奴が肩身の狭い思いしたもんじゃよ。

20170426part2.jpg
「ハーなんとか先輩のクラスも競技祭の練習っすか?」
「当然だ。私が指導する以上優勝以外有り得ない。」
「わ~、すご~い。先輩頑張って~。」
「まぁいい。さっさと場所を空けろ。」
「じゃああの木のあたりまで空ければいいっすかね?」
「何を言っている。お前達2組は全員ここから出て行けと言っているのだよ。」
「あの、そりゃいくらなんでも横暴じゃないっすか?」
「グレン・レーダス。貴様クラス全員を競技に参加させるらしいな。」
「足手まといになる成績下位者を使って戦う前から勝負を捨てるようなクラスが群れて練習場を占有するなど迷惑千万だ。」
「お言葉ですがうちのクラスはこれで最強の布陣なんすよ。もちろん俺達は優勝を狙ってますよ。油断して寝首をかかれないことっすね。」
「口では何とでも…。」
「3か月分だ。俺のクラスが優勝するに給料3か月分だ。この賭け、乗ります先輩?」
(やっちまった~。なんかイラッとしてふっかけちまった~!)
「い、いいだろう。私も私のクラスが優勝するのに給料3か月分だ!」
「さすが先輩。いい度胸っすね。」
(マジかよやべ~!よし土下座だ。誠心誠意心を込めた必殺の固有魔術ムーンサルトジャンピング土下座で~…。)
「そこまでです!ハーレイ先生。あなたの練習場所に関する主張に全く正当性が見られません。これ以上見苦しい真似を続けるなら学院上層部で問題にしますがよろしいですか?」

ジャンピング土下座とかDr.ワイリーかいな!
そして、生徒を賭け事のダシにするロクでなし教師の前に親の権力振りかざす白猫ちゃん。

あくまで練習場所の抗議であって、賭け事の抗議はしない。
「それにグレン先生は逃げも隠れもしません。私達は魔術競技祭で正々堂々と戦いそして必ず優勝します!ですよね!先生!」
「いいだろう!この私に立て付いたことを必ず後悔させてやる!」
「先生がここまで信じてくれてるんだもの。絶対に負けないんだから!頑張りましょう。先生!」
「やっぱり噛み合ってない気がするなぁ…。」

勢いで給料3か月分も賭けて、いまさら白猫ちゃんの笑顔を裏切れるのですかい、グレン先生よ。ww

20170426part3.jpg
「これはグレン先生の策なんだ!グレン先生がいる限り俺達は1組に負けない!そうだよな!みんな!」
(やめて~。そんなにハードル上げないで~。)

もうやめて!グレンのライフはゼロよ!
(想像以上だよお前ら…これなら俺の生活も何とかなるかも!お前ら本気で頑張ってるもんな。ったくこっちもその気になっちまうぜ。めんどくせ。)
でもすぐ手の平返すよ。
男爵さんの舌使いがエロい件。ww
「昨年の覇者・ジャイル君がいますからね~。僕としては紅一点、2組のルミアちゃんに注目してるんですが…。どうです男爵?」
「そうだね。可憐な少女がどこまで耐えられるか、いたいけな心をどう汚染し尽くすか…。」
「へ、変態だー!」
「あいつクビにしよう。」

ジャイル君が立ったまま気絶してる弁慶っぷりであったよ!
ところで、競技祭の最中にまたテロリスト乱入とかあるんですかい?
スポンサーサイト
2017/04/26 11:23|ロクでなし魔術講師と禁忌教典TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1357-5236be98


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.