Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


つぐもも 第4話「土地神の試練」

00kazuya.jpg
(ニコニコ大百科「スーパーカズヤ」より引用。)
この世に救いが無いならば 俺が救いになればいい
「救いはないんですか!?」
兄貴との長い死闘の中、彼はこの世に救いが無いことを悟ってしまう。身も心も消耗し果て、ボロボロになっていくカズヤ。だが試合終盤において突如兄貴と共鳴反応を起こし、強力な一撃を叩き込むことに成功する。
「強くなりたい・・・!」
それは彼の心の底からの叫びであった。しかし結末は無情なものであり、兄貴のフェアリークラッチの前に力尽きてしまう。敗北感と虚無感に襲われながらも、カズヤはいつも自らに言い聞かせている言葉を思い出していた。
(全てはチャンス・・・か。)
―3年後、穴の空いていた新日暮里にいつか見た顔の男が突如として現れた。木吉カズヤがスーパーカズヤとなって帰ってきたのだ。
ワイキキでのベンチプレスにより未知のエリアへと到達した彼の身体は全身歪みなく鍛え上げられていた。過去の死闘で兄貴にはぎ取られ、返してほしいなと頼んでも戻っては来なかったケツワレへの未練は過去の弱い自分とともに捨て、新たにまとった海苔を連想させるパンツは見る者を惹き付ける。その迷いのない顔は、彼が肉体だけでなく精神も大きく成長したことを示していた。
(そう、簡単なことだ。俺が救う側に回ればいいだけの話だった。)
救世のパンツレスラー木吉カズヤ、救いを求める者から救う者へ。兄貴との再戦の日は、近い。



20170424_20170425083318bc4.jpg
「全てはチャンス」「強くなりたい」という歪みねえ向上心によってスーパーカズヤへの覚醒展開はよう。
また、レスリングネタ?ワンパターンな人間じゃの。結構好きかも。
なんか、カズヤのママンらしき人出てきた。

「僕はどうすれば…。」
「それは簡単!強くおなり!桐葉ちゃんに守られるんじゃなく守ってあげられるくらいにね。」
「そんな無茶な。」
「無茶じゃな~い。とりあえず君の力でこの危機を脱する方法を教えよう。」
「えっと…、必殺技…、それにマナ?」
「イエース!それじゃそうゆうわけだからよろしく!」

どうゆうわけだってばよ!
「主、加々見かずやが命じる!原型に戻れ!あやさくら!」
「どこでマナの使い方など覚えた!自分が何をしているかわかっているのか!今度はお前が直接くくりと戦うんじゃろ!」
「うん、一緒に戦おう。」
「愚か者!何をエラそうに。」
「もう桐葉さんの力は残ってないんでしょ。」
「策はあるのか?」
「ある。」
「仕方ない。」
「あれ?」
「全然駄目じゃないか!」
「次はちゃんとやるから。」


20170424part2_2017042508331984b.jpg
「見たか、くくり!これがかずやの実力じゃ。」
「中々スジが良い。では次は私のとっておきですよ。」
「くくりちゃんはとどめに必ず水の蛇を出してくるからね。そうしたらこうやって防ぐのよ。」
「らせんつづり八重刃!」

ドリル回しまーす。
「この技は!?」
「おしかったですね。守りを貫いたまではよかったものの、とどめをさすにはいたらなかった。さて…。」
「やめろ!桐葉さんを離せ!」
「ほう、ではどうしますか?」
「分かりました。加々見かずやはすそはらいを引き受けます。」

結局、すそはらいを引き受けるわけね。
頑なまでに桐葉が反対していた、すそはらいってどんなのなんでしょうかの。

20170424part3_20170425083320a27.jpg
くくりの正体はロリっ子であった。
キュアミューズみたいに身長誤魔化していたんだ。

「いやー!見んといてー!」
「アッハッハ!なんじゃその姿はー!能面を取れんわけじゃ。依存しているというのは本当じゃったな。」

「縮んどるのはお前も同じやろが。なんすんねん?」
「さっきは随分な目に合わせてくれおったな。」
「それにはちいとばかり訳があってな…。」
「言い訳は後で聞いてやる。まずは可愛がってくれたお礼が先じゃ。」
「待て、神様やで。ワイは神様なんやで。恥ずかしいとこ全部見られてまう!」

視聴者さんにも見せたまえ。

20170424part4_2017042508332038b.jpg
体が縮んでも平気なのか?ではしかと調べてもらうとするかの。
お風呂という名のテコ入れだ!

「うかつだった…。」
「なんじゃ、お前が見たかったんじゃろが。」

赤さんが出張中の時は湯気が仕事をしてますよ。
「随分手が大きく感じるな。」
「桐葉さんが縮んだからでしょ。」
「そこも大きくしてるんじゃろ。」
「そんなことないよ!」

1話のときみたいに包茎矯正しておくれ。
「理由は聞きません…。どうして加々見君が女児の洋服を欲しがるのか。人は誰しも他人に見せられない暗い闇を隠しているということでしょう。」
「やめて…。勝手に納得しないで。」

よーじょよーじょつるぺたよーじょ
カズヤが幼女趣味に目覚めたようです。(ホントは縮んだ桐葉の服ですね。)
だってカズヤは、兄貴とレスリングする仲でもノンケなんだもん。

20170424part5.jpg
おさむから借りた衣装だけにコスプレ衣装だ。ww
「かずや…。一体お前、どうゆう趣味をしとるんだ!」
「いや、もしかしてと思っておさむに聞いてみたら貸してくれたんだ。」
「おさむ…。あのメガネか。何者なんじゃあいつは?」
「さあ、マンガの資料用らしいんだ。」
「これなんかもう服のてをなしておらんぞ。ただの紐じゃ。」
「まあ、とりあえず着れそうなものがあったらそれを…。」
「お前はどんな衣装が好みなんじゃ。お前がどうしてもというのなら着てやらんこともないが。」
「え?いや…、いいです。」
「遠慮するでない。」
「いやいや、いいですってば。」

翌日、学校にて。
「加々見くん、昨日はお楽しみでしたね。」
宿屋の主人のセリフですよ、それ。ww
「宿屋とはなんですか、かずや君。」
「あ、いや、なんでもない。」
「あやしいですね。」

次回はスーパーカズヤへと進化すべく特訓のようですたい。
スポンサーサイト
2017/04/25 08:39|つぐももTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1356-4cd35ae2


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.