Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


アリスと蔵六 第4話「人でないモノ」

20170424.jpg


前回の続き、紗名ちゃんトイレ中二拉致られた。トイレ中だからノーパン状態でな。
「現場にはそれだけが残されていた。」
くんかくんかしていいですか?言い値で買いましょう!

20170424part2.jpg
「分かりますか?想像しちゃいました?今ここで暴れたり私に逆らったりしたらあなたは死ぬんですよ。あの人ともう一度会うためなら、私はなんでもしますよ。」
怖い能登さんだ。能登ママは能登ママでも未亡人というパターンだ。
「あなたは人間なんかじゃない。それどころか13年前研究所の地下に突然現れたあなたは生物と呼べるものですらなかった。あなたは周囲の生物の思考や反応を無作為に読み取って、それを現実化するだけのただの現象です。あなたの外見も自我や感情も覚えた言葉も全て持ち主のいない鏡の門が人間からコピーして作ったトランプなんですよ。忘れたんですか?」
「嘘だ…。私は紗名でここにいて…。」
「だからあなたは研究所を出るべきじゃないんです。外の世界に出て暮らしていけるわけがない。世界にあなたの居場所があるとしたらそれはワンダーランドだけ。さあ戻りましょ、あなたのいるべき場所に。」

お注射は嫌じゃ。
「あの子の持っている能力はアリスの夢と呼ばれている。で、この先能力の持ち主はもっと増えるだろうと言われている。荒唐無稽に聞こえるだろうが、それは俺たちの倫理観を根底からひっくり返す。そんな彼女のような存在を俺たち社会は受け入れられるのか、そうゆう問題に直面することになる。ぶっちゃけ俺たち側はそれを可能だと考えている。でもあちらさんはそうじゃない。そうゆう説明で分かってもらえるか?」
なるほど。分からん。
「今までも水面下で多少の駆け引きはやってたんだ。そんなときに前々からマークしてた女の子がおっさんのとこに行ったって分かった。渡りに船で利用させてもらおうって考えたわけ。」
「利用ね…。」
「そっ、人類と紗名ちゃんが共存できる見極めとして。って言うと大げさだけどな。」
「てめえはそうやって人の迷惑を考えねえ野郎だ。文句は後でたっぷり言ってやる。あの子がウチに戻って来てからな。早苗、これからもあの子と仲良くできるか?」
「あ、あの、それはいいけど、お爺ちゃんはいつもそうやって何でも1人で決めちゃうのはよくないと思います。紗名ちゃんがウチにいるって聞いた時も私、ホントにすごくびっくりして。まあいいけど。お爺ちゃんはそうゆうとこあると思う。…もっと家族を大切にしてください。もっとちゃんとお話ししてください。これから3人家族になるなら尚更です。…以上。」

早苗ちゃんがちゃんとした意見持っとる。
爺さんと孫という家族構成というのは、早苗の親はどうしたと思ったら死んでた。
「さて、おしゃべりは終わりです。もう少しの間、大人しくしててもらいますね。」
(私は人間じゃない!?だから外の世界に出ちゃいけなかったのか!?私は…、私はどこにもいちゃいけないのか!?化け物だから?そんなの…、そんなの嫌だ!)
「ほんの少し体がだるくなって頭が働くなるだけです。完全に意識を失った時の方があなたは危険ですからね。あっ…、汚い。」

紗名ちゃんおしっこ漏らしてやがる。トイレ中を狙ったせいか、失禁したのか、果たして!
「なんだ、ここに来たのか。ちょっと反則だと思うぞ。私と話すのは。」
なんぞ?未来の紗名ちゃんですか?
「お前、知ってる気がする。誰だ?」
「私か?そうだな、私は君が知らないカッコイイお姉さんだ。」
「あっ、研究所の中で私に話しかけた奴か?」
「まあそのうち分かるよ。」
「薄い、大人なのに早苗の方がちゃんとおっぱいがある。」

いきなり何を言い出すのですかい。www
貧乳はステータスとは言っても、ないよりあったほうがいい。
「お前、その言葉忘れるなよ。後でギャフンって言うぞ。」
「なあ、私は人間じゃないかもしれないんだ。化け物かもしれない。」
「自分が何者なのか分かっている人なんてほとんどいないさ。私だってまだ探してる最中だ。これは余計は話だけどな。でも私はすごくついてたんだよ。分からなくてもちゃんと教えてくれる人が周りにいた。君にもいるはずだ呼んでみるといい。その人の名前を。」

それはやっぱ蔵六爺さんのことだ。何がいい事で悪い事かをちゃんとしつけてくれるからね。
20170424part3.jpg
爺さんいきなり召喚される。
敵陣に爺さん一人呼んでもミニーCの旦那の腕に押さえつけられとるがな。
「紗名!紗名!大丈夫か!俺の声が聞こえるか?」
「紗名ってはじめて呼ばれた。」
「おい、てめえか!こんな小さい子にむごい真似してるのは!この外道が!冗談じゃねえぞ!俺は曲がったことが大嫌いなんだ。」
「あなた、何者ですか?」
「俺は花屋だ。腕っぷしじゃ若いのにひけをとらんぞ!紗名!さっきの元気はどうした!考えただけで何でもできるんだろ!だったらいつまでもこんな所にいるな!紗名!とっとと、ウチに戻れ!あの内藤っていういけ好かない男がお前を助けてくれる。俺のことなら心配ない。だから、早く行けぇ!」
「少し黙っていていだだけませんか?」

紗名ちゃん銃で撃たれる。
元軍人だけに銃を撃つのにためらいはないようだ。

「赤の女王、これ以上勝手な行動を取るようならもっとひどい目に遭いますよ。次はこの人がです。いいですか?私は本気です。」
「紗名!紗名!紗名!」
(嫌だ。もう嫌だ。なんでこんなことになったんだ?私が人間じゃないからか?人間じゃないのに人間のふりをして蔵六をここに呼んだからか?それとも私が蔵六に…。そうか。分かった。)
「もういい。分かったから、蔵六にひどいことをしないでくれ。」
「紗名、お前さん怪我は?」
「本当に大したものです。自分の傷をなかったことにするついでに状況まで部分的に書き換えるなんて。」

蔵六爺さん呼んでも逆に人質にされとるし。

20170424part4.jpg
紗名が人じゃない、化け物だと泣きじゃくるとこ爺さん説得。
「あのな、紗名。お前さんが人じゃなかったとしてそれが何なんだ。バカな事ばかりぬかすな。いいから一緒に帰るぞ紗名。ミリアムさんとか言ったね。あんた、この子が人間じゃないって言ったが、じゃあ、聞くが人間ってのはなんだ?」
哲学的な質問じゃの。
「平気で子供を撃てるお前さんは人かね?」
「そうゆう話ではありません。」
「確かにこの子は危なっかしい。目を離すとすぐに騒ぎを起こす。迷惑もいいところだ。でもな、そんなのは誰でもやることだろ。間違ったら反省して次から直せばいい。それだけのことだ。それにこの子は飯が旨ければ喜ぶし、不器用なりに人を気遣ったり、顔色を窺ったりもする。面倒事を起こした時だって悪気があって起こした事は一度もなかったよ。紗名はそうゆう子だ。ちゃんと心がある。」
「ですから、そうゆう個人レベルの話じゃないんです。そもそもあなたは彼女をどうこうできる立場じゃ…。」
「聞けよ!年寄りの話だ。俺たちはどっかしら不完全だ。みんなそれぞれ1人だと分からないことやできないことがあって、もたれ合って何とかやっている。あんただってそうじゃないのかい?なあ、この子がもしお前さんの言う通り、エイリアンみたいなものだとして、それがホントに問題なのかね?一緒にやっていくことはホントにできんのかね?」
「なあ、蔵六。何を言っているんだ。私は人間じゃないんだぞ。お前にすごい迷惑かけるんだぞ。早苗にもだぞ。」

言う事聞かねえ人間のガキの方がとんでもない化け物であって、人間じゃねえよ。
ガキの頃は、調教されたサルの方がお前よりも賢いと言われたもんじゃよ。
「だからどうした。お前が何者だろうと、しんどい時は誰かと一緒にいるもんだ。無理すんな紗名。大体な、どんな理屈があろうとこんな乱暴な連中の所にいてやる道理はない。お前さん、外に何があるか見たくて出てきたんだろ。だったらそうしろ。言ったことは曲げるな。俺はな曲がった事が大嫌いなんだ。」
紗名ちゃんジブリ泣き。
蔵六爺さんカッコエエですぞ!

んで、雫さん助けに来たところで次回お楽しみ。
まだ4話なのに、最終回一歩手前のクライマックスのようじゃった。
スポンサーサイト
2017/04/24 06:06|アリスと蔵六TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1355-f9c56354


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.