Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第2話「ほんのわずかなやる気」

20170412part3.jpg


相変わらず、やる気のない先公。そしてゲスい。
「え~今日の授業もこんな感じで~。じゃ後よろしく。」
「あいつ決闘に負けたくせにあんな事ばっかり。魔術師同士の決め事を反故にするなんて信じられない。」
「あの…。ルーン語の翻訳で分からない所があって…。」
「無駄よリン。その男に聞く事なんて何もないわ。そいつは魔術の偉大さも崇高さも何一つ理解してないんだから。」
「そんなに偉大で崇高なもんかねぇ。魔術って。」
「何を言うかと思えば…。魔術はこの世界の真理を追究する学問よ。この世界の起源と構造。この世界を支配する法則。魔術はそれらを解き明かし、自分と世界は何にために存在するのかという永遠の疑問に答えを導き出し、そして人がより高次元の存在へと至道を探す手段なの。だからこそ魔術は偉大で崇高なものなのよ。」
「何の役に立つんだ?世界の真理を追究した所でそれが何の役に立つんだ?より高次元の存在って何だよ?神様か?」
「それは…。」
「そもそも魔術って人にどんな恩恵をもたらすんだ?例えば医術は人を病から救うよな。農耕技術、建築技術。人の役に立つ技術は多い。だが魔術は?何の役にも立たないってのは俺の気のせいか?」
「魔術は…、人の役に立つとかそんな次元の低い話じゃないわ。人と世界の本当の意味を探し求める…。」
「悪かった。嘘だよ。魔術はすげー役に立っているさ。人殺しにな。」

魔術をdisるとか、訳ありの過去持ってるのかの?
「剣術が一人殺す間に魔術は何十人と殺せる。これほど人殺しに優れた術はないぜ。今も昔も魔術と人殺しは切っても切れない腐れ縁だ。」
「違う…。」
「魔術は人を殺すことで発展してきたロクでもない技術だからな。まったくお前らの気が知れねぇよ。こんな人殺し以外何の役にもたたん術を勉強するなんてな!お前もこんなくだらんことに人生費やすならもっとましな…。」
(ビンタ食らう。)

なーかしたーなーかしたー
「大嫌い!」
「何が魔術は偉大だ、だよ。ガキが。」
「いや、ガキは俺か。よし!この仕事もうやーめたっと。帰ったら土下座の練習だ。一生懸命謝ったらセリカも許してくれるさ。」


20170412part4.jpg
急にやる気出した。つまりは教科書鵜呑みにした道場剣法なんざ何にも役に立たないということか。
超基本のショックボルトさえ、詠唱無視して、
「まぁ、とにかく痺れろ。」のセリフでも発動可能というもの。
「要は連想ゲームさ。例えばそこの白猫の名前を聞いて何を連想するか。呪文と術式も同じだ。それがわかればあの程度の呪文改変は難しくない。だが、その基本をすっ飛ばしこのクソ教科書でとにかく覚えろと言わんばかりに書き取りだの翻訳だの、それがお前らが今までやってたお勉強とわかりやすい授業ってやつだ。アホか。」
強引に知識を詰め込むだけの方法は、作業であって勉強でない。
「今のお前らは単に魔術が使える魔術使いに過ぎん。魔術師を名乗りたいなら自分に足りないものが何かよく考えて。じゃあ今からそのド基礎を教えてやる。興味ない奴は寝てな。」
ここでAパート終了。
やっと2話目にしてようやく本気出したと言ったところね。
「にゅっふふ~。だから私は知ってたのよね~。あいつはやればできる子だ~って。」
「授業は大人気。今では立ち見の生徒まで出てるとか。」
「そりゃ~私が一から仕込んだ自慢の弟子だからな~。」
(おのれグレン・レーダス…。いずれこの学院から…。)
「お前らは汎用魔術に対して固有魔術を神聖視しているが実は固有魔術を作るなんて大したことねーんだ。
じゃ何が大変かといえば緻密に完成された汎用魔術を何らかの形で超えなきゃならないというこの一点に尽きる。じゃねーと使う意味ねーからな。」
(なんつーか、悪くねえな。)
「おーおー夕日に向かって黄昏ちゃって。青春しているねぇ。」
「何の用だよ。」
「最近のお前結構生き生きしてるなって思ってさ。前は死んで1ヶ月経った魚のような目をしていたが今は死んで1日経った魚のような目をしている。」
「心配かけたな…。悪かったよ。」
「さて。私は明日から魔術学会だがお前のクラスは前任のヒューイがいなくなって授業が遅れてるから補修だったな。休みでみんないないからって女生徒に変な悪戯するなよ。」
「するか!大体お前みたいな女見慣れたらそこらの女に興味持てるかっつーの!」
「おや~?」
「私の事をそんな目で見ていたのか~?この変態~。」
「そんなわけあるか!寄るな!胸押し付けんな!」
「つれない男だな。」

当ててんのよ。
一方、謎の組織が裏で動いていた。
「計画は順調ですか?」
「はい。ただあのセリカ=アルフォネアが連れて来たグレンとかいう男ですが…。」
「ただの三流魔術師。我々の敵ではありません。」
「予定通り学会開催日に。」
「では計画の成功を祈りましょう。」


20170412part5.jpg
「チーッス。邪魔するぜ。」
「ここは部外者立ち入り禁止です!」
「ズドン。」
「軍用魔術…。」
「次逆らったらブッ殺すから。」
「俺達ね。ルミアちゃんって子探してるんだけど。いたら手挙げてくれる?」
「君がルミアちゃんかな?」
「違います…。」
「じゃあ誰がルミアちゃんか知ってる?」
「知りません…。」
「あなた達…ルミアって子をどうする気なの…」
「ルミアちゃん知ってんの?」
「私の質問に答えなさい!」
「うぜぇよお前。ズド…。」
「私がルミアです。」
「君がルミアちゃんなんだ。うん。実は知ってた。ルミアちゃんが名乗り出るまで関係ない奴を殺すゲームしてたんだ。」
「駄目よルミア…。」
「大丈夫。きっとグレン先生がみんなを助けてくれるから。」
「その先生ならもうブッ殺したよ。」
「目的は何ですか?なぜ私を…。」
「よくご存じのはずだルミア・ティンジェル。
いや。エルミアナ王女。あなたは生きていてはならないはずの存在。だがいないはずなのにいる。そこにあなたを利用する価値がある。」

出たよ、ただの学園に王族が紛れているパターン。
「折角の上玉だ。食っとかねぇと勿体ねぇよな。」
「私は誇り高きフィーベル家の娘よ!」
「何それ?偉いの?実は俺ルミアちゃんみたいなの嬲っても面白くねぇんだわ。ありゃか弱く見えるが心は折れねぇタイプの人間だ。だがお前は強がって見せてるが自分の弱さに仮面付けて隠してるだけのお子様さ。俺はお前みたいなちょろい女壊すのが一番楽しいんだ~。」
「ふざけないで!私があなたに屈するとでも!」

ブラの色だけ確認させてくれて、本番行為はさせてくれませんよ。
そうゆうことは薄い本に期待してくだされ。

「あの…。」
「あ?何?」
「やめて…、ください…。お願い…。」
「ハハハ!落ちんの早すぎだろ!お前最高!」

俗に言うちょろインだもん。
「何だてめぇ?」
「すまん。邪魔したわ。」
「助けなさいよ!駄目!先生逃げて!」
「助けろっつったり逃げろっつったりどっちなんだよ。」
「もう遅せーよ。ズドン!…あ?ズドン!ズドン!」
「もう魔術は起動しねーよ。俺はこのカードで変換した魔術式を読み取ることで俺を中心とした一定効果領域内における魔術起動を完全封殺することができる。それが俺の固有魔術・愚者の世界。」
「固有魔術!?てめぇその域に至ってるっていうのか!?」
(魔術を封じる?そんなの無敵じゃ…。)
「ま、俺も魔術起動できないけどな。」
「あ?」
「いやだって俺も効果領域内にいるんだからさ。」
「魔術師が自分の魔術まで封じてどうやって戦うんだよ!バッカじゃねぇの!」
(もう駄目だわ~!)
「てめぇさっさと…。」

飛んでくる鉄拳。魔術を封じての男女平等パンチとか上条さんだ!
「て、帝国式軍隊格闘術だと!?てめぇ何者だ!」
「グレン・レーダス。非常勤講師だ。」
「じゃあキャレルの奴が敗れたってのか!?ありえねぇ…。魔術師の分際で肉弾戦を挑む野郎に…。」


20170412part6.jpg
It's a Small.つまりは短小ということか!ww
辱めを受けるのはお前のほうね。
1話目は救いようがないクズ野郎に見せといて、2話目にして本気出しましたよ。
スポンサーサイト
2017/04/12 16:06|ロクでなし魔術講師と禁忌教典TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1345-c73aae0d


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.