Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第1話「やる気のないロクでなし」

20170407part2.jpg


たまに見かけるやる気なしのニート教師。
電波教師はちゃんと決めるところ決めていたが、こっちは正真正銘のクズだったし!
「今日からは非常勤だけど代わりの先生が来るんだって。」
「知ってる。ヒューイ先生みたいな熱心な先生がいいな~。」


20170407.jpg
こんな先生でした。
「まぁ仕方ないなぁ。俺はちっとも悪くなくてお前らに非があるのは確定的に明らかだけどそこまで言うなら超特別に許してやらんでも…。」
クズマさんよりもクズっぽい人とは珍しい。ww
非常勤の上、担任とかよほど人員不足なのか!?
ただのコネでした。

20170407part3.jpg
「もう半分以上授業時間過ぎてるじゃない。」
「生徒はもちろんの事この学院の講師が遅刻するなんて前代未聞ではありませんこと?」
「ある意味大物だな。」
「むしろロクでなしだろ。」
「あ~、悪い悪い遅れたわ。
あ~。このたび非常勤講師となりこのクラスを受け持つことになったグレン・レーダスです。これから1か月間みなさんの勉学のお手伝いをさせていただきまーす。特技と趣味は…。」
「挨拶はいいから早く授業を進めてくれませんか。」
「教授からの推薦状があれば問題なしだろ。」
「魔力のキャパもメモリも普通。魔術の系統適正も全て平凡。魔術師のクラスは第三階梯ってとこかな。」
「たかが第三階梯の三流魔術師が講師?」
「彼は我が校の優秀な生徒に教えることができるんですか?よもや自習でお茶を濁したりは…。」

早くも自習でお茶を濁した。ww
「本日の授業は自習にしま~す。眠いから…。」
「それから彼は教職免許持っとらん。」
「ありえな~い!」

クズな上にやる気なしとか救いはあるんですかい?
「優秀だぞ。なんと11歳で入学しておる。だが15歳の時学院を去ったともある。」
「で、進路は?」
「その後の4年間はわからんのう。」
「それは何もせずにただひたすら無駄な時間を過ごして来たってことでは!?」

空白の4年間は何を?
これ面接で必ず突っ込まれるとこだ。

20170407part4.jpg
着替えイベントに遭遇というお約束パターン。
「あ~めんどくせぇ。ったく錬金術ってのはなんで着替える必要が…。
あ~待て。俺は常日頃こんなお約束展開について物申したいことがある!
どうして慌てて目を背けたり手を引っ込めようとしたりってな!
たかが女の裸をちらっと一目見るのとボコられるのが等価交換なんて割に合わないだろどう考えても!だから俺はこの光景を目に焼き付けて!」

ここまで来ると清々しい。

20170407part5.jpg
しまいには、やる気のない先生に決闘の申し込みが来たっぺよ。
これは、あっさり勝って、主人公を惚れ直すパターンと思いきや、あっさり負け取るし!ww
あかん、ホンマもんのクズや。ww

「私はこの学院にそれなり影響力を持つ魔術の名門・フィーベル家の娘です。私が父に進言すればあなたの進退を決することもできるんですよ!」
親の権力振りかざすスタイル。
「お父様に期待してますとお伝えください!
いや~よかったよかった。これで辞められる~。脅されてイヤイヤ引き受けてみたけど無理でさ~…。」
「魔術決闘の申し込みですわ!」
「面白くなってきた。」
「あなたにそれが受けられますか?」
「お前…、マジか?」
「私は本気です!」
「システィ駄目!早く先生に謝って!手袋を拾って!」
「何が望みだ?」
「これまでの態度を改めて真面目に授業してください。」
「忘れてないよな?俺が勝ったらこっちの要求を吞まなきゃならないんだぜ?」
「承知の上です。」
「なんだよあいつ…。」
「酷い事考えてそう…。」
「それでも私はフィーベル家の次期当主として、あなたのような魔術を貶める輩を看過することはできません!」
「や~れやれ。こんなカビ臭い儀礼を吹っかけてくる骨董品がいまだに生き残ってるとはな。いいぜ。その決闘受けてやる。」
「生徒と講師の決闘なんて!」
「前代未聞ですわ!」
「面白すぎだろ。」
「ただしさすがにお前みたいなガキに怪我させるのは気が引けるんでね。使える魔術はショックボルトのみ。それ以外の手段は禁止だ。いいな?」
「どっちが勝つと思う?」
「さすがに先生かな。ただシスティーナを甘く見てる気がするけど…。」
「でもショックボルトだけって…。」
「ハンデをつけてくれたのかしら。」
「それはどうかな。ショックボルトは確かに汎用魔術だ。一番最初に習う初歩中の初歩。微弱な電気を飛ばし麻痺させて行動不能にする護身用魔術。基本的に呪文は雷精よ 紫電の衝撃以て撃ち倒せの三節。でも実戦においては三節を省略した一節での詠唱をいかに相手より早く唱えるかで勝敗が決まる。」
「じゃあ詠唱の早さにかなりの自信が…?」
(引くわけにはいかないのよシスティーナ。私が私である以上あんな男を野放しにするわけにはいかない。たとえ不様に地を舐めることになっても否を突きつける!それが私の魔術師としての誇り。)
「行くわよ!雷精の紫電よ!
えっ?
わ、私ルール間違えた?」
「なかなかやるな。まぁいい。1本くらいくれてやる。これは3本勝負だからな!」
「そうでしたっけ?」

出た。ジャンケンに負けた奴が言うセリフ。
「さぁ2本目だ!雷精よ!紫電の衝撃…。」
「雷精の紫電よ!」
「ほう。まーさかまさかこれほどとは。五本勝負だからってちょ~っと遊びすぎたな!反省反省!」

勝手に本数増やすなし。ww
「かかったなアホが!」
「雷精よ!紫電…。」
「雷精の紫電。」
「もしかして先生。ショックボルトの一節詠唱ができないんですか?」
「なんのことだか。そもそも呪文を省略するなんて邪道だからな!別にできないからそう言ってるわけじゃないからね~!」
(できないんだ。)
「とにかく決闘は私の勝ちです。」
「あれ~?何か約束したっけ?僕何のことだかわかんな~い。
それよりもなかなかやるなお前!今日の所は超ギリギリ紙一重で引き分けということで勘弁してやる!だが次はないぞ!さらばだ!」
「心底見損なったわ。」

おい、見てるかクズマ…。
お前を超える逸材がここにいるのだ…。
スポンサーサイト
2017/04/08 14:09|ロクでなし魔術講師と禁忌教典TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1339-3c7f810b


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.