Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


小林さんちのメイドラゴン 第13話「終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)」

20170406.jpg


気が付いたら最終回。冬アニメが春アニメの期間にまで食い込むとは予想できませんでしたよ。
京アニだけに13話までやるお約束か!?

「いつまでこんなことをしているつもりだ?」
なんぞ?
「私はただ…、今を楽しんで小林さんと一緒に過ごせたらそれで…。」
「それはいつまでだ?
わかっているんだろう。いつかは戻らなくてはならないと。」
「戻らない。戻るつもりはない。私は小林さんのメイドだから。」
「違う、お前はドラゴンだ。
戻る理由ができたらどうする?向こうの戦況が悪化したら?お前が戦いを欲したら?」
「私の居場所は…。」

最終回だけにシリアスになってきたし!
まさかのパッパだったし。

「お父さん…。」
「来た要件はわかるな?
一緒に帰るのだトール。お前の居場所はここではない。」
「おかえりカンナちゃん。トールまだ帰ってこないんだよね。」
「トール様帰った。向こうの世界に。
たぶん終焉帝。トール様のお父様が迎えにきた。」
「それってどういう…。」
「多分もうこっちの世界に帰ってこない。終焉帝には逆らえない。」
「そう…。」

さすがの小林さんも動揺してる。
これはお父様に娘さんを下さいとご挨拶に行くんですかい?

20170406part2.jpg
小林さんが妻に先立たれたシングルファザーのよう。
朝は起こしてくれない。コーヒー入れるのに中身ぶちまける。食事はコンビニ弁当。缶ビールの量を増えとるとかまさに!
トントントン。何の音?
「小林さん私です。トールです!」
「帰ったんじゃないの?」
「はい。でも戻ってきました。」

てっきり小林さんと他のドラゴンがトールのパッパの元に乗り込む展開期待してたのに、随分と早いお帰りで。
だが、無許可で戻ったせいで、パッパが激おこなの。
「何故勝手に戻った?」
「ここに居たいのです。どうか…。」
「ならん。言ったはずだ。我々はこの世界に不干渉と定められている。私と一緒に帰るのだ。」
「嫌です!」
「お前の意思など関係ない。」
お前ひとりの我儘で世を乱す訳にはいかぬ。」
「私はここに居たいのです。ここが私の居場所だから…。」
「人間として慎ましく暮らすというのか?どこかで綻びるぞ。心当たりはないか?
戻ってこいトール傷つく前に。」
「あの…。」
「気を付けてしゃべってほしい。話すことによっては消し飛ぶのはあなたになる。」

言葉を慎みたまえ。君はラピュタ王の前にいるのだ。
「トールは帰りたくないってさ!」
「貴様…。」
「この世界に干渉できないんだろ?なら私は殺せない。」
「だが殺さない程度のことはできる。」
「それじゃ私の意志を変えられない!」
「世界のルールは守らねばならない。秩序を守るべきドラゴンがこの世界にいることがわかれば影響されて他の者までやってきてしまう。今でこそ平気だがそのうち侵略を企む者も出るぞ。」
「そうしたらどうする。」
「それをトールのせいだとは思わない。きっかけをこじつけて責任とすりかえてるだけだ。」
「起こりうることだ。」
「知ったことか!」
「何故そこまでトールにこだわる。まさかトールが好きなのか?人間のお前が?信じられん…。」
「そう?トールっていい子じゃん。」
「そんなことはわかっておる。」
「明るくて楽しくて、時々陰があるけどそれ隠すように笑って…。しかもさぁメイドなんだぞ?わかってんのか?私のメイドを持っていくな。これは私んだ!」
「調子に…。
…ここは少々窮屈だ。」
「自分の居場所は自分で決めます。小林さんは…、小林さんは私の光です!」
「歯向かうというなら容赦はせん。」

んー、これはパッパが親バカのようにうかがえるの。
そしてドラゴン親子による親子喧嘩が始まった。

ドラゴン規模だから怪獣映画のようになってしまいますぞ。
そして小林さんによるスーパー説教タイム始まった。上条さんだ。
「待て待て待て、なんで親子で戦ってんの!」
「人間は引っ込んでいてもらおう。」
「もっと折り合いつけてかないと物事って進まないじゃん。」
「何が言いたい?」
「極端だってこと!ここっていっつも理解できない。」
「当然だ。人が我々と分かり合うことなどできない。」
「そうじゃない。違いを知ることは単なるスタートだ。それを確認しながら近づいたり離れたりを繰り返す。そしたらちょいちょい好きなところもできて尊敬だってできる。信頼も絆もできる。」
「貴様、本気で共に暮らしていけるとでも…。」
「違う!そんなことはとっくにできてる!
ずっと続いていくと信じられるかどうかだ。私は信じてる。あんたはどうなんだ?
娘を信じてみせろよ!」
「…認めはせん。人間など共に生ききる寿命も持たぬ分際ごときが。
トール、愚かな娘よ。」
「わがまま言っちゃってごめん。」
「何をあげたらいいですか?全部…。全部あげます。」
「そんなにいらん。」

娘の駆け落ちを認めた親バカパッパ。
でも孫ができればデレるんでしょ?

20170406part3.jpg
そしていつもの日常に戻る。
「おはようございます小林さん!おはようカンナ。」
「リンスがもうない。それから…。」
「8時にインでヤンスね。わかってるでヤンス。」
「今日もカンナさん遊びに来るって。」
「ではチョコレートをご用意しておきますね。」

妄想だけでいつものアヘ顔な才川さん。ww
しかしアヘ顔は色々まずかったのか目がハートで誤魔化してる。
ルコラさんと翔太君によるおねショタ描写も。
そして締めは実家に顔だそうとする小林さん。嫁と子供を引き連れてな!
ご両親に紹介ですね。分かります。

「久しぶりに実家に帰ろうかと思うんだ。」
「是非いってきてください。」
「トールも一緒にいく?」
(私は小林さんと一緒に老いていくことはできない。いつか必ずお別れする時が来る。それでも、私は小林さんに会わなかった方がよかったなんて絶対に思わない。ただ今、この時間を大切に…。)
「ただいま。」

なんといいますか、いい最終回だった。
誰かさんが言ってた、日々私達が過ごしている日常というのは実は奇跡の連続なのかもしれんと。
スポンサーサイト
2017/04/06 16:12|小林さんちのメイドラゴンTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1338-c5f8c588


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.