Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


アリスと蔵六 第1話A「赤の女王、逃げる」

20170403part5.jpg


最近はマンガはゲームのアンソロ本ばかり買い漁っているせいで、アニメとか原作ノータッチなことが多い。
よって、1話をどんな話か分からないまま観るという試し見が今後多くなるの。
アリスと蔵六。出だしの雰囲気がエルフェンリートっぽい感じがした。
「寒い…。外の世界ってこんななのか。」
「どこへ行くつもりですか?赤の女王。」

ハッハッハッハッハ…どこへ行こうというのかね?
立て!鬼ごっこは終わりだ!終点が玉座の間とは上出来じゃないか。ここへ来い!

「私に近づくな。」
「意地を張るのはやめて、温かい所に帰りましょう。」
「いやだ!」
「みんなあなたを待っているのですよ。」
「開け!」
「ほうら、もうエネルギーが尽きかけているではありませんか。あなたがいるべき場所はワンダーランドだけなんです。」


20170403part6.jpg
んでもって、なんか能力らしき人物でてきてバトル展開になってきましたぞ。
まさかの能力者によるバトル物なのか?
「飛びなさい。イメージしてできるだけ大きな街に。そこでなるべく大きな騒ぎを起こしなさい。」
「お前、誰だ?」
「また会いましょ。」
「こちらタチバナ。赤の女王の捕獲は失敗。邪魔が入りました。」
「相手は?」
「分かりません。見たことのない女の能力者でした。赤の女王に大きな街に行って騒ぎを起こすようにと。」
「各車両に告ぐ。四号車以外の車両は市街地まで捜索範囲を拡大。なんとか足取りの痕跡だけでもつかみなさい。」


20170403part7.jpg
(アリスはずっと長い事宙をプカプカ浮いていて、めまいがしたので普通に歩けると分かったときにはほっとしました。あの丘のてっぺんまで登れば。そうアリスは考えました。お庭がもっとずっとよく見えるはずだわ。)
「樫村さん樫村さん。あの子心配。警察に連れてってくれないか。3時間ずっとあそこにいる。歌舞伎町に子供。絶対ヘンよ。」
「警察に言え。」
「電話したけどダメだった。外人信用ない。」
「じゃあ店長に頼め。」
「それダメ。店長さん警察嫌いね。それにあの人募金のお金泥棒してる悪い人よ。」

20170403part8.jpg
「お嬢ちゃん、売り物にベタベタ触っちゃいかんよ。道に迷ったんならウチまで送って行ってやろうか?」
「お前、前に私と会ったことがあるか?」
「樫村蔵六。1943年6月19日生まれ。孫娘が一人、名前は早苗。昨日から高校の部活で合宿か。部活とか合宿とか何のことか分からないけど…。違うなあ。ただ悪い人間ではなさそうだな。」

個人情報を読み取れる能力とか?現代じゃ恐ろしあ。
悪い人間じゃなさそうって、さっきまで極道と取引してようですけど。
成り行き的に家出少女をお持ち帰りする流れになりそうだ。
「おいお前。今から私と取引しないか?」
「取引?」
「うんと言えば願い事をなんでも叶えてやるぞ。」
「なんだそりゃ?マンガか何かかね?悪いなあ、俺はそうゆうの詳しくないんだ。」
「えっ。分かったぞ。お前、私の事をバカにしてるな。」
「バカにはしないが、話があまりにも突飛なんでな。」
「もういい!」

おお勇者もういいよ。
「今のナニ?あの子消えたよ樫村さん。樫村さん、これどうゆうこと?」
「分からん。」
「おいお前、ホントに私と取引する気ないか?」
「どうやってこの車に入った?」
「そんなこと気にするな。」
「お嬢ちゃん名前は?家は?」
「家なんかない…。な、なぁ私と取引しよう。そうすればなんでも願い事を叶えてやるぞ。」
「それが人に物を頼む時の態度かね?話があるならキチンとした態度で示せ。」
「迷ってたら死ぬぞ。前を見ろ!」
「なんだあれは!?」
「それより逃げろ!また来るぞ!」
「ありゃなんだ?」
「私を追ってきた奴らだ。妹は弓矢。姉は鎖のついたものなら何でも出せる。さっきの鉄球も自転車もそうだ。」
「自転車に鎖なんか…。」
「ついてるぞ。」
「チェーンか。」
「安心するな。またすぐ追ってくるぞ。」
(急ブレーキ踏む樫村さん。)
「てて…。なんで止めるんだ!」
「降りてくれ。ありゃお前さんの顔見知りだろ。他人を巻き込むんじゃない。迷惑だ。」
「気に入ったぞお前。」
「き、君。何しやがる。」
「私が運転する。」
「おい!やめろ!」
「あーはっはっは!もう逃げられませんわよ、赤の女王。」
「奴らに命令されて追ってきたのか!ポンコツ姉妹!」
「ポ…ポンコツー!?」
「お姉様、落ち着いて。さーちゃん、一緒に研究所に帰ろ。そ…そりゃちょっとは嫌な検査とかあるかもしれないけど、わ…私達は外の世界では生きていけないんだよ。」

嫌な検査って性的な意味合いでしょうかね?ww
「嘘だ!もう騙されないし、実験動物にもならない!あんな所、私の手でつぶしてやる。」
「さ…さーちゃん。」
「外の世界なんて何も知らないくせに!よなが、撃ちなさい!」
「私は帰らない。」
「さーちゃんごめん。」
(樫村さんに取り押さえられる双子。そして3人にゲンコツ。)
「お前さん、そんな物騒な物を人様に向けていいと思っているのか?」

クレヨンしんちゃんでもめっきり減ったゲンコツ。体罰と勘違いしちゃいけませんよ。
昭和時代の頑固ジジイといえば、怒鳴る・ゲンコツは基本。
現代のジジイは怒鳴るだけで中身がないから説得力が全然ねえ老害でやんす。
最近じゃ、病院の待ち時間が長いせいで怒鳴ってるジイさんがいたし。
待ち時間が長いのはおめえだけじゃねえんだよ。まさに老害。
「そいつはこっちのセリフだ!てめえら街中でなんてことしやがる!わけのわからねえ鬼ごっこのせいで一歩間違えば何人ケガしたと思ってる。お前らのやったことをよーく見てみろ!ゲームでもしてるつもりか!さっきの2人もだ!お前ら、俺に恨みでもあるのか!いいか、物事には限度ってもんがある。どんな事情があるのか知らねえがこの辺りには年よりだって子供だって歩いているんだ!お前らのやってたことは人を殺してたかもしれないんだぞ!いいか、時期ここに警察が来る。出るとこ出てきっちり反省してもらうからな。返事は!」
「は、はい。」

てっきり空腹幼女に餌付けして、お持ち帰りかと思ったら悪い事は悪いと教育し警察に連れて行った。
ジイさんかっこええのであります。
これは途中でシリアス路線行くと勝手に予想。
スポンサーサイト
2017/04/03 04:26|アリスと蔵六TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1334-834e9c83


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.