Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


小林さんちのメイドラゴン 第12話「トールと小林、感動の出会い!(自分でハードル上げてますね)」

20170330.jpg



小林さんとトールのファーストコンタクトが明らかになってた。
今は辞めたパワハラ上司にボコスカ言われ、一人で飲んで、降りる駅過ぎてヤケクソになってた。

「あははは!私の降りる駅!」

20170330part2.jpg
「人間、どこから入って来た。」
「ドラゴンだぁ!抱いてー!」
「去れ!喰い殺すぞ!」
「まぁどの道我も死ぬ。最期に会ったのが人間とは惨めなものだな…。」
「ねぇ その話し方疲れない?」
「これ抜けばいいの?」
「おい!」
「愚かな。人間なんぞが神の剣に触れれば精神を…。」
「知らねぇし。神がいるなら、今すぐ締め切りを延ばしてみろい!
いくら私の夢でもなぁ、ドラゴンまで卑屈になることないだろぉ!」
「すみません。しかし助かりました。私は神との戦いに敗れこの世界に逃げ延びてきました。」
「恐らくあなたは信仰心がないからあの剣を抜けたのでしょう。本当にありがとうご…。」
「んなこたぁどーでもいいんだよ!
一緒に飲め!そして私の話を聞けぇ!」
「えぇ…。」
「飲んでよぉ…。」
「やっぱり女の子だったんだ。」
「まぁ一応は…。」

全裸にマントとか、なんともけしからん格好だ。
一方通行さんにマント剥ぎ取られますぞ。

「よし、女同士飲もうぜー!」
「えっ 女!?」
「だから世の中理不尽なのよ!私はこんなに頑張ってるのに!」
「そうだ!言ってやれぇ!大人しく蹂躙させろぉ!」
「だっ、こらぁ!下っ端のミス私にやらせんなぁ!」
「村の娘差し出せとか言ってるロリコン共をドラゴンの一般的イメージにすんなぁ!」
「なんで私一人なんだろ…。」
「私も一人になりました。この世界でさっき…。」
「行くあてあるの?」
「いえ…。というより元々一人ですので…。」
「じゃあ…、私のとこ来る?」
「…行きます。」
「じゃあメイドやって!」
「はい?」
「いい?メイドって言うのは単なるお手伝いさんじゃないの!本来はハウスメイドとかランドリーメイドとか役割が違ってなるのにだって訓練が必要でそこらのメイドカフェとはわけ…。
私、小林!」
「トールです。」
「…なんか大事な夢見てた気がする。」

てっきりシリアスなファーストコンタクトかと思いきや、酔った勢いでドラゴンの女の子にメイドに来いと口説いただけでござった。

20170330part3.jpg
むしろ、トールがメイド目指した原点となる回想の方がいい話的なもんなんだな。
「滑稽ですね。人と馴れ合うなんて所詮はペット。」
「お前が言うな。」
「そういえばトールは元の世界に親しい人間と居なかったの?」
「一人、ほんの一時交流した人間なら居ますけど…。」
(私がその人間と会ったのは滅び朽ちた村の中でした。)
「しばらくここを住処にするか…。」
「ドラゴンがこんなところに居るなんて珍しいなぁ。」
「ちょっと身を隠しててね。しばらく同席させてね。」
「盗賊か。」
「そうそう。商人と間違えて貴族襲っちゃって追われてんの。」
「仲間も皆捕まっちゃって一人になっちゃってどうしようかなって。」
「お前に興味はない。失せねば殺すだけだ。」
「…プ。」
「何故笑う?」
「言葉にこれほど意志が乗ってない殺すは初めて聞いた。ドラゴンさん、脅すの慣れてないでしょ?」
「脅しなどではない!」
「ほらね。ね?いいでしょ しばらくここに居させて。」
「…勝手にしろ。」
(今思えば私が出ていけばよかったんです。でもあの時の私は人間に譲るなんてできませんでした。)
「ねぇねぇ ドラゴンってどんな気分なの?
空を駆け回ってどんな奴にも負けない力を持ってる。この世を自由に生きていける気持ち、知りたいな。
無視!?」
(その時ふと考えたんです。自分の自由とは何だろう?混沌勢力として産まれ混沌のままに生き神聖なる者と戦う。それがそれが終わったら自由ということなのか、そもそも終わるのだろうか?仮に終わって自由を手にしたら、私は…。)
「お前は自由を手にしたらどうする?」
「メイドになる!
可愛いメイド服着てさ、お客様を精一杯の笑顔で出迎えて、ご主人様と恋に落ちたりさ~。」
「自ら隷属しているではないか。」
「そう、私が選ぶの!自由に選ぶの!
選べたら私の人生も違ってたのかなぁって。私が人生で選んだのって奴隷になるか盗賊になるかって二択くらいだったから。」
「…そうか。」

奴隷か盗賊の2択とか精神崩壊しそうだ。
(考えてみれば、私は選んだことがありませんでした。でもそれでいいと思っていました。会いたい誰かも居ませんでしたし。その後も彼女とはしばらく雑談して…。)
「行くのか?」
「うん とりあえず山を越えて隣の国に行ってみるよ。きっと何かあるはず。」
「ドラゴンさん乗せていってよ。」
「ふざけるな!」
「ケチー。」
「人間なんぞ死ぬまで乗せん。」
「あはは!それじゃあねドラゴンさん。ありがとう!」
「何の礼だ?」
「一緒に居てくれたこと!」
(鬱陶しい人間と別れた。その感覚でいいはず、なのに…少し寂しさと不自由さを感じたんです。)
「じゃあトールがここでメイドをしてるのもその人がいたからかもね。」
「そうですね。私にしては珍しいですが、また会ってもいい人間です。」
「そっか。」
「それはそうと昔のトールの口調っておっさん臭いよね。」
「えー!?かっこいいですよ!」

次回は最終回の模様。冬アニメも次々終わっていくのう。
スポンサーサイト
2017/03/30 21:33|小林さんちのメイドラゴンTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1331-6f64e550


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.