Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


政宗くんのリベンジ 第12話「死んでもマイクを手放すな」

20170324.jpg


気付いたら最終回だった。だからOPカットなんだな。
「見つかったのか?雅宗は?」
「いいえ。」
「じゃあ代役?」
「あのサイズを代わりに着用できる男子なんていません。」
「だったらどうして幕を上げた!」
「王子抜きでも上演すると愛姫様がご自分でお決めになったんですよ!
結論から言えば雅宗兼次はまだ見つかっていないわ。でもみんな誰にも負けないくらいの練習をしてきたのよ…。」
「こんなことで投げ出すなんて悔しいじゃない。」
「絶対に敵前逃亡はしたくないって…。よかったわね!最後まで雅宗兼次が見つからなければ舞台は破綻!これでみんなあなたの思うままよ!」

先に王子様役行方不明に仕向けたのはそっちでしょーが!
「出してもらわないと…。師匠に兼次を出してもらわないと…。どこだ…師匠…。」
師匠こと吉乃ちゃんは舞台上ですよ。
「そこか~!!んなとこいたら連絡とれねぇじゃねぇか!」
んでイケメン豚足が取った手段は自分自身が代役でゲソ。
「俺が舞台に出る。雅宗の代わりに。それであの芝居をエンディングまで持っていく!」
「な…、あなたは自分が何を言ってるのかわかってるのですか!?」
「いいですか?私達は敵同士です。B組のあなた方だって勝つつもりでやってきたんでしょう?それをなぜ?」
「勝つつもりだよ!勝つつもりだったよ!でもそれを置いても今やってる舞台を壊すべきじゃないと思った。」
「つまり…、純粋に演劇の為ということですか?」
「悔しいけどね。」

王子役のダブルヘッダーだ。しかも熱気味と体力持つのかの?
体力持たず、ぶっ倒れる。
あかん王子様も死んでもうた。
「た…旅の疲れが出ただけだ…じ…持病の癪が…!」
なんというアドリブだ。www

20170324part2.jpg
(キスすれば終わりキスすれば終わりキスすれば終わり×∞)
ホンマにキスしおったし!
さすがイケメン!
「何するのよ~!!」
「わーい。白雪姫様が生き返ったー。」

セリフが棒読みだよ。ww
「こ…、こうして白雪姫様は森の小人や王子様と末永く暮らしたのでした。めでたしめでたし。」
代わりに王子が死んでまったがや!www

20170324part3.jpg
Bパートはカラオケ合戦のよう。
「…というわけで八坂祭は先日無事終了しました。人気投票の結果トップは2年A組の白雪姫でした。B組は上演中止なので最下位です。」
やっぱダブルヘッダーは無理だったか。
小十郎とのBLルート期待した人残念でした~。
「よって今回の勝負はA組の勝利。さらにベストヒーロー&ヒロイン賞に真壁政宗君と安達垣愛姫様が受賞されました。」
「納得いかない!でも政宗君が私達に相談もなしに勝手に出演したから舞台が成立したんでしょ?政宗君その後は保健室直行しちゃって…。」
「あ~!おかげで私の台本が全てパァ~…。」
「いや。それについては代わりに僕がB組の王子をやるって言ったら…。」
「ちっちっち。カップリング街道を舐めちゃ駄目。小十郎きゅんの相手は誰でもいいってわけじゃないの。」
「もういいでしょう。終わった事じゃない。」
「ていうかなんでこんな狭苦しい所に大人数いるわけ?」
「うちらはここで打ち上げをしようと思ってたの。」
「うちだってそうよ。」
「まぁまぁ。部屋が満室でパーティールームしかなかったんだし…。」
(うう…、なんだこの重苦しい空気は…。)
「あ。そうだ。文化祭の勝負、ここで決着着けるってのはどう?折角両クラス揃ってるし歌合戦で決着着けちゃうの~。」
「勝負なんて無意味だわ。結果なんてやる前から見えてるんだもん。」
「なんでうちが負ける前提になってるかな。」
「ねぇ小十郎きゅん。」
「う…うん…。」
「いいわよ。受けて立つわこの勝負!負けたらここの会計を全て支払うっていうのでどう?」
「歌合戦ですって政宗様。」
「あ…うん。」
「それでは!真の勝者は誰だ!チキチキカラオケ歌合戦~!
双葉妙、いきます!政宗君。ワガママMIRROR HEARTよろしく!」

おっ、いきなりOPソングきましたよ。
数回回って、残虐姫とノーパンによるハダピュアのデュオ
「すごいすごい!」
「懐かしいな~ハダピュア。大好きだった。」
「かっこいい~!」
「やっぱりハダピュアは初代ホワイトニングちゃんよね。」
「まぁご冗談を。サンスクリーン様の間違いでは?」
「どうやってもあなたとは相容れないわ。」
(駄目だこいつら…。)
「政宗君が大トリだよ。」
(う!そうだった!)

ヲタによる派閥争い。よく見る光景じゃの。
そして締めは豚足。
ジャイアンリサイタル状態だ。ww
(俺の魂の叫びを…聴け!)
「はい。ご注文ですか?…え?」
「早く…、助けをお願いします。」
「もしもし?もしもし!もしもーし!」
「いやーなんか照れるなー。どうだった?」

…死んでる。
おい!きたないからかたづけておけよ。そのボロクズを!


20170324part4.jpg
「いや~カラオケであんなにカロリーが消費できるなんて知らなかった~。これは新たな筋トレメニューに追加しようかな。しかしなんでみんな帰っちゃったんだろう。」
「そういえば小岩井さんは?」
「おつかいよ。あなたのおかげで余計にエネルギーを使ったから。」
「ていうか何で残ってるのよ。みんなと一緒に帰ればいいじゃない。」
「小岩井さんが戻ってきたら帰るよ。こんな時間に女子一人でいたら危ないだろ。この間みたいなことになるかもしれないしさ。」
「勝手にすれば!」
「はいはい。そういえばあの時のお礼まだしてもらってなかった。」
「あれはちゃんと謝ったし全部あなたが勝手にやった事じゃない!そうよなんでもかんでもみんなあなたが勝手にやったのよ!」
「何をすればいいのよ?」
(おいおいどうした残虐姫…なんでこんなに素直なんだ?いや…これは罠だ。きっとまた牙を剥いて…。)
「じゃあ…。んと、キス…とか。今度は安達垣さんが俺にキスするっていうのはどう…?」
(や…やりすぎか?いくらなんでも大きく出過ぎか?)
「じゃあいい…?目…開けないでよ。開けたら怒るから。」

キスすると思ったら焼き芋でした~。
「あなたにはそれで十分よ。それに私の大切な食料を半分もあげたんだから感謝しなさい。」
「…おいしい。」
「でしょ?」
「相変わらず詰めが甘いね豚足は。」
「師匠~。」
「もう少しでリベンジできたかもしれないのに。」
「は!?」
(だがこれから!安達垣愛姫…次こそは必ず惚れさせて捨ててやるからな!)

手に持っているのは修学旅行の案内だ。しかも海外かよ。
さて次回は、ってもう最終回やん!これは2期フラグだといいなあ。

中途半端なところで終わっているし、偽物の豚足の正体バレていないままだし。
スポンサーサイト
2017/03/25 19:29|政宗くんのリベンジTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1328-db7c1ed9


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.