Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


うらら迷路帖 第10話「四人と昇格試験、時々試練」

20170311.jpg


九番占への昇格試験だっぺよ。
「今日はいよいよみんなにとって初めての昇格試験です。今までの修業を思い出して悔いのないようにね。」
「ニナ先生今日はいつになく先生っぽいわね。」
「な…何かドキドキしてきちゃった。」
「分かるわ。私も初めての試験の時そうだったもの。」
「今日だって最高にドキドキしてるわ。多分みんなより…。」

ドバー
「あっ。緊張してただけか。」
「邪魔するぞ。今日は私も試験会場の警備だ。頑張れよお前達。応援してるからな。」
「佐久隊長が優しいなんて変なの~。」
「これでも一応いつも心配してやってんだぞ。ニナの大事な生徒だし…。
特に千矢。くれぐれも問題起こすんじゃないぞ。」
「わん!」
「そういう心配!?」

千矢に問題起こすなと釘を刺しおった!
こりゃ完全にフラグだ。ww
試験官を務めるのは紺のママンこと能登ママじゃ。
「毎年夏と冬に行う九番占試験試験官は持ち回り制で今回は私巽屋の主人・時江が務めます。よろしくお願いしますね。」

20170311part2.jpg
「そして気になる試験の内容はこちらです。
舞台はこの迷路町の地下に眠る巨大迷路、通称呪われた大蛇の胃袋。そこは限りなく広く複雑に入り組んだ迷路で一度入れば誰もがたちまち迷い苦しむ魔境といわれています。普段は危ないから封印してあるんですけどさっき解いときました。」
(封印軽!)
「その迷路に入り占いを頼りに隠された鍵矢を探し出して時間内に地上へ脱出したチームが合格となります。ただし鍵矢の数は3本。10チームのうち合格できるのは3チームだけです。」
「つまり宝探し脱出ゲームね!」
「何か楽しそう~!」
「あらまあ頼もしいこと。しかし伝統ある九番占試験はそんなに甘くありませんよ!
さあ皆さん出番です!
ここに集いし9人の鬼。その正体は私を除く茶屋の主人達です。」

動きがトッキュウジャーっぽい。
約一名コケとる。

(あれ絶対ニナ先生だ…。)
「鬼達は占いで容赦なく皆さんの所在を突き止め捕まえます。
呪われた大蛇の胃袋は私達試験官ですら全てを把握しきれない危険な場所なのです。ですがこの試験を乗り越えた者のみが九番地の扉を開く…。
さあいま一度問いますよ。九番占になりたいか~!」

試験内容は宝探し+鬼ごっこと言ったところか。
「警備ご苦労さま。」
「見て見て佐久。鬼の衣装!」
「な…何て破廉恥な!」
「ねえ佐久。前から思ってたんだけど今日は心を鬼にして言わせてもらうわ。
何でもかんでもいやらしく見える佐久の心が破廉恥なんじゃないかしら?」

ぐう正論
「隊長は破廉恥な輩を取り締まるため破廉恥なことばかり考えてしまうだけなんです!」
「たとえ破廉恥だったとしても私達はついていきます!」
「破廉恥隊長万歳!」
「佐久隊長は破廉恥の中の破廉恥!」
「破廉恥大魔王!」
「破廉恥の星!」
「お前らいい加減にしろ~!」

全身タイツってそこまで言うほど破廉恥かの?

20170311part3.jpg
鬼に見つかった!
ノノのうたう攻撃だ!
「ど…どうしようマツコさん!」
「落ち着いてノノ。きっといい方法があるよ。」
「ノノの祝詞は天使の歌声ね。」
「それでいい方法は見つかったの?」
「マツコさんが祝詞を歌えばいいって言うから歌ってみたんだけど…。」

ノノノノの歌はプリンのうたう睡眠効果があるようだ。
こうかはばつぐんだ!
「やったわノノ!この隙に先へ進みましょう。」
「でも千矢ちゃんも…。」
「千矢~!」


20170311part4.jpg
紺は自らお狐様を憑依させとる。
「奇々の怪々お招きします。こっくりこっくりおいでませ。この身を差し出す御代わりにどうか応えてくださいな。こ~ん!」
「会いたかったぞ千矢~!早くナデナデしておくれ。」
「あっキツネ臭い。もしかして前にみんなでコックリ占いした時のおきつね様?」
「さすが千矢。ご名答じゃ~。ちなみに臭くはないぞ。」
「ちょっといきなり何やってるのよ!」
「いいじゃろ~ちょっとくらい。」
「ビっクリさせてごめん。私も小梅と同じであれからこっそり特訓したの。おきつね様を硬貨でなく自分自身に降ろす禁断の術を。」
「どうじゃ驚いたか!?ホホホホ。」
「果てしなく情緒不安定な人みたいになってる…。」
「人格破綻者…。」
「それで小娘ども。わらわに何を聞こうというのじゃ?」
「九番占試験の鍵矢を探してほしいの。」
「ふん。つまらぬそんなくだらない理由でわらわを…。」
「探してくれたらどこでも好きなだけナデナデしてあげるよ。」
「や…やってやらなくもにゃあい…。」
「見えたぞ。3本の鍵矢のうち2本はすでに人の手にある…残る1本を狙い撃つ。こっちじゃ~!」
「おお頼もしい!」
「コックリ占いにこんなやり方があるなんて…。」
(私気づいたの。教科書に載ってないやり方でもいいって。占いは自由だって!みんなと一緒に修業したおかげよ!メチャクチャ恥ずかしいけど…。)
「間違いない。鍵矢とやらはこの辺りにあるぞ。」
「どこかしら?」
「わらわはもう飽きた。またな千矢。」
「ねえこのヒモは?」
「また上から何か落ちてくるんじゃ…。」
「何よこの部屋…って、あ~っ!」
「あったー!」
「いくわよ。みんなで一緒にいっせーのでねっ。」
伝説の剣を抜くような感じじゃの。
「いっせーの…あっ。」
「ご、ごめん…。ホントごめん…。みんなでこういうことやるの憧れてたけどやったことなくて間がつかめなくって…。」
「いいからいいから。だってこれ見つけたのおきつね様と紺のおかげだもん。紺が抜いて正解よ。」

紺がぼっち歴長かっただけに空気を読めずタイミング完全に逃した。

20170311part5.jpg
「そうよ。それに試験はまだ終わってないわ。地上に出るまでが勝負よ。これは千矢が持ってて。」
脱出するまで試験が続いている。
RPGでも何分以内に脱出だ!なイベントとかあるからね。
その道中、千矢が謎の声に呼ばれとる。そして神隠しにあった。
「あれが出口じゃない?」
「行ってみよう。」
(何だろう?今誰かに名前を呼ばれたような…。)
「やっと見つけた…忌わしい反逆の娘…。」
「千矢。置いていくわよ。」
「あれ?千矢?」

せめて鍵矢置いてけー!
じゃなくてホラーな終わり方で次回お楽しみでござる。
スポンサーサイト
2017/03/11 12:24|うらら迷路帖TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1320-68c50000


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.