Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


うらら迷路帖 第9話「母と心得、時々あなたのため」

20170305.jpg


開幕千矢迷子。その中で能登ママ登場。
和傘は歌舞伎の小道具であり、武器なのだ。
白夜王国でも武器として登場するし。
能登ママは能登ママでも紺のママンでしたというオチ。
やっぱ千矢のママンは以前出てきた黒うさぎか?

「あ~迷っちゃった~!迷路町って何でこう道が分かりにくいんだろ?このままじゃ棗屋に帰れないよ~。
「迷子の迷子の子犬ちゃん。お困りなら帰り道を占ってあげよっか?」
「ホント?」
「今なら特別に銀貨1枚でいいよ。」
「えっお金?そんなに持ってないよ…。」
「じゃあ売れるもんなら何でもいいや。歯でも爪でも目玉でも。この長~い髪の毛でも…。」
「お待ちなさい!」
「うららの心得第五条。望まぬ者を占うべからず。双方の合意なく対価の発生する占いを行ってはならない。今すぐその手をお離しなさい!」
「あら?あなた以前どこかでお会いしたことあるかしら?」
「あっ。お隣のシロさんに似てるのかしら?ううん向かいの玉次郎さんかも。」
「わ…私棗屋の十番占で千矢っていいます。」
「あらまあ。棗屋の見習いでしたか。私は時江と申します。ここから棗屋はずいぶん遠いですよよかったらお送りしましょうか?」
「ホント?」
「でもその前にぜひご一緒したい所があるの。
うららの心得第二十五条。うららは品位ある服装を保つべし。では改めて棗屋に向かいましょう。」
(かわいいから餌付けされる千矢。)
「お着物苦手じゃないかも…。」
「あらまあ。」
「ねえ時江さん見て見て鳩占いだって。どんな占いなのかなあ?」
「そんなによそ見ばっかりしてたらいつまでも棗屋に帰れませんよ。ほら。」
「ねえ時江さんもうららなの?」
「ええ二番占です。」
「二番!?」
「あらそんなに驚くことかしら?十番占も二番占も同じ道を歩んでいることに違いはないんですよ。ただ少し前を歩いているだけ。今の私みたいにね。」
「ねえ千矢さん棗屋の修業はどう?」
「うん!毎日すっごい楽しいよ!みんなとっても仲良しなの。
みんなで一緒にご飯食べたり原っぱで飛ぶ練習したり屋根の上に上ったり。
あと最近は寝る前に肝試しかくれんぼとか怪談まくら投げとか流行ってて。」
「それは修業?
千矢さんって面白い子ですね。もっと知りたくなってしまいました。人を知るには対話が一番だけれどうらららしく知りたいわ。」
「もしよかったらあなたのことみてもいいかしら?」
「水晶占い!?まだ授業で習ってないの!」
「交渉成立ですね。
かしこみかしこみ申し上げます…。
あなたは雄大な自然に囲まれて育ったんですね。たくさんの動物に愛されているわ。」
「すごい!どうして分かるの?」
「私の水晶は知りたいことを映してくれるの。」
「迷路町に来てとても大事なものを見つけたみたいね。あなたの周りで一際輝く大きな光が三つ見えます。」
「三つの光?」
「猫、狸、狐の形に光っているわ。」
「かわいい!
あっ!それって小梅とノノと紺のことだ。」

野生児のお友達はけものフレンズね。
「他にもあなたを囲む優しい光が見えるわ。」
「分かった!羊と鹿でしょ?」
「私達もおります!
ちなみにオコジョです!
この町に来て大事なものがたくさんできたのね。だけど何かが欠けている。とても大きな大事なものが。あなたはその何か大事なものを捜している。そのために迷路町に来た。
今日だってそうだわ。あてもなく十番地中捜し回ってそれでこんな遠くまで歩いてきたのね。それは一体…。」

水晶玉割れる。
弁償したまえ。

アーダンの恋の行方を占ったら占い屋の水晶玉割れる4コマネタもあったな。
(こんなこと初めてだわ。まるでとてつもない力で拒まれたように感じた。)
やっぱ、千矢のママンは神様だから、神様の事知ろうとするのはタブーだから割れたということなん?
やっぱ、千矢は神の子というフラグがビンビンじゃの。
「千矢さん。あなた一体何を捜しているの?」
「私…お母さんを捜しているの…。」
「だからさっき時江さんが助けてくれた時この人がお母さんだったらなあって思っちゃった。時江さん私のお母さん…じゃないよね?」
「残念ながら違いますね。」
「ううん。違わないかもしれないよ。一度にいっぱい産みすぎて一人忘れちゃっただけかも。」
「違いますよ~。」
「そっかぁ…。」
「残念です。私の水晶では見えなくて。」
「ううん。やっぱり私修業頑張って一番占になって一番地に行かなくっちゃ!
それで伝説の一番占にお母さんの居場所をみてもらうの!」
「私が見たあなたは純粋で強い人。その瞳に宿る意思は鋭い矢となって道を切り開くでしょう。
千矢さん、あなたはきっと素敵なうららになりますよ。これも何かの縁。またいずれ私もあなたのお母上について探ってみます。
千矢さんって何だかほっとけないんですもの。まるで懐かしい友人に会ったようなそんな感じがするの。」
(あの時…ほんの一瞬だけみえたものがある。
まるで呪いのように黒く濁って…目ばかりが赤く光る何か。この子は一体…。)
「やっと帰ってこれた~!時江さんホントにありがとう!」
「いいえ気にしないで。私も偶然棗屋にうかがうところでしたし。」
「時江さん。これが猫と狸だよ。」
「と…、時江さん!?」
「どうしたんですか?ニナ先生…か…母様!?」
「時江さんって紺のお母さんだったの!?」
「紺がお世話になっております。」
「そういえば紺ちゃんと似てるかも。」
「でも耳がないよ。」
「きっと親狐だから人に化けるのが上手なのよ。」

ならば尻尾の有無を確認しなくては!
「皆さ~ん静粛に。うららの心得第四条。いつ何時も冷静沈着、清廉であるべしですよ~。」
「でもどうして母様がここに?」
「実は今日…私は恐ろしい予言をしに来たんです。」

Aパートここまで、んでBパート。

20170305part2.jpg
「今朝日課の占いで見えてしまったんです。棗屋に大きな災いが忍び寄っている。
時は今夜零時。子の刻の鐘が鳴り終わる時棗屋の星が一つ陰ると…。
災いが襲うのはこの中の一人です。そしてそれは…。」
「私?そんな…。」
「淡い金色の妹星の周りを囲む三つの星が瞬く時四つの星は互いを照らし光を取り戻す。つまりあなた達四人の力を合わせれば災いを回避できるはずです。」
「そんな!何て恐ろしい予言なの~!
はあはあ…可愛い妹に何かあったら私はどうすれば…はあはあ。
み…みんなあとは頼んだわよ。ノノを災いから救って…あげ…て。がくっ。」
「って気絶しないでニナ先生も手伝ってよー!」

ニナ先生なんか八百長くさいと思ったら、ホントに八百長だった。
だって、これ九番占選抜予選試験なんだもん。

弁天さんのときと同じように試されましたというオチ。
シャア!謀ったな!シャアアアアアア!!
「おめでとうございます。あなた達は九番占選抜予選試験に合格しました。」
「つまり時江さんは予選試験の監督で予言は全部嘘だったの?」
「ニナ先生も知ってたんだ?」
「騙すようなことしてごめんなさいね。試験の課題は予言にうららとしてどう立ち向かうか。皆さんの行動は陰からすべて見せてもらいました。」
「でも占いは全然うまくいかなかったけど…。」
「占いの技術だけが評価基準ではありません。大事なのはうららに適した心を持っているか否か。
仲間のために恐怖と戦う珍妙な歌はとても素晴らしかったわ。」
「珍妙!?」
「評価のポイントおかしくないですか?」
「と…とりあえず合格!やったー!」
「喜ぶのは早いですよまだ予選を通っただけですから。」
あくまで予選。本試験じゃないですよ。
「これから皆さんを待ち受けているのは他の茶屋の十番占と競い合う本試験です。予選試験を通った優秀なうらら達との勝負。覚悟して臨んでくださいね。」
「はい!私達絶対に負けません。」
「棗屋ーファイトー!」

野原一家ファイヤー!
アニメでは何番占いまで昇級できるのでしょうかね?
千矢のママンの謎だけはやってほしいところね。
スポンサーサイト
2017/03/05 05:34|うらら迷路帖TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1314-0620a11a


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.