Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


小林さんちのメイドラゴン 第8話「新たなるドラゴン、エルマ!(やっと出てきましたか)」

20170303.jpg


カンナちゃん遠足。その弁当作りに小林とトールのバトル。
「遠足弁当試合 三番勝負!!」
「わざわざこんなセットまで…。」
「材料は自由、予算に合わせて選びましょうね。では始め!」

審査員全てがドラゴン。こりゃ、ドラゴンの味の好みの問題でトール有利かの。逆に小林は料理スキル低そうに見えるし。
材料調達するところから開始かよ。商店街に顔が聞くトールがさらに有利じゃの。

20170303part2.jpg
「出来ました!」
小林ミニトマトだけやん!ww
一方トールは普通にサラダだ。
「あぁ、比べるまでも無い。1品目の勝者小林だ。」
「納得出来ねぇぜ!何故俺のスペシャルサラダがこんなミニトマトに!?」
「これは弁当というカテゴリーをトール選手が理解していなかった、という事ですね。トール選手の量では多過ぎます。」

なんか料理マンガのノリじゃな。
料理人の自己満の料理だけではアウト。料理は食べる人があくまで評価をするもの。
「次は勝つ!」
「トールくん×3」
「え、ベーコンエッグ駄目?」
「ハンバーグがいい。」
「美味しいよベーコンエッグ。」
「ハンバーグがいい。」

おかずはハンバーグお子様に人気のハンバーグ推しですたい。

20170303part3.jpg
最後のデザート対決。
「3品目完成!」
「ん?それはなに?」
「食べます?」
「ん!うまーっ何これ?どこで売ってるの?」
「しょ、商店街ですかね。」
「これはやっちゃったねぇ。」
「あぁ。」
「向こうの世界のは反則だ。」

こいつ・・・動くぞ!
カンナの遠足イベントはなく、あくまで弁当対決で終わった。

20170303part4.jpg
サブタイ回収。
またもや家崩壊。もはや小林動じない。

「まさかこんな所に落ち延びていたとはな、トール。
掟を忘れたのか?ドラゴンはこの世の秩序を乱す。私と一緒に戻るんだ。」
「トール様とエルマ様は仲が凄く悪い。犬猿の仲。」
「あ!その言葉学校で?偉いね~。」
「それで、一触即発な感じだけど大丈夫なの?」
「前喧嘩した時は島が3つ消えた。」』
「ヤバイじゃん。」
「お前と私の力は同格…。しかし今度こそ決着を付けてやる!」
(腹の虫鳴る。)
「こういう緊迫した場面でも平気で腹鳴らしてる余裕があるなんて流石ドラゴ…。
あ、というわけでも無く恥ずかしかったみたいだ。」

その手に持っているのは槍じゃなくてフォークかね?
「さっきからゴチャゴチャうるさいぞ人間さん!」
「人の家を壊しておいて随分な態度じゃないですか?世界の秩序を守る前に法律を守って下さい。」
「トールだってやりませんよこんな事。多分。」
「その…申し訳ない…。って何で私が謝らないといかんのだー!」
「ノリ良いな~。」

20170303part5.jpg
エルマはいつも腹すかしてる。もしかしなくても空腹キャラか!?
ならば餌付けで万々歳じゃなイカ。

「よくも騙したな!」
「また来たんですか。」
「やめましょうよ。私はこの世界でただ静かにメイドが出来ればそれでいいのです。」
「信じられるか!どうせこの世界を支配するつもりだろう。」
「もしかして昨日から何も食べてない?」
「私はこちらの世界の者ではないので干渉する訳には…。」
(何これめっちゃ美味しい!ほっぺた落ちる~!)
「よし、元気出た!改めて勝負だトール!」
「出て行ってくれたら今のヤツ全部あげますよ。」
「お邪魔しました~。」

なんだ、ただのちょろゴンか。

20170303part6.jpg
「今日からお世話になります、上井エルマと申します。宜しくお願いします。」
んで、人間社会に馴染む方向かいな!小林の勤めるオフィスに来とるし!
「何でここに?偶然なの?」
「ちょ、調査だ。文化体系を見極め本当に異界の者が溶け込めるか調べるのだ。」
「なるほど~調和勢とか言ってたもんね。
でもこの仕事出来るの?魔法とか使っちゃ駄目だよ。」
「ふっ愚問だ。人間の作業を私が出来ない筈がない。まあ見ててくれ。
何この箱?これでみんなは何をしているのだ?
おぉ!何か出て来たぞ。で、こう。おぉ~!
人間さん、あなたは難しい仕事をしていたのだな。しかし私も「ローマ字入力」とやらも覚えたしもう遅れは取らんぞ。」
「左様で。」

オフィス来る前にカンナのように義務教育からやりたまえ。
「それでだな、今日の分の報酬はいつもらえるのだ?」
「え~っと一ヶ月先かな。うちは月末締めで、いま月初めだし。」
「家賃と御飯はどうすればいい?」
「向こうの世界と行き来すれば?
あ、もしかして戻れないの?」
「私は世界の門を開く程の力を持っていない。」
「トールと同格じゃないの?」
「強さは一緒だ。でも、生まれが違う。」
「まあ色々あるだろうけど頑張って。仕事仲間になってくれるっていうなら、もっと沢山覚えてもらうし。」
「かたじけない。」

毎度ながら、小林さんのペットが増えていく。
「ただいま~。」
「変な匂いがします。」
「犬かな?」
「ドラゴンです!隠れて浮気ですか?」
「違うよ、今日会社で。」
「オフィスラブですか!?」
「また変な言葉覚えて…。」

嫁による浮気調査がはじまた。トール絶対奥様向けの昼ドラ観てるな。
「朝ごはんにしよっか。」
「朝ごはん作りますよ、フルコースでも満漢全席でも!
出来ました、サンドイッチです。」

久々のドラゴン肉でゲソ。
「ケツを見せろ!」
「食欲だけでなく性欲も満たしたいんですか?」
「アホか!
どうしたのさ?妙に張り切っちゃってさ。」
「分からないんですか?」
「分からないよ。空回りしてるし。まるで初めて来た時に戻ったみたいじゃん。」
「いつもお世話になってるからな、お礼を持って来たのだ。」
「お守りだ。良い出来だったのでな。」
「へ~手作り?ありがとう。」
(嫁のジェラシット勃発。)
「うわぁ。」
「小林さん、私はワガママなんですよ。それでも結構抑えて我慢して…なのに酷いじゃないですか!
私だって頑張って、沢山沢山褒めてもらって、ちょっと頭を撫でて欲しいのに。」
「私は求められるのに慣れてないんだ。今までそんな事無かったから。
人間関係煩わしいって思う事も多くてさ。自分なりに距離取ったりしてね。友達はいたけど親友はいなかった。」
「これ以上分かり易くは出来ないよ?察して察して。」
「あ!私もお守り作ってあげます。邪神の加護を得らますよ。最強です。」
「それはいらん。」

ということで、エルマ登場の回であった。
ドラゴンでも簡単に就職できるのにお前らときたら。
次回は運動会と。化石のごとくなくなり、ただのコスプレ衣装と化したブルマ来るの?
本日出番なしだった才川さんのアヘ顔来るのかの。
予告見る限りハーパンのようだ。っちぇ。
スポンサーサイト
2017/03/05 04:05|小林さんちのメイドラゴンTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1311-e3e211a2


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.