Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


この素晴らしい世界に祝福を! 2 第8話「この痛々しい街で観光を!」

20170302.jpg


「来た来た来た来た!カズマ!今度こそもうダメだ!ぶつかるー!
カズマ!これは焦らしプレイの一環なのだろうか!?このお預け感がまた…!
なんてことだ!私の体の上を次々と発情したオス達が通り過ぎていく…。」
「よし!人目もあるんだお前もう黙ってろ!」
「まだ来るつもりか!おっちゃん、この辺りに崖とかないか!?」
「あるのは雨避けの洞窟ぐらいだ。」
「そこでいい案内してくれ!」
「重すぎて持ち上がらな…。」
「私の鎧が重すぎてと言い直せ!
ああっ!新発見だこの物扱いされてる感じ…。」
「カズマは鬼畜だとは思っていたけどこれはあんまりなんじゃないかしら。」
「ち、違うから!ダクネスが…。」
「お客さん!このままじゃ追いつかれますよ!」
「もうダメだー!!」
「ボトムレス・スワンプ!」
「サンキュー、ウィズ!」
「ヒール!ヒール!ヒール!ダクネス頑張って!」
「カズマ、洞窟が見えて来ました!私の方はいつでも魔法が撃てますよ。」
「おっちゃん、洞窟のわきに馬車を止めてくれ。アクア、俺にも筋力増加の支援魔法を!」
「分かったわ。パワード!」
「狙撃狙撃狙撃…。
なるほど。走り鷹鳶の鳶の要素はどこに消えたんだろうと疑問だったけどこれですっきりした。」
「お客さん!しっかりつかまっててくださいよ!」
「めぐみん!」
「エクスプロージョン!」
「しかしお見事でした!まさか爆裂魔法をお使いになる程の大魔法使いがおられたとは。
しかもあれだけの負傷者を簡単に治療してしまったアークプリースト様。
走り鷹鳶の群れに相手に一歩も引かずそれらを一心に引き受けた勇敢なクルセイダー様に上級である泥沼魔法で咄嗟の足止め。
そして見事な判断で洞窟へと導き一網打尽にしたあなた様のその機転!いやぁお見事です!」
(マジ勘弁してください。ホントにそんなんじゃないんです。俺たちのせいなんです。)

ダクネス引きずり回しとるぞ。
ベタ褒め。一見だけなら良いパーティー。
「こころばかりのお礼です。」
「本当に結構ですから!冒険者であれば戦いに参加するのは当たり前ですよ!」
「この世知辛い世にまだあなた達の様な本物の冒険者がいたとは!」
(このマッチポンプで報酬は頂けません!)

報酬を拒否るクズマさん。
クズマとはいえ罪悪感感じてるわけね。

20170302part2.jpg
「寝込みを襲撃なんてやってくれるわねアンデッド!迷える魂達よ、眠りなさい!
ターンアンデッド!
はははは!この私がいる時に出くわしたのが運の尽きね!」
(すいません…。)
「なんて美しいプリースト様…まるで女神みたい。」
「あのクルセイダー様の連れの人だよあの方は。」
(ウチの仲間次から次へとすいません。)
「ゾンビの襲撃なんて珍しい事もあるもんだがあのプリースト様が居合わせてくれてよかったな!」
(すいません。ウチの女神がこの場にいなかったなら多分このゾンビ達は寄ってきませんでした。)
「また助けられてしまいました!今度こそは礼金を受け取って頂きますから!」
「すみません、絶対に頂けません!」

今度はアンデットホイホイ体質の駄女神のせいかよ!ww

20170302part3.jpg
締めはアクシズ教徒達による勧誘の絡みだったし。温泉はどうなった?
「この先にアクシズ教団の運営するカフェがあるんです。そこでお話しませんか?」
「結構です。」
「私実は占いが得意なんです。今占いの結果が出ました!このままではあたなに不幸が!でもアクシズ教に入信すればその不幸が回避できます!ここは入っておきましょう!」
「不幸ならいま遭遇してる!放せ!」
「すまない、私はエリス教の信徒でな。その男を勧誘する気なら一言断ってから…。」
「ぺっ。」

エリス教だと分かると態度一転でゲソ。
「その、あれだ。アクシズ教とエリス教は仲が悪いみたいだしそのお守りは隠しておけ。ま、あんまり気にする…。っん?お前、今興奮したのか?」
「きゃああ助けて!凶悪そうなエリス教徒とおぼしき男が私を無理やり暗がりへ引きずり込もうと…!」
「おいそこの兄ちゃん!お前はアクシズ教徒じゃねぇな?
ハッ!強くてカッコイイアクシズ教徒だったら逃げ出したところだがそうじゃないなら遠慮はいらねえ!」
「ああっ、なんて事!今私の手元にあるのはアクシズ教団への入信所!これに誰かが名前を書いてくれさえすればこの邪悪なエリス教徒は逃げていくのに!
見捨てないでそこの方!大丈夫、この紙に名前を書くだけでアクア様から授けられるアレな超パワーでかっこよくなれます。」
「そうだぜ!しかも入信すると芸達者になったりアンデッドモンスターに好かれやすくなったりと不思議特典もあるんだぜ!」
「私の前でエリス様を暗黒神呼ばわりすると…。」
「ぺっ。」
「アクシズ教徒はこんなのしかいないのか?」
(エリス教徒もコイツみたいのばっかじゃないだろうな?)
「おめでとうございます!あなたはこの大通りを通られた百万人目の方となります!」
「久しぶり、私私!元気してた?ほら学校の同級生の!」
「この洗剤持ってって!アクア様のご加護を受けてるからどんな汚れだってすぐ落ちるし体にも全く害がないの。この洗剤飲めるの。」

あからさまな詐欺じゃの。
「どうなってんだこの街は。」
「これも異境の地における試練…。堪能した。」
「お前はホント、ブレないな。」
「お待たせしましたお客様。」
「あ、エリス教徒のお客様。こちらは当店からのサービスです。」

床に骨置いてるよ。ww
「なぁカズマ。皆でこの街に住まないか?」
「絶対嫌だ。」
「ありがとうお兄ちゃん、お姉ちゃん。」
(こんな頭のおかしい集団がはびこる街にも一輪の花のような少女が。)
「ありがとう!ねえ親切なお兄ちゃん、お何前教えて?」
「サトウカズマ。こっちの怖そうなお姉ちゃんはダクネスだよ。」
「どんな字を書くの?書いてみてお兄ちゃん!」
「ああ、俺の名前はね…。くそったりゃああああああ!」
「お兄ちゃーーーーーーん!」

危うくサインするとこだったし!
またもやなんという終わり方だ。
スポンサーサイト
2017/03/02 16:57|この素晴らしい世界に祝福を! 2TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1310-29a7ff41


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.