Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


うらら迷路帖 第8話「いけないこととわかんないこと、時々すっぽこぽん」

20170225part2.jpg


「ここ迷路町には森に囲まれた泉がいくつもあってその水辺には目に見えない神様達が集まると言われています。そこはうらら達の力を高める聖地とされているの泉の力で身を清め祈りを捧げる神聖な修業の場なのよ。
だからね。決して最近暑いからって涼みに来たわけじゃないのよ。」
「説得力ゼロ!」

修行と言う名のバカンスと。
メイドラゴン・政宗くんのリベンジに続いてここでも水着回か!

「みんなここ最近勉強続きで疲れたでしょ?なので今日は目いっぱい羽を伸ばしていいことにしまーす。」
「じゃ~ん!どう?小梅ちゃんスペシャルぴちぴち水着よ!」
「聖なる修業の場でそんな…やらしい格好よくないと思うわ。」
「でもそっちのほうがやらしいんじゃない?」
「そ…そんな!どうしよう…。」

俗に言う濡れ透け状態。
「大丈夫!そんなこともあろうかとみんなの分も水着用意してあるわよ!
千矢は健康的な赤で!ノノは清楚な卵色のワンピース。
そして紺はやっぱりこれ!メイド服水着バージョン!」
「なんか私だけみんなと違わない?」

紺ちゃんにはメイド服が定着してきておるのう。
「当たり前じゃない!紺のはこの天才スタイリスト小梅ちゃん特製デザインなんだから!他にもくのいち風とか巫女風とか色々あるわよ。」
「頼んでないから!」


20170225part2.jpg
メイドラゴン・政宗くんのリベンジになかった、
じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりもありますよ。
こっちはもう完全にテコ入れじゃの。
「すっぽこぽーん!」
野生児だけあって、水着になると全裸とか、まさにターちゃん。
「ほら後ろ結んであげるから。」
「あー!ハサミ!」
「もう怖がりすぎだって。ハサミったってちっちゃくてかわいいもんじゃない。」

じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり
「カニ怖い!」
「ハサミ怖い!」

吾作のテーマ~蟹になりたい~
カニがいい仕事してますねぇ。メイドラゴンじゃ食べられるだけの存在だったのに。

20170225part3.jpg
一方 その頃 別の泉では
佐久隊長率いる警ら隊の方々も来ていたんですな。
「こっちの泉異常ありません!」
(佐久隊長のひざ小僧凛々しい!)
「こっちの泉も異常なしです!」
(佐久隊長のくるぶしかっけえ!)
「本当にこの泉付近で不埒者が目撃されたのか…?」
「もちろんです!泉の中も調べてはどうでしょうか?」
「成程…。不埒な輩はどこに潜んでいるか分からないからな。」

目の前にいるぞ。
「水もしたたる隊長!」
「びしょびしょの隊長!」
「我々もお供させていただきます!」

じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり
「何してんだこの破廉恥部下どもが!」
「誤解です隊長~!」

またもやカニがいい仕事してますなぁ。
もう食われるだけの存在とは言わせない。

20170225part4.jpg
ぽろりは置いておいて、今度は泉中術ですたい。
「泉中術って何?」
「二人のうららで行う秘術で泉の水を媒介としてお互いの力を混ぜあうことで一時的に占う力を増幅共有できる効果があるの。でもお互いの相性が悪いとうまくいかないし片方が一方的に力を奪ったりすると危険だからやってはいけない術とされてるらしいの。」

2つものが溶け合うとか意味深じゃの。
成功すれば力増幅で失敗したら危険と本当に性行為そのもの。ww
「つまり禁じられた遊び…。やっぱりなんかいかがわしい。」
「いかがわしくないし遊びでもない!子供の頃本で読んでからずっとやりたくて…でも一人じゃできなくて夢だったの!」
「そういうの多いなこの子。」

ぼっち経験者だけにね。
「じゃあ今からやろうよ!紺が独りぼっちの時やりたかったこと全部やろ!」
「じゃあ、あとで大縄跳びとか目隠し鬼とか影踏みとか。」
「かくれんぼとかかごめかごめとか水切りとかだるまさんころんだとかあとあとえーっと…。」
「ホントに多いな。」
「じゃあいくわよ。いっせーので一緒に潜…。」
「わ…分かったわノノ!水に顔をつけるところから始めましょ!」
「私達もやってみようよ紺!きっとうまくできるよ!だって私達すっごく仲良しだもん。
相性がいいってそういうことでしょ。」
「そうね…友達だもの。」
「何やってんのあの子達。」
「さあ…。」
(千矢と私の力を混ぜあう…溶け合って一つになるって感じかしら。)
(何だか水があったかくなってきた気がする。)
「水面に揺れる赤い目4つ。いけないいけない子供が二人。
さあ覗くのはだあれ?覗かれるのは…。」
「千矢?」
「見たな?私の正体を暴いたな。いけない子。罰としてお前の大事なものをいただこう。」

女の子にとって大事なものって、●ージン?
「寄越せ…寄越せ…寄越せ…寄越せ…。」
という夢を見たんだ。
「千矢…、起きてたの?」
「眠れないならちょっとお話ししてもいい?」
「紺が元気ないのって泉で一緒に見たお化けのせい…、だよね?」
「やっぱり千矢も見たのね。あの黒いお化け。」
「私ずっと考えてたの。あの日千矢が見たお化けと今日泉で見たお化けは同じ迷路町の神様なんじゃないかって。」
「迷路町の神様!?」
「うん。これはただの推測なんだけど千矢にはきっとお化け…ううん神様を見る力があって。
その力を泉中術で共有したから私にも神様が見えたんじゃないかしら。」
「ああ~うん。うん?」
「ごめん難しく言い過ぎたわ!
えっと…じゃあうららの禁忌って覚えてる?」
「うん。神様について占っちゃいけないってやつだよね。」
「どうしよう千矢…、私もしかしたら禁忌を犯してしまったかもしれない。」
「何で紺だけ?私も一緒に見たのに。」
「だって千矢はきっと占わなくても神様が見えるから…。私は占いの力を借りて無理やり神様を見てしまったの…。
もし本当に占う力を奪われてしまったら一番占になるどころかみんなと一緒にうららでいることすらできない…そう思ったら怖くて…怖くて…。」
「ち…千矢?ちょっと待っ…千矢わ…分かったから…待って待って!お座り千矢!
うららになるのがずっとずっと夢だったの…こんな形で奪われるなんて嫌なの…。」
「ねえ紺覚えてる?流れ星を探した日一緒に一番占になろうって約束したこと。」
「紺の夢は紺のものだよ。誰にも奪わせたりしないから一人で諦めたりしないで。
もし神様が紺の力を奪ったって私が紺の力になる。神様なんかよりずっとずっと近くにいる。
神様がダメって言ったって紺とずっと一緒にいる!」
「そんなこと…、できるの?」
「できる!」
「どうやって?」
「それは今から考えるの!」
「えっ?何で笑うの?」
「ごめん…、だってどうしてそんなに自信満々なのよ…。」
(不思議。さっきまであんなに怖かったのに。)
「じゃあこれから一緒に神様に聞いてみよう本当に紺の力取ったの?怒ってるのって。もしほんとに神様が怒ってたら一緒に謝ってあげる。
紺と私のおなかがあれば許してくれない人なんかいないよ!」
「普通の謝り方でお願いするわ!」
「私達のおなかも貸してあげるわよ。」
「ふ…、2人ともいつからそこに!?」
「最初から。」
「だって真夜中にこっそり抜け出すなんて心配になっちゃって。」
「ていうか紺!泣くほど悩んでたならもっと早く相談しなさいよね…。」
「そうだよ紺ちゃん。」
「私達だって紺の力になりたい。だからこれ紺に。」
「悩み事なんて甘いもの食べてたら忘れちゃうから。」
「小梅お月見したかっただけでしょ。
「ていうのは冗談で…。」
「あの…、本当はこれを渡したかったの。」
「紺が本当に占う力を奪われたなら狐狗狸占いもできないはずでしょ?」
「神様どうかお尋ねします。こっくりこっくりおいでませ…。」
「き、来たー!」002498
「お狐様…私禁忌を犯していないんですか?まだうららでいられるんですか?」
「私禁忌を犯してなかった!まだうららでいられる!」
「きっと二人が見たのは神様じゃなくて本物のお化けだったのよ。」
「水辺には霊が集まるっていうしそんなにたくさんいたなら一匹くらいくっついてきてるかも。」
「神様じゃなかったのなら結局あれは何だったのかしら?」
「分からないけど分かんないことがあったほうが多分楽しいよ。
だって明日には分かるかもしれないもん。開けてない宝箱を持って歩くみたい。それなら明日もあさっても全部楽しみになっちゃうでしょ。」
「千矢ってやっぱりなんかすごいわ。」
「夜中にこっそり食べる甘味のおいしさったら格別よね~。」
「今夜のことニナ先生にバレたらまた怒られちゃうかな。」
「4人だけの秘密だね。」
「ごめんねつきあわせちゃって…。」
「な~に水くさいこと言ってんの。秘密を共有してこそ仲間の絆が深まるってもんでしょ。」
「月夜の晩仲間の絆を深める…だったらあれをやらなきゃ!遠吠え!」
「ワオーン!」
「紺もっと大きな声で思いっ切り!紺の好きな吠え方でいいんだよ。」
「好きな…。こ~ん!」

紺だけにコンと鳴く。
お狐様に憑かれたということじゃないですよね。
じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりもあったけど、4人の絆を深める回であったし!
紺ちゃんをもう、ぼっちと呼ばないであげてね。
スポンサーサイト
2017/02/25 02:14|うらら迷路帖TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1306-780c112d


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.