Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


小林さんちのメイドラゴン 第7話「夏の定番!(ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」

20170223.jpg


サブタイ通りの水着回。
「これがこっちの世界の海ですか!」
「こっちの海しょっぱい?」
「しょっぱいよ。」
「水着だと堂々と肌を晒せるのがいいよね。」
「はぁ…落ち着く。」
「全然嬉しくないんだけど。」
小林さんは絶壁だもん。
「はやく遊びたーい。」
「遊びましょう!小林さん何します?」
「ぶっちゃけ海ってあんまり好きじゃないんだよねー。」
「えっ!?」
「だって暑いし日焼けするし砂が鬱陶しい。」
「じゃあどうして来たんですか。」
「夏場で特にすることもないし専務に翔太くんも是非って頼まれたし…。だったら皆といってみようかなーって。」
「知ってますよそれ。ツンデレってやつですよね。」
「全然違う。」
「はやく遊びたーい。」
「まずは日焼け止め塗ります。こんなものを塗らないと肌を痛めるなんて下等生物っ。」
「変な事したらクビ。」
「じゃあ翔太くんよろしく。」
「無理!」
「じゃあ交代。」
「僕を誘惑してどうするつもりだー?!」

完全にマットプレイなソープ状態。勃ってますね?
一方カンナがカニ食べてる。フリーザ様だ。

「次はスイカ割りです。」
「いぇい。」
「さすがカンナです!跡形なく消し去りましたね。」

スイカの果汁が血しぶきのようだ。
(殺せ殺せ殺せ―――)
小林さんの家族の話になったら、急に物騒なセリフ出てきた。殺せ連呼とか暗黒武術回ですかい?

20170223part2.jpg
最近見かける水着回でシリアスやる展開。
「トール、ホームシックじゃないの?」
「そんなことはないですよ。」
「でも私だってさっき話してて親の顔見たくなったよ。」
「親の顔は時々見たくなります。でも大丈夫です!」
「そう?だったら何が引っ掛かってるの。」
「小林さんを親に紹介したいなって思ったんです。」
「すればいいじゃん。」
「できません。きっと殺されてしまうなって…。」
「物騒だけどそれがトールの世界の常識なんだよね。」
「そうです。両親から見たらおかしいのはきっと私の方でしょうね。悲しいでしすよ…。」
(トールとこういう話をするとなんていうか…重い。悲しい。
言葉が通じるってことと分かり合うってことの差を見せつけられる。生きて来た世界が違いすぎることを思い知らされる。
でも、だからこそ今一緒に居ることを大事にしたいって思えるのかも。)
「それはトールが自立したってことだと思うな。」
「自立?」
「うん。自分だけの価値観を手に入れた。」
「じゃあ大人になったってことですか?」
「どうだろ。わかんないよ。だいたいの人って大人になろうとしたんじゃなくて、子供でいられなくなっただけなんだから。」
「あっ!引いてますよ。」
「…ちっさ。」
「ふふっ。」
「帰るか。」
「はいっ!」


20170223part3.jpg
Bパートは東京夏の陣とも言える夏コミですたい。
人ごみを見ると言いたくなるセリフ。
見ろ!人がゴミのようだ!
「うわぁー!何ですかこれは!」
「コミケの待機列。」
「私達はここで滝谷の援護をすればいいんですか?」
「援護じゃなくて手伝い。売り子さんが急に倒れたんだって。」
「カンナは置いてきてよかったんですか?」
「子供には見せられない物が多いから…。」

カンナは置いてきた。ハッキリ言ってこの戦いにはついてこれそうもない。
余裕でついてこれそうだけど、18禁同人誌を知らずに見てしまうことを恐れてか?

「二人とも助かるよ。」
「ファフニールさんには声かけなかったんですか?」
「彼はサークル参加してるよ。」
「えっ!?」
「サークル参加?」
「自分で作ったものを同好の士に見せたり売ったりすることさ。
「アニメやらゲームやら色々薦めてたらいつの間にか自分で描いてたんだよ。」
「この世界を超エンジョイしてるじゃないですか!」

サークル参加とかヲタク文化に思いきり染まっていますな。
「みんな走りたいのをギリギリのところで我慢してる!?
強大な何かが利己の衝動を押さえつけている。いったい何が…!」
(事前の演習も訓練もなしにここまで統率の取れた行動が数万人単位で可能とは。これも強大な何かの影響でしょうか…。
すごい熱気だ…まるでファイヤードレイクの腹の中にいるみたいだ。コミケ侮り難し。
それにしてもここまで人間達を惹きつけ且つ抑え込んでいるものとはいったい何なのか…。)

これが日本が誇るヲタク文化というやつだよ。
それにちゃんと目的があって皆さん来ているわけだから、興味本位で行くと死にますよ。
カンナはカンナでちゃんと(?)宿題やっとる。ww

20170223part4.jpg
「何を探してるの?」
「ファフニールさんです…あっ。」
「何も言うな。殺すぞ。」

売れてない。この世は資本主義だからね。
「ファフニールさんが死んでるじゃないですか。」
「まぁ初参加なんてこんなもんだよ。」
「こ…これは!本当に効果がある呪いが載ってるじゃないですか!しかもその掛け方まで!」

モザイクのせいで内容が分からないではなイカ!
「これを読めば呪殺すら可能ですよ。千円やすい!」
「ていうか売れて広まったりでもしたらヤバすぎ。」
「それにしてもコスプレする人達ってこんなに居るんですね。」
「アニメや漫画のキャラになりきって楽しんでるんだよ。」
「あそこのサハギンとゴブリンと魔女は本物の異形の者です。」
「え!?」
「すみませーん。あっちの世界の方ですよね。今日はここに何しに?」
「羽を伸ばしにきています。」
「普段は人間の姿に化けて暮らしていますがこういうイベントに来て元の姿で過ごしてるんです。」
「せっかくなのであなたも元の姿で過ごしてみては?」
「それは無理です。ドラゴンなので。」
「ドラゴン!?」
「あのクソ化け物の!?」
「俺らなんてメシ扱いの!?」
(走らないでください!)
「…相当なことやってるなドラゴン。」
「違うんです!ドラゴンは小腹が空いたら必要な分食べてるだけで所詮この世は弱肉強食というか…。」
「否定じゃなくて補足説明だね。」

かつてターちゃんも言っていた。
今、私はこの戦いに参加したことを後悔している。
うまく言えないが、動物の世界にも戦いはある。
食いものを得るために、ライオンは他の動物を襲う。
しかし、そのライオンだって必要以上の獲物はとらない。
自分の家族のためだけの戦いだ。
ところがどうだ。
人間は…権力、欲のために戦い、必要のない者までまきぞえにして殺す。
そ、それは、ここにいる私も仲間達も、そして集まってるぜんぶの人間も少しずつせきにんがあって…。
ちくしょう 俺は頭が悪いので こ、これ以上は説明できないのだ。
トールが言うと、人間disることになる差別発言でアウアウでんがな。
「戻りました…。」
「お疲れ。後半はトールいなくても大丈夫だったよ。」
「あっ!ファフニールさんどうでし…。」

燃え尽きたまま在庫を持って帰宅している。ww
もはや聞くだけ愚問というものだ。
同人誌だからと、客のニーズ考えず、自分のオ●ニー本出すとこうなる運命なん?
「小林殿トール殿大変助かったでやんす!ついては冬もまたスタッフの手伝いを!」
「もうこりごりですよー!!」
「次の薄い本何出す?」
「ドラゴンメイド娘でどうだろう。」
「いいねー。」


20170223part5.jpg
「自由研究?」
「夏休みの宿題。何をしたらいい。」
「カンナちゃんが不思議に思ってること、知りたいと思ってることを研究したらいいんじゃない?」
「なるほど、わかった。」
「…何してるの?」
「コバヤシの研究。」

発想が野原しんのすけのようだ。ww
自由研究とか、新聞に乗っ取る夏休みの天気と気温をそのまま写した思い出。
だって、自分でやった研究に親がケチつけるもんだからテーマを急遽変更せざるえなかったんだもん。かと言って、親が手伝ったとかは出来栄え見ればバレバレなもんだからこうなった。
スポンサーサイト
2017/02/25 00:11|小林さんちのメイドラゴンTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1304-eee40429


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.