Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


うらら迷路帖 第7話「祝詞と魔女、時々覚悟」

20170218.jpg


黄昏よりも暗き存在(もの)、血の流れよりも赤き存在(もの)
時間(とき)の流れに埋もれし偉大なる汝の名において、
我ここに闇に誓わん、我らが前に立ち塞がりし
全ての愚かなるものに、我と汝が力もて、等しく滅びを与えんことを

昔は、ドラグ・スレイブの詠唱を必死こいて覚えた管理人の少年時代。
時代を先取りした中ニ病じゃな。
なぜに、呪文の詠唱かというと、本日のテーマが祝詞を暗記せよ、なんだもん。
「占いの初めに唱える言葉を祝詞というのはもう知っているわね。今日はそれをすべて暗記してもらい試験をします。」
「この試験は十番占なら誰しも通る難関なの。これを乗り越えずして一人前のうららには決してなれない。いわば最初の大きな壁ってとこかしら。」

紺ちゃんは、またもや徹夜だな。
ついには壊れたし。ww

公務員が日本国憲法暗記していると言っても全員がそうではない。
「あら苦戦してるみたいね。
だけどつらいのはあなた達だけじゃないのよ。せめてこの苦しみを分かち合えたらと思って今日は何にも食べてないわ。」
「ニナ先生も一緒に…。」
「しっかりして紺!ニナ先生も断食はいいから暗記のコツとか裏技とか教えて!」
「コツって言われても…。私もすっごく苦労して覚えたのよ。あんみつ断ちしたり滝に打たれたり佐久の剣を白羽取りしたり…。だからみんなの苦しみは痛いほどよくわかる!ていうかみんなにも苦しんでほしい!」

自分が経験した苦行を経験させるとか、先にマニュアルを与えずに仕事を体に叩き込むスタイルか!?

20170218part2.jpg
ノノは歌にして覚えるということで合格。そりゃ歌の歌詞を覚えるのは実際に歌った方が無理矢理暗記するより身に付きやすい。
紺は徹夜して覚えたようだ。
目の下にくまー
「ということで追試は千矢ちゃんと小梅ちゃんね。」
千矢が一発合格できなさそうと予想していたけどね。

20170218part3.jpg
「ノノの祝詞素敵だったな…。私だって負けてられない。」
なんか紺による謎ダンス始まった。MPが吸い取られるんじゃよ。
紺は今、ダンスに夢中なんだ。

「なんか違うわね…。」
「こっちのほうがかわいいかしら?」

恥ずかしいダンス見られてたよ。www
ねぇ今どんな気持ち
周りに誰もいないとおかしな事したがる気持ちは分からないでもないがな。

20170218part4.jpg
Bパートは小梅回のようじゃな。
(小さい頃から欲しいものは何でも簡単に手に入った。そんな私が唯一手に入れられなかったもの。世界で一番憎らしくて世界で一番大好きな人。)
「今日の授業は魔女について。みんな魔女って知ってる?」
「はい。魔女とは占い師であり病気治しとも呼ばれるいわば西洋のうららです。箒に乗って空を飛び魔術で人を呪うと恐れられることもあるとか。」
「さっすが紺ちゃん。やる気十分ね。」

魔女とは、自らワープしてきて魔防ゼロなバルボに集中砲火する存在。
  味       魔女
 味味味
味味バ味味
 味味味
   味 バルボを守れー
エムブレムネタは置いといて、小梅の回想はじまた。

20170218part5.jpg
あれは私が五つの時よ
「小梅。この子が今日から雪見家に住む留学生だ。フランスっていう遠い国から来たんだよ。」
(彼女の名前はマリ・キスピルクエット。初めて出会った異国の少女。そして魔女。)
「よろしくねプリュネ。」
「プ…プリュ?」
「私の国では梅はプリュネって呼ぶの。略してプーね。今のは呪いのキスよ。魔女流の挨拶なの。」
「ななな…何それ呪いって私どうなっちゃうの!」
「私ととっても仲よくなれちゃうの。」
「せっかくだからプーと同じ部屋がいいわ。」
「ええ構いませんよ。ね?小梅。」
「い…いいけど。」
「わあかわいい部屋!だけど魔女っぽくないわね。」
「ふう。できた。」
「私のお部屋が…。」
「やっぱ黒よね。」

部屋が黒に染まった。コーディネートはこうでねーと。
「ようこそ魔女のサバトへ。楽しい時間の始まりだよ。」
「マリって何者なの?」
「言ったでしょ。魔女だって。こう見えても300歳よ。」
「すごい!30歳くらいかと思ってた。」
「失礼ね。こう見えてもまだ18歳よ。」
「なんでそんな嘘ついたの~?
ねえどうしたら魔女になれるの?」
「私は魔力を得るために人魚をフライにして食べたのよ。」
(マリはいたずら好きで意地悪で嘘つきで天下無敵。)
「このお花どうするの?」
「煎じてお茶にしていただくのよ。カモミールにはゆっくり眠れる力があるしキンセンカはお肌にいいの。
目には見えなくても不思議な力はいろんな所にあるのよ。それを魔女は引き出すの。
こんなこともできちゃうわ。(小梅の手の平にカエル乗せられる。)」
(物知りでおちゃめ。かわいくておしゃれ。小さな私はマリの全部に夢中になった。)
「マリってすごいんだよ!魔術が使えるの!」
「マリは手品が上手なんだな。」
「もう頭にきちゃう!お父様もお母様も信じてくれないの。」
「いいのよ。そういうもんだし。」
「それより私は勉強しないと。そのためにこの国に来たんだもの。」
「お勉強って何の?」
「東洋の魔術よ。
私は箒で世界中を旅して魔術を学んで世界で一番の魔女になるの。それが私の夢なのよ。」
「世界で一番の魔女…。」
「でもこれは秘密事項よ。魔女はミステリアスじゃなきゃおしゃれじゃないもの。」
「口封じのおまじないよ。(口にバッテン描かれる。)」
(みんなに魔術を見せれば信じてもらえるよ。マリは本物の魔女だって。マリの箒があれば飛べるはず…。)
「マリのためだもん。絶対飛べる!」
「マリ助けてー!」
「意外と勇気があるじゃない。でもちょっとおいたがすぎるわねプー。」
「マリ…。」
「すごい!やっぱり飛べたね。」
「あったりまえでしょ魔女だもの。でも魔術は本当に信頼できる人にしか見せちゃダメなの。」
「だから内緒にしておいて。じゃないといろいろ厄介だから。」
「なんで?すごくかっこいいのに。」
「それがわかんないならプーはまだまだプチプチプリュネってことよ。」
(それからしばらくしてマリの言葉の意味がわかったの。)
「原因不明のはやり病か。」
「町で噂になっているんです。病を呼び寄せたのは雪見家に居候している魔女じゃないかって。」
「何をばかばかしい。」

よく見る魔女狩りはじまったのか?
「ですが雪見家の信用に関わります。小梅お嬢様にも悪影響があるかもしれません。」
「私達は君のことを疑ったりはしない。だけどこのまま町に留まるのは君のためにも。」
「ええ。わかっています旦那様。プリュネのためにもフランスへ帰ります。」
「すまない。」
「そんな顔なさらないで。厄介者扱いには慣れっこですわ。」
「やだやだやだやだ!なんで?マリは悪いことしてないのに!マリが帰るなら小梅も一緒にフランスに行く!マリの弟子になって魔女になる!お願いだから小梅も連れてって。」
「あのね。魔女になるってそんなに簡単じゃないのよ。プーみたいな泣き虫は弟子にだってなれないわ。」
「なれるもん!魔女になってマリをいじめる人のことを全員呪ってやる!」

祝ってやる!
「なかなかいいこと言うじゃない。ちょっとは素質あるかもね。」
「ほんと?」
「そうね。じゃあ、この国で一番の魔女になること。それができたら私の弟子にしてあげる。
これは呪いのキスよ。小さな魔女に試練と困難を。
元気でねマドモアゼル・プリュネ。」
(そしてその魔女はフランスに帰っていきましたとさ。)
「今ならわかるの。マリはきっと魔女になんかなるなって言いたかったんだって。だからこの国で一番なんて無理難題をふっかけたのよ。だけど思い通りに諦めてなんかやらないわ。だから私は迷路町に来たの。」

一番占に俺はなる!
「なーんだ。小梅も一番占目指してたの?」
「秘密にしてたのに…。」
「別に隠さなくていいじゃない?」
「それじゃおしゃれじゃないもん!」
「うららも魔女も同じ不思議な力を持つ者ゆえに弊害があるわ。うららだって迷路町の外から見れば異質な存在よ。
人に恐れられたり疎まれたりすることだってある。それでも修業を続ける覚悟があるかしら?」
「あったりまえでしょ!私は迷路町で…ううん。この国で一番のうららになるの。
みんなの役に立って証明してやるのよ。魔女は悪い生き物なんかじゃないって。それから胸を張ってマリに会いにいく。それが私の夢なの。」
「なんか今日はいける気がしてきた!」
「まず重量オーバーだと思うの!」
(迷路町に来てわかったことがあるの。手に入らないならもっともっと手を伸ばしてそしたら明日には届くかもしれないって。決して振り向かない夢だって追いかけていいんだって。だから覚悟して待っててよね。強くてやさしい私の大好きな魔女。)

とまあ、西洋風に言えば魔女。東洋風に言えば呪い師(どっちも最近のエムブレムで見る兵種ね。)を目指す回想回であったし。
スポンサーサイト
2017/02/19 01:22|うらら迷路帖TB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
うらら迷路帖 七占 『祝詞と魔女、時々覚悟』
祝詞(のりと)とは 神を祭り神に祈るとき、(神主が神前で) 述べる古体の呪文みたいなもの。 そう、祝詞を間違えずに言えないと効力は発生しない。 なんと、高度な技なんだろうか? 心を込めて、間違えないで唱えるとなると なんだか魔法のようですね。 棗ノノが祝詞を唱えるとラリホーの呪文になった! 小梅が眠くなった! ...
奥深くの密林 2017/02/19(日) 09:52

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1302-73edc613


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.