Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


小林さんちのメイドラゴン 第6話「お宅訪問!(してないお宅もあります)」

20170216.jpg


開幕にアヘ顔に定評のある才川からのお誘いだっぺ。
「ねぇカンナさん。今度うちに遊びにこない?
この前のドッヂボールの話をしたらうちのメイドさんも会いたいって言うの。」
「わかった。」
「ここか。私にメイドで戦いを挑もうという命知らずというのは、ぶったおす!」
「なんで私も。」
「小林はメイドに詳しいから。」
「ようこそようこそカンナさん!とメイドさんと、えっと…。」
「この人は小林。私の保護者。」
「あ、どうもカンナさんのおかあさん。」
「私そんな年に見える?」
「大丈夫です小林さん。私に比べれば全人類赤子みたいなもんですから。」
「はじめまして。この家のメイドを務めるジョージーと申します。」
「メイドってわりにはそれっぽい恰好でもないような。」
「いや、メイドにそもそも決まった制服というものはなかったのだ。長い歴史の中で従属的な意味合いが強くなるにつれて徐々に今日のような形になっていったんだよ。」

なんかメイド服について語り始めた。
月姫のように和服・洋服のメイドさんもいるからね。
「そう、これは奉公に出た少女がお給金で作っていたようなメイド服です。ご慧眼お見それしました。」
「そんなポッと出のメイドになびかないでくださいよー。」


20170216part2.jpg
カンナを部屋に連れ込んで生唾ごくり。
「な、何して遊ぼうかな~?」
ナニをするに決まっているでしょう!そのためのベッドでしょうが。
「あれ何?」
「これはツイスターゲーム」
「やってみたい。」

ツイスターゲームで密着というお約束なイベントが来るとか?
予想通り。
(カ…カンナさんってやわらかい…。)
才川昇天。ww

20170216part3.jpg
小林さんはメイドのジョージーさんと意気投合中。
トールが置いてきぼり状態という悲しい状況。
闇堕ちするとか?
「いい香り。ファーストフラッシュかな。」
「さすがです。ダージリンのファーストフラッシュが手に入りましたので。」
「あ!知ってますそれ。美味い新茶ですよね。それくらい知ってますよ。」
「おーこれはアンティークのカップ。ビクトリア朝のものでは?」
「ええ。蚤の市で手に入れました。」
「ジョージーさんは何をきっかけにメイド好きに?」
「最初は絵本からでした。お嬢様がメイドになるお話で…。」
「それ私も読んだ!」
「小林さんもですか。」
「彼女たちは家を預かるプロフェッショナル。」
「その誇りを胸に凛と立つ姿に心が高まりました。」
「午前と午後では服を変え。」
「忙しい仕事の合間も常に心を配る。」
「その美しい立ち振る舞い…。」


20170216part4.jpg
「そこ座って。」
「え?うん」
「ここが落ち着く。」
(幸せぇー!)
「才川きつい。」
「…ねぇ才川。私、クラスの子と仲良くできてる?」
「そりゃできてるわよ。カンナさんは何でもできて皆から褒められて。」
「なんか違うなって思っちゃう。上手く言えないけど小林とトール様みたいな…、そういうのが欲しい。」
「私はカンナさん好きよ。もっと仲良くしたいと思ってる。正直結婚したいくらい。」
「じゃあ…もっと仲良くしよ?」

キマシタワー!
「もうイヤー!助けてカンナ!」
家政婦メイドは見た!
百合幼女によるイケナイ事が始まると思ったら妨害入った。っち。
その描写見たければ、誰かに薄い本描いてもらってください。

20170216part5.jpg
ルコアさんは召喚されてやってきた!ということにしておいた。
おっぱいぷる~んぷる~んなルコアさんとショタな翔太君とのおねショタな関係。
「うわ、人呼んでる。」
「お帰り翔太君。」
「つ…使い魔が勝手な事しちゃいけないんだぞ。こ…この悪魔め、仲間を増やしてこの家を乗っ取るつもりか!」
「かわいいよねー。」
「おー、威厳を見せたいみたいだね。」
「今日は翔太君に僕の事を正しく知ってもらうために2人を呼んだんだ。実は僕は悪魔じゃなくてドラゴンなんだよ。」
「でも僕は悪魔の召喚陣で…。」
「あの魔法陣じゃ凶悪な悪魔がきて危ないかなーって思って僕が先に出て来ちゃったの。」
「う、嘘だ。僕の魔力でドラゴンを呼べるはずが…。」
「自分の力を強大に見せるためのはったりだろ!騙されないぞ悪魔め!」
「とまあ毎回こんな感じになっちゃうんだ。」
「なるほど。」
「キミは魔法使いの家系らしいですが何で召喚の儀式を?」
「僕が一人前だと認めてほしくて。僕達魔法使いはこの世界で今は慎ましく暮らしているけどいつかは元の世界に戻るんだ。」
「お父さんはその時の為にこの力を維持して受け継ぐ努力をずっとしてきた。だから僕も早く…。」
「自分の力を誇示する為にルコアさんを召喚したってこと?それはちょっとルコアさんが可哀想かなぁ。」
「言われてみるとそうだ…。」

ルコアさんの方からやってきたんでしょ?
「例え悪魔だろうと必要な時に召喚しないと来ても困っちゃうし。出て来たからって小学校に連れていくわけにもいかないから居る意味ないよ。」
「一言一句その通りだ。」
「じゃあルコア…悪かったね…。」
(僕が帰る流れになってない?)
「つまりここに居る為には何か与えないといけないってことだね。使いきれない程の黄金なんてどうかな?」
「お父さんが錬金術使えるからいらない。」
「農耕技術とか教えられるけど?」
「農家になりたいワケじゃない。」
「強烈なカリスマ性なんていうのは?」
「いまの僕にあっても困るだけかな。」
「じゃあ膨大な魔力はどう?」
「それはちょっと惹かれるかな…。でもいらない。そういうものは自分の努力で身に付けないと意味がない気がする。」
「しっかりしてる。」
「ルコアさん役に立てそうにないですね。」
「だったらこれしかない。身体で…。」

おねショタ展開来たし!
「やっぱり悪魔のサキュバスじゃないか!」
「自分で自分の首しめてますよ。」
「ルコアさんが戸惑ってるのを見るの新鮮だったなー。」
「あの調子じゃ当分はサキュバス扱いでしょうね。」
「ところでトール。私はあの家で大変なことに気付いたんだよ。翔太君のお父さんさ、多分うちの会社の専務だわ。」
「うわー 世の中狭いですね。」

専務さんは錬金術が使えるのか!
なら会社やめて錬金術で儲ければいいのに。
「翔太君。ほら悪魔じゃないよーもっとよく見て。」
「あっちいけ悪魔めー!」


20170216part6.jpg
サブタイ通り、次はファフニールさんね。
「滝谷くんとファフニールさんの二人暮らしは上手くいってるのかなぁ。」
「今日見た。公園で何度もしゅるしゅる飛んでブツブツ言ってた。」

ヲタ芸練習中。知らないと不審者にしか見えない。
「いい!いい感じでやんすよ!すごい上達っぷりでやんすファフ君!」
「ファフ君とは誰のことだ?」
「あ 気に障ったでやんすか?失敬でやんす。」
「今日はカレーでやんす。」
「甘口か?」
「さて。」
「今日は負けん。」
「ちょっと試しにプレイしてみてほしいでやんす。」
「またコミケに出すゲームか?」
「そうなんでやんす。8割方はできたでやんすが…。」

東方っぽい弾幕ゲーだ!
なんだ、ファフニールさんヲタライフを存分に満喫してるじゃあーりませんか!

「一日何時間インしているでやんす?」
「ざっと21時間ほどだ。」
「期間限定のイベントをやりつくしたので今は暇だ。」
「ネトゲ廃人まっしぐらでやんすね。」
「今日帰りにリンス買ってきたでやんすよ。」
「これで髪がまとまるのか?」

腐向け入浴シーンありましたな。
「今朝は納豆ご飯でやんす。」
「甘口か?」
「あめあめあめ~。」
「新しい傘がよっぽど嬉しいんですね。」
「何やってんの?」
「相合傘っていうんですよ。」
「それは知ってるけど。」
「あっ 仲良くやってるみたいだね。」
「勧めた自分が言うのもなんですが滝谷さんすごいですね。あのファフニールさんと同居できてるなんて。」

養われのニートとか最強のポジションじゃあーりませんか!
ダメ人間一歩手前だな。あっ、人間じゃないから関係ないか。
ファフニールさんによるありがたいお言葉を聞くのだ。
(人間には当たりとハズレがある。ハズレはすぐわかるが当たりは時間をかけねばわからない。人間如きにそんな時間をかけるのは面倒だ。俺にとって人間は住処に土足で踏み入る宝を奪いに来るハズレである。だが、お前は当たりだ。)
次回は夏の定番である水着回のようじゃの。コミケにも行く様子。
サブタイ通りテコ入れ回のようだ。
スポンサーサイト
2017/02/17 09:04|小林さんちのメイドラゴンTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1300-2c5f68b3


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.