Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


政宗くんのリベンジ 第6話「突撃!お宅訪問戦」

20170210.jpg


アバンで吉乃と寧子という組み合わせ。
腹黒キャラ同士ご対面。そしてママンとツーショットな提供絵である。

前回の続き、プール掃除の中、本気で好きならキスしろというところで終わった。
「何よ!私の事本気で好きならそれくらいできるでしょ!」
(む…無茶言うな!キキキキスなんてな…DEAD OR LOVE作戦のトリもトリ、最後のフィナーレ辺りに用意してたんだぞ!)

少女漫画でしか学習していないためアドリブというか想定外の事に対して非常にヘタレ!
童貞だから仕方ないね。
20170210part2.jpg
「ほらそういうこと!付き合ってられないわ!」
「待って!」
(捕まえてどうすんだ俺!いきなりぶっつけ本番に入ったじゃないか!無茶だ…無茶に決まってる…。だけど…逃げるわけにはいかない。どうすれば…。そうだ!これはハムだ!人間の形をしたハムだ!お中元のハムにおいしくかじりつくと思えば…。)

愛姫さん、あなたは今からハムになるのです!
ハムとはひどす。ww
「ちょ…ちょっと…。いや~!だめ~!!」
(強烈なアッパーカットを喰らう。)
「何しやがる!!」
(そんな被害者ヅラしたって無駄だからな。このハムが!)

2人とも肝心な所でお互いヘタレじゃの。
誘っといて、拒否るとかどゆこと?
何をやっているのです!ハムが動きますか?

20170210part3.jpg
「そちらにいましたか政宗様。よろしかったらこちらをどうぞ。」
(熱いお茶?この季節に?)
「しょっぱい…。」

「夏でも体を冷やさない方が健康にはいいそうですね。あと熱中症予防には塩分とクエン酸。結果として梅干し入りほうじ茶というのがわたくしの最適解となりましたの。」
しょっぱくて黄色いから黄金水だと最初思ったし!ww
「他に足りないのは各種ビタミンとマグネシウム、ビール酵母とプロポリス。この会社のプロポリスは成分の抽出方法に特許があってより効果が望めますのよ。申し訳ございません…ついわたくしったら余計な真似を…。」
「初めから薬頼みってのは感心しないな。まずは運動と食生活だろ。」

元、メタボが語る。
「その上で補助に使うならいいと思うけどさ。」
「もちろんそれが理想だと思いますわよ…。」
(拗ねたとこも中々かわいいんだよなぁ。)
「富ノ宮さん。俺なんかのどこがいいの?」
(転んでもただでは起きない男とはまさに俺の事!前に安達垣に投げつけられて答えられなかった超難問だ!全部、顔がいいからなんて上っ面な答えは即座に却下!かといって俺と接点のない君は内面に踏み込んだリアルな答えなんてまず出せない。どちらに転んでも体よく断れる最強の質問だな!)
「そういうご自分の魅力に気付かれない謙虚な所ですわ。」

はいでた模範解答。こりゃ残虐姫を攻略するどころか、政宗くんが攻略されていますな。
(白…!ホワイトニング…。)
白と言ってもパンツの色じゃないよ。猫ちゃん元々穿いてないでしょーが!
「そ…そう…。」
「もっと自信を持ってくださっても大丈夫ですわ。政宗様は素敵な方ですもの。」
(あの女…想像以上にできる!そうか…俺に足りないのはこの辻褄を気にしない臆面のなさなのかもしれない!)
「あ、パンツそろそろ乾きそう。」
(あのノーパン…やっぱり危険。早めに芽を潰さないと…。)


20170210part4.jpg
(なんだか騒がしいな…)
「お前ら何でここに…。」

ちょっと借りてるよ坊や。出てけ!ここは僕のウチだぞ!
偉そうなこと言うんじゃないよ。娘っ子1人攻略できず、いじけてノコノコ帰ってきて、それでもお前男かい!?ええ!?

「あ~そっかそっか。ここ家じゃなかったのか~(にしちゃロリババァもいる…)」
「師匠~!」
「手、べたべたなんだけど。」
「んなことはいいから一体何が起きてるんだ!」
~回想入る~
「うちに何かご用ですか?その制服まーくんの学校の子よね?もしかしてまーくんに用事?まーくんのファン?きゃー!ほんとにまーくんったらモテモテなのね!まだまーくん帰って来てないの~。入って入って。今日はエビフライ揚げるつもりなの~。」
「いえ私は別に…。」
「E・B・I!えび~。」
「えび~。」
「ほらあなたも。リピートアフタミ~。」
「いえ…私は仕事がありますので。」
「す…すまん。空気読めない親で。」
「すっごい気まずかった。」

つまりはママンに拉致られたということね。
「とにかく早々に帰ってもらわないとな…やばいものとか見られる前に…。」
それはお約束のエロ本じゃないよ、筋肉雑誌とか筋トレマシンだよ。
「やばいものってここのもの全部?筋肉をムキらせることしか頭にないような感じの部屋…。」

筋肉だーい好き!な庶民サンプルの愛用品。別にこれはバレてもいいやろ。
むしろ過去バレの方が恐いのか。

「あんまり覗くな!充実のジムマシンと呼べよ!
いいか?イケメンの道は一日にして成らずと言ってな。小さな脂肪を見逃すことでより大きな内臓脂肪が付くんだ。油の一滴、巨デブの始まりだ!」
「まぁ!素敵なお部屋。これだけあればリハビリに持って来いですわね。」
何のリハビリだよ!ww
「政宗様…?こんな所で恥ずかしいですわ…。」
(み…妙な事を言いだしたって騙されてやるもんか!)
「何か用があったんじゃないかな…?」
「そうそう。フライが揚がりましたわ。」

ご飯のメニューが高カロリーオンパレード。食後に腹筋何回やるのかね?
「いや~びっくりだよ。あのお兄ちゃんに家に来るような友達がいるなんて。」
「あらま。どうして?政宗様はとても人気がおありの方でしてよ。」
「だってお兄ちゃん正体バレるのが嫌で…。」
「余計な事を言うのはこの口か!」
「正体?政宗様のですか?」
「そうそう。今でこそこんなイケメン気取ってるけど…。」
「さぁ!無駄口叩かないで飯の時間だぞ!」
「なんでここに座んの~?狭いよ~。」
「みんなちゃんと座ったわね。それじゃいただきます。」
(この衣が大体油なんだよな~。)
「もう!まーくんに寧子ちゃん!駄目よ!ご飯は美味しく食べるものなんだから!」

当然じゃい!エビフライの衣剥すとか食べ物に対する冒涜としか言えませんですぞ。
「カロリーが問題だろ。」
「栄養が肝心ですわ。」
「な~んかそっくりだね二人とも。」
「おい待てよ。聞き捨てならないぞ。」
「吉乃ちゃん。おかわりあるわよ。」
「ん。」
「レッツ!花火タ~イム!」
(浴衣に着替えてまですることかよ…。)
「た~まや~!」
(近所迷惑じゃね?)

まさかの打ち上げ花火を個人の家の庭でするとか普通は考えられんわ。
(まぁでも庭に連れ出したのはナイスだ我が妹。あの女と家にいるよりは安全だからな。)
「豚足とは違うタイプだよね。妹。」
「あいつテンション上げ過ぎだぞ~。」
「なんか悪いな。こんなとこまで付き合わせて。」
「別に。単に花火が苦手なだけ。」
「なんで?」
「昔ロケット花火を何本使えば人は月まで行けるかって実験を愛姫様が思いついて…。」

名前通り残虐姫だ。もはやいじめの域やで、それ。
「実験台は私だったの。目の前が真っ白で耳が遠くなって…。」
「いい!もういい師匠!皆まで言うな!」
「蛇玉って落ち着くよね~。」
「なんかもう…そっとしとこ。」
「千夏様。帯が緩んでましてよ。」
(立てば芍薬、座れば牡丹、だっけ?)
「かわいらしい方ですわよね千夏様。こんな風に賑やかになのは初めてです。どういう顔をしていいか少し困りますわね。」
「綺麗ですわね。」
「みんな~。スイカを切ったわよ~。」
「また食い物!」
「富ノ宮さん。小岩井さん。勝負!」
「勝負?」
「何の?」
「種の飛ばしっこに決まってるじゃ~ん!」
「ママ負けないわよ!」
(こいつら全員小学生か!君が嘘つきでさえなければもっと違う付き合い方もできただろうか。俺に安達垣愛姫という仇がいなければ今とは違う想いを感じていたんだろうか。)


20170210part5.jpg
政宗はカロリー気にして、寧子は栄養を気にしとる。
まさか、寧子も訳ありの過去持ってるとか?
だから、政宗が残虐姫を復讐と称して攻略してるように、政宗を攻略しようとしてる?
「あ~!楽しかった~!なんか安心したよ。お兄ちゃんってずっと一人かもって思ってたから。」
「そうね。こんな所で会えるなんて…富ノ宮さん。」

今なんと言いました?寧子をご存知なんですかい?
「お嬢様。お供できなくて申し訳ございませんでした。」
「いいのよ。収穫はあったから。」
「そっくり…確かにその通りかもしれへんなぁ。」

過去の写真気づいたら盗まれてとるし!
これは寧子も訳ありの過去がありそうだ。
たまに出てくる京都方面の方言も気になりますな。
Cパートの締めは、吉乃ちゃんの軽蔑目ですたい。
「ただのパクリって…馬鹿?」
バカなの?ゲラゲラゲラ。
残虐姫を口説くセリフが寧子のセリフパクっただけという。
スポンサーサイト
2017/02/11 18:19|政宗くんのリベンジTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1297-a8c510b6


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.