Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


うらら迷路帖 第5話「花嫁と神様、時々はっくしゅん」

20170204.jpg


本日は神事という名のお祭りね。
「みんなも知っている通り迷路町には八百万星の数ほど神様がいていつもうらら達を見守っています。それはなぜかと言うと神様達は自分の花嫁となるうららを探しているのだそうよ。それを知ったうらら達は競って美しい花嫁姿になりお宮にお参りし、その様を見た神様達は大層楽しみ花嫁選びに興じました。
というのが今日行われる白無垢祭の由来よ。」

それは、花嫁という生贄を捧げるという風習を綺麗な言い方に置き換えたものか?
「ふ~ん。要するに神様との集団お見合い大会ね。」
「急にノリが軽くなったわね。」
「む~。お祭りは楽しみだけどその着物はヤダ。動きにくそう。」
「こういう行事をこなすのもうららの大切な仕事です!私達には迷路町の伝統を正しく伝える責任があるのよ。」
「ちなみにナンパ目的の不埒な男どもの捕り物も白無垢祭の伝統だ。お前らも破廉恥な行為はするなよ。」

破廉恥な行為禁止とか、それはフラグですか?
「はい。千矢ちゃんできた。」
ポニテも新鮮ね。
「もうおしまい?脱いでいい~?」
「ダメよ今着たばっかりでしょ!」
「いつもでさえすぐ脱いじゃうんだから。」
「今日はみんなでしっかり千矢ちゃんを見張っててね!」
「自信ありません…。」

ごめんなさいするときはお腹見せなきゃ。これしきたりね。ww

20170204part2.jpg
「着替え終わったらお参りがてらお祭りを楽しんでらっしゃい。それが今日の課題よ。」
「今日は絶対めくっちゃダメだからね!」

めくっちゃダメ。ならばかぶるのはOKと。ww
その発想はあった!

「何してんの紺。早く早く。」
「駄目よ3人とも!さっきあれだけ食べたでしょ!まだ食べる気?」
「食べるんじゃなくてこれ。」
「お酒?」
「お清めのお神酒よ。お祭りだから特別サービスなんだって。」
「飲むのは大人に任せて私達は匂いを嗅ぐだけね。」
「にゃふ~。」
「匂いだけで!?」

へべれけ千矢。さあ何が待ってる?
(いつも以上に動物達が千矢に引き寄せられてる?もしかしてお酒が引き金になって千矢の野性フェロモンが暴走してるの!?だとしたら人間も。)
「ノノ!小梅!気をつけて!お酒は…遅かった。」

あんハピやフルバで見たような光景が待ってた。獣姦期待した人退場!

20170204part3.jpg
「見てみて紺!お祭りって楽しいね~。」
「どうしよう!千矢が止められない止まらない…。」
「ぽんぽこ!」
「遊ぶにゃ~。」
「何事だ!うららを狙う不埒者か?」
「暴れているのは野生動物と花嫁の少女です!」
「何と凛々しい押し倒され方!」
「寝転ぶ隊長かっけー!」

フラグ通り、佐久隊長を押し倒すニャ。そのまま百合展開でお願いします。
「やっぱりお前か千…。」
「ひゃん!」

ひゃん!とかエロい声出しおってからに!ww
「この破廉恥娘~!」
「はあ~楽しかった~。こうしてると山にいた頃みたい…。風が気持ちいい。何か眠くなってきちゃった…。」

酔っぱらって暴れた寝るとか、悪酔いそのもの。
(黒い耳、赤い瞳。大きな…ウサギでもキツネでもない。)
「どうしてこんな所に一人でいるの?お祭りで遊ばないの?
私はね~さっきまでお祭りにいたの。友達と一緒にね…。
ねえ君は何ていう名前なの?私はねえ千矢。千矢っていうの。
えっ?今…何て言ったの…?」

これは佐久隊長の幻覚かお母ちゃん絡みなのか、果たして!
「みんな…あれ?私どうしたんだっけ…?」
「昨日の白無垢祭で酔っ払って暴走した後原っぱで寝てる所を佐久隊長が見つけてくれたの。」
「それから丸一日眠ってたのよ。無事見つかってほんとに良かった…。」
「ほっぺがいひゃい…。」
「ほんとにほんとに心配したんだから!千矢のバカ~!」
「佐久。迷惑かけてごめんなさい…。」
「今回の騒ぎ、棗屋の主人としてここは私が責任を取って腹を…。」
「あ~!待て待て出すな!千矢じゃあるまいし…。」
「出す?切るのよ。」
「まさか佐久私があれをやるとでも?」
「いやその…。」

是非やって見せてください!
「そもそも千矢は原っぱなんかで何してたの?」
「原っぱで変なおばけに会ったの…黒くて大きくて長い耳が生えてて話しかけたらスーッと消えちゃったの。」
「それって…。」
「怒った佐久隊長じゃない!?耳じゃなくて角よ角!きっと!」
「おい。誰がバケモノだ?」
「本当に見たんだけどな…。」
「大方酔っ払って夢でも見たんだろう。」
「それより千矢昨日のことは重々反省しろよ。色んな人に迷惑かけたんだからな。特にあ…あんなことは…。」

あんなことってどんなこと?佐久隊長が、ひゃん!と言った事でござる。
「な…何でもいいからとにかくもう酒は禁止だ!」
「ごめんなさい…。」
「あれ?今日はおなか出さないの?」
「何かさっきから寒いし頭も痛くて元気出ないの…。」
「風邪ひいてる!?」
「風邪?風邪って何?風邪ってすごい?」
「何でワクワクしてんのよ!」
「風邪初めて!」
「あらあら。じゃあ今日はお赤飯炊かなくちゃ。」
「いや。おかゆの方がいいと思う。」

⑨は風邪ひかないというのはやっぱ都市伝説か。

20170205part4.jpg
Bパートは千矢の看病イベントかと思いきや、紺とニナ先生とのやり取りがメインだった。自分より優秀な者に対して対抗意識を燃やす紺の心情であった。
そういうキャラは暗黒面に堕ちるパターンもあるけどね。
(千矢が見たおばけ。それはもしかしたら迷路町の神様じゃないかって。)
神様の正体暴くのはタブーじゃなかったっけ?
「紺ちゃ~ん。」
「え?どうして…。」
「私だってうららだもの。かわいい生徒のいる方角くらいは占えるのよ。あと紺ちゃんが何かを探してここに来たってことも。」
「…なるほど。それで千矢ちゃんの見た何かを確かめにここへ来たのね。」
「不思議な話だけどもしかしたら千矢ちゃんには神様を見ることができるのかも。」
「ニナ先生もそう思いますか?私ずっと一人で勉強してきたから知らなかったんです。自分が負けず嫌いだってこと。」
「棗屋に来て初めて同じ夢を持つみんなに出会えて嬉しくて。
だけど負けたくなくて…もし千矢に神様が見れたなら私も見たいって思っちゃったんです。」
「その気持ちはとっても大事よ。恥じることなんかないわ。だって私達はうららだもの。」
「うららはみんなお互いが大切な仲間で一人一人が大切なライバルなの。そして切磋琢磨しながら修業するのよ。
千矢ちゃんの見た何かが本当に神様なら私だって見てみたいわ。選ばれるものなら選ばれたい。
だけど紺ちゃん未来のことは分からないわよ。今日見えなくたって明日見えるかもしれないじゃない。だから私達頑張れるし楽しいんだと思うの。
もちろん不安な時もあると思うけどそんな時は少しでいいから私を頼って。これでも一応先生だもの。
た…頼りにならないと思うけど…昨日だってあんな騒ぎを起こしたし…何なら紺ちゃんの方が先生っぽい時もあるし…。
あ~どうしてこう先生っぽくできないのかしら!こうなったら切腹よ切腹~。」
「ありがとうニナ先生!私みんなと一緒にみんなに負けないように明日からも頑張ります!」
「その意気よ紺ちゃん。」
「もちろんニナ先生にも負けません。」
「え!?」

弟子はいずれ師匠を追い越すもの。
その師匠はお腹を見せることよりも切ることにこだわる。
スポンサーサイト
2017/02/04 01:53|うらら迷路帖TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1294-f19ddf4b


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.