Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


政宗くんのリベンジ 第5話「ミステリアス・キャット」

00oppai.jpg


20170203part2.jpg
前回からの続き、残虐姫攻略完了かと思ったら、おっぱいぷる~んぷる~んなねーちん乱入して、おっぱい押し付けてきた。
しかもお嬢様キャラだ。
当ててんのよ。
(い…今どういう…。)
「い、嫌ですわ。わたくしったらはしたない真似を…。申し訳ございません。」
「いや…別に俺は…。」
「きっと昼も夜もなく想ってしまったせいですわ。神様がこうして会わせてくださったのですから。」
(誰ですか…?俺知らないよ?全く心当たりないよ?どっかで会ったっけ…いや絶対ない!)
「政宗様もわたくしのほんの一部でも想って下さいまして?」
(名前合ってるし…。
イケメンって自分の知らないうちに胸に飛び込んでくる女の子ができてたりするのか…!)
「あのさ…、君たぶん誰かと勘違いしてると思うんだけど…。」
「お嬢様。そろそろ時間が。」


20170203.jpg
志村~!うしろ、うしろ~!
残虐姫による殺気を感じるでゲソ。
「やぁ安達垣さん…」
「誰?今の。」
「いやぁ、俺もよくわかんないっつーか…。」
「死ねば?」


20170203part3.jpg
んでおっぱいねーちんが転校してくるお約束。
まさかのヒロイン候補だったりするんか?
(ああ…全然眠れなかった。あんな女知らないんだって。
あんな…。まぁ可愛い子ではあったよ?ていうかかなり好みだったかも…。
だが知らないものは知らないんだって!ほんとむかつくな残虐姫!小岩井吉乃も!)
「どうしたの政宗君?」
「さぁ。なんか怪しい動きが多いね。」
「ホームルームを始めるぞ。それでは転入生を紹介する。」
「藤ノ宮寧子と申します。よろしくお願い申し上げます。」

なんというけしからん制服だ!
(授業が終わって5分休憩、転校生特有の質問攻め。そんなのいいから!俺に!話を!させて~!もう次の授業が…。)
イケメン君なら女子トークの最中に割り込むスキル持ってるでしょーが!
肝心な所でヘタレだからそんなスキルは持ち合わせていない。

20170203part4.jpg
「政宗君知ってる?藤宮さんわざわざ政宗君のために転校してきたんだって!」
「は?…はぁ~!!??」
「あ…あの…、政宗様はご存じないはずですわ。わたくしが勝手にご恩を感じているだけですから…。3年前、クリスマスです…。」
(募金箱に万札入れてく。)
「あの…。」
「少し着込んだ方がいい。翼が生えて飛んで行きそうに見えたよ。」
「そう仰った政宗様こそわたくしには天使に見えました。」
(どこの誰だその砂吐きそうなキザメンは!3年前って俺まだ信州でデブしてたぞ!)


20170203part5.jpg
「…ちょっと話そう!」
腕引っ張って強引に連れ出す。肝心なとこでヘタレのくせに、躊躇いなくできるんだ!
「あの…政宗様…そんなに急ぐとわたくし…。」
「ご…ごめん!気付かなかった。」
「血…、エマージェンシー!エマージェンシー!衛生兵はどこだ!いや待て110番…いや違う119番だ!その前に保健室だろ!」
「大丈夫です…ちょっと立ちくらみを起こしただけですので…。」
「なんか落ちた…。ぞ…?」

カゴメトマトケチャップミニパック。
「…吐血?」
「ご安心くださいませ。原材料にはこだわっているブランドを選びました。」

普通に市販品でんがな。
「いや…、これがなぜここに…。」
「淑女の嗜みですから。マヨラーの亜種、みたいなものと思っていただければ。」
「こんな状況じゃなきゃギリギリ信じたくもなかったが…。」
「目玉焼きにかけるのは?」
「悪いが俺は塩コショウ派だ。」

なんだお嬢様キャラという猫ちゃんを被った腹黒キャラか。
名は体を表す通り、猫ちゃん被ってる。

「できれば真実はわたくしと政宗様だけの秘密。そうしておきたかったのです。」
「たとえ政宗様は覚えていらっしゃらなくても構いませんわ。お慕いしてきたことに変わりはございませんもの。ご迷惑ですか…?」
(くそ…本気で可愛いな…血迷うな真壁政宗…駄目なものは駄目だ!
ここは我慢だ…ここで頷いたらあのクソッタレへの復讐はどうなる!)

残虐姫のことをとうとうクソッタレ呼ばわりか。ww
復讐と言いつつもガチで惚れたように見えますけどな。

「気持ちは嬉しいけど…ごめん。好きな子がいるんだ…。」
(あーあ。言っちまった。もったいない…)
「そんな…嘘…。」

なーかしたーなーかしたー
「そんなに素敵な方なのですか?」
(いや。口悪いし大食いだしへっぽこだしむしろ逆なんですけどね。)
「お、お付き合いを?」
「違う。俺の片思い…。」
「さ、差し支えなければどんな方かだけでも教えていただけませんか?」
「つかさ、何であんな嘘つくのかな?俺は君の事なんて知らないし…。」
「本当のことを言うのは恥ずかしいですもの。」
(まぁ残虐姫もみてくれだけなら最強レベルの女子だ。藤ノ宮さんも諦めてくれるだろう…。)
20170203part6.jpg
「ああ。あれなら楽勝どす。」

なんか京都方面の方言出てきた。少し素を出してきたのかの?
「先日は大変失礼をいたしましたわ。藤ノ宮寧子と申します。大変羨ましく思いますわ。政宗様の御寵愛。」
猫ちゃん被りながら宣戦布告ですね。分かります。
(やっぱ止める…。)
(はいてない!?)
「…健康には気を使っておりますので。適度な緊張感こそ健康維持の秘訣なのです。コツは歩幅と足さばきですわね。」
「それ何の技術論…?」
「鬱陶しい。」
(しまった!はいてない疑惑に足を取られた!)

見えないと思ったらはいてないときましたよ。
はいていなきゃ、見えるはずがない。
レミリアお嬢様おすすめのノーパン開運法とかあるお。


20170203part7.jpg
今度は成り行き場、罰としてお約束の仲良く(?)プール掃除ときた。
「今すぐ出て行って。出て行かないなら私が出ていくわ。」
「待てよ!ちゃんと話がしたいんだけど…。」
「そういうんじゃないんだって!むこうは誰かと勘違いしてるんだ!」
「近寄らないで!慢性軽薄病がうつるわ!」
(手を上げた拍子に手がセンコーの顔面にクリーンヒット。)
「おまえら堂々とサボリとはいい度胸だな?」
「あの理不尽教師、三年B組金欠先生のあだ名を進呈するわ。」
(逆恨みじゃねぇかおい。理不尽に巻き込まれたのはこっちだっつーの。)
「まぁとにかく早めに済ませようか。」
「ええそうね。見境の無い誰かに襲われる前にね。」
「私はあっちから磨いていくから。あなたは近寄らないでね絶対。」
(なんだあいつ、なんだあいつ、なんだあいつ!えぇい、どうしてくれようかこの女!腹立つ腹立つ腹立つ!)
(残虐姫に水鉄砲攻撃!)
「真壁~!」
「ごめん安達垣さんうっかり間違えたよ。」
(残虐姫の上着脱がしてスク水姿にさせる。)
(見事なくらいございませんなー残虐姫は。足はきれいなんだけどな。)
(お返しにバケツを頭にかかげるが重くてプルプル。)
「何よこれ重いじゃない…。真壁あなたちょっとこっちに来なさい。私が歩くとこぼれるから。」
「何してるの一体!」
「うっかりあなたにかけるために決まってるでしょ。」
「もう故意だよねそれ!うっかりが次元の向こうに消え失せてるよね!」
「目には目を、歯には歯をって言うじゃない。」
「倍返しの間違いじゃ!?」
「うっかり!」
「そんな執念深いうっかりは知らない!」
「勘弁してくれ!俺水着着てないんだ!濡れたパンツで家に帰れってか!?」
「履かなきゃいいじゃない。ノーパン同士でお似合いよ!」
「おーほっほっほ!」
(駄目だこいつ…早く何とかしないと。)
「さぁこのうっかり水をありがたく…(残虐姫プールに落ちる。)」
(自業自得だ。
…溺れてる?まさか泳げないとか?やばい!運動神経いいんじゃなかったの!?)
「今行くから待って!もう少し…。」
(足…着いたのか)
「濡れたくないんじゃなかったの?」
「体が動いちゃったんだからしょうがない」
(死なれたら困るしさ。色々と)
「ふーん。そうね。仕方なくね。どうせそんなことだろうと思ったわ。」
「じゃあどう言えばいいんだ!君が好きだからとか言ってもどうせ信じないんだろう!?」
「だ…誰もそんなこと言ってないでしょう!」
「言ってるようなもんだろ!…助けたかったのは本当だよ。余計なことして悪かったな。」
(初めから心を閉ざしてる人間に何を言っても通じやしない。一方通行の虚しさ…わからない。なんでこんなに腹が立っているのか。ただ俺は…。)
「だったら証明しなさいよ。私ん事が好きだっていう証明。できないの?」
「何をすれば納得するんだ?」
「たとえば…、そうね。キス…、するとか。」

キスする直前に次回お楽しみとな。
変な所で切るなよ!はやくチューしたまえ。
でも、男女がいい雰囲気になると妨害が入るお約束なんでしょ?
猫ちゃん被った腹黒キャラとか今後どう絡んでくるとか見ものじゃの。
スポンサーサイト
2017/02/04 00:46|政宗くんのリベンジTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1293-dbd7f5fe


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.