Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


小林さんちのメイドラゴン 第4話「カンナ、学校に行く!(その必要はないんですが)」

20170202_20170203231931c8b.jpg


まったく、小学生は最高だぜ!!(ただし二次元に限る。)
カンナは小学生を見ている。サブタイ通り小学校へ行くんじゃな。
「最近よく眺めてるけどもしかして行きたいのかな?」
「カンナですか?そうだと思いますよ。ドラゴンは誰しも一度はそんなことを考えるんですよね。若い若い。」
「え?なんの話?」
「人類根絶の旅ですよね?」
「違う、私が言っているのは学校の事。」
「ああ学校ですか。ネットでもよく取り上げられています。」
「ネットって…。馴染んだなぁ。」

主にロリコン教師が女子児童にわいせつな事してることや、習っていない漢字とか使うと減点対象とされることとかありましたな。

20170202part2_20170203231932bd0.jpg
「こらカンナ、小林さんを困らせたらダメですよ。」
「入学に必要な物ってこんなにあるんだなぁ。」
「まったくです。学校と業者の間に癒着的なものを感じます。陰謀ですね。」
「そんなことはないと思うけど。」
「ネットで言ってました!」

ネットの情報が全て正しいと思うなよ。かといってテレビの情報も全て正しいとは限らない。
ネットに毒されると、ネットに書いてあること全て正しいと思いがちな罠。
今の時代は防犯ブザーは必須。
昔なら知らない人についていかない、知らない人から物をもらわないと言われた時代だけど、今は不審者を見かけたらブザーを鳴らしましょうということか。
110番通報の8割がしょうもない内容と言われている中、これはいかに?
文房具のお会計¥9,500
ランドセル¥38,000
他に学校の指定の品とかでかなり痛い出費じゃの。
「帰って明日の準備でもするか。」
「おー。」
「あっ ズルいです!私の手も握ってください。」

カンナちゃんのキラキラした目を見たまえ。

20170202part3_201702032319336c1.jpg
「今日は皆さんに新しいお友達を紹介します。」
「可愛い!」
「どこから来たの?」
「ウシシロ島…。」
「外国!?スゲー!」

んで、クラスに一人はいる意地悪女子に目を付けられた。
こうゆうのが将来、オフィスに生息するお局様になるんだな。
「あなたちょっと目立ちすぎじゃない!?」
「うわ、女王気取りの才川だ。」
「分かりやすい説明ありがとう…、じゃないわよ!」
「目立ってる?」
「目立ってるわ!もう可愛すぎるから腹が立って抱きしめたくなる。
勝負よ小林カンナさん!私が上だってわからせてあげる!」
「カンナちゃん、やめときなよ。才川さんはズルイし汚いし負けを認めないどうしようもない人なんだから。」
「ちょっとそこうるさい!」

ひどい言われ様ですな。ww
「さあ腕っぷしでも比べる?私こう見えて空手大会で優勝…。」
「私…、仲良くしたい…。」

なーかしたーなーかしたー
カンナの泣き落とし(もちろん嘘泣き。)スキル発動。

「ああごめんなさい!私その…私もあなたと仲良くなりたくて!」
「不器用すぎんだろ。」
「ほら飴玉あげるから。」

あめちゃんあげよか?
「学校にそんなもの持ってくんなよ」
「おだまんなさい!」
「嘘泣きなんて煩わしいことしますね。私なら消し飛ばすのに。」
「うん…。」
「どうして学校に行きたいと思ったんですか?」
「見てて楽しそうだったから。」
「楽しかったですか?」
「うん。」
「楽しくないこともあると思いますよ。」
「うん。」
「私達は別に人間と同じである必要はないんです。共に暮らすとは共に生きるということではありません。」
「でも近くにいて同じ時間の中にいるから一緒に居たいって思えるのかも。」
「それだけで満足できなくて共に骨をうずめる同胞もたくさん見て来ましたが…そうですね。そういう選択も今では肯定できます。」
「学校はどうだった?」
「楽しかった。」
「私も任務遂行しました褒めてください!」
「これ…。」
「入学祝いだよ。ランドセルにつけておくといいよ。」
「私には?」
「ほら。」
「やったぁ!」
「チョロゴン…。」

小林さんも粋な事をしおるわ!予想はしてたけどね。

20170202part4_20170203231933f8c.jpg
「何やってるんですか?」
「名前シール。自分のものに貼っておくんだって。」

小林さんはトールの所有物ですたい!やると思った。
じゃあ、はてなようせいは僕のものね。

20170202part5_201702032319344cf.jpg
ルコアさん再登場。ゲーマーと化したファフニールさんもね。
(時は一日前に遡る。)
「ちょくちょくお邪魔しちゃってごめんね」
「トールの様子見に来てるんでしょ?」
「わかる?」
「ほら、あっちの人も。」
「ん?これはもう飽きた。他のゲームをやらせてもらうぞ。」
「どうしたの?」
「決闘!」
「加勢します。」
「殺す。」
「この私が一緒に帰ってあげるんだから光栄に思うのよ。」
「うん。才川優しい。好き。」

才川喜び過ぎでゲソ。
その性格のせいでガチで友達いなかったんですね。分かります。
(舞台は公園。んでドッジボール飛んでくる。)
「ちょっと!危ないじゃない!」
「何だぁ?球飛んできてビビってんのか?」
「やめろよ。ごめんな。ドッジボールしてて。」
「ここ占領しちまおうぜ。チビさっさと帰れよ。」
「だからやめろって。」
「そのドッジボールで勝負してあげるわ!負けたらここを諦めなさい!」
「悪いな。俺たちそんなに暇じゃないんだ。」
「あら逃げるのかしら。才川さま直々に調教されるのが怖いの?このアメリカンゴリラ!」
「なんだと…!」
「相手にすんな。」
「そこの黒髪まさこ!あなた本当は大好きなママが居なくて怖いんでしょ?」
「このガキ…!」
「上等だやってやるよ!首を洗って待ってろ!」
「どうしよう…。」
「人数は揃ったの?」
「ダメだった。才川人望ない。」
「悪かったわね!」

人望はなくても煽りスキルは高い。だから周りに敵ばかり作るんだ。
「断固戦うべきです!ドラゴンが舐められたワケですよ。」
「ルール解ってる?」
「はい!」
「俺も知っている。」
「そういうゲームじゃないから。」
「大丈夫。なんとかなるって。」
「うーん…。」
(結果ははじめから見えていた。そもそも実力差というか種族差というかものが違い過ぎた。それは蹂躙だった。)
「覚えてやがれ!」
「コッテコテだな。」
「カンナさんの知り合いすごいのね!」
「うん。最低最悪な奴ら。」
「その表現は正しいけど酷いよ。」
「不完全燃焼ですね。」
「俺もだ。」
「ボクもー。」
「そういえば私はまだあなた方に勝ったことがないんですよね。」
(どこに行ったか私の日常…。まぁいいけどさ。そして今に至る。)

子供同士の戦いに大人が加勢するのは反則ですよ。
まあ、どうせカンナ一人でも余裕ですけどね。
意地悪でぼっちで人望ない才川さんというお友達ができてよかったのう。
スポンサーサイト
2017/02/03 23:22|小林さんちのメイドラゴンTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1292-1e6e03a4


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.