Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


この素晴らしい世界に祝福を!2 第4話「この貴族の令嬢に良縁を!」

20170202.jpg


「へっくし!」
「おやおや風邪かい?」
「カズマこそ鼻声じゃない。早くこのジャージ直してあげるわね。」
「それ暖炉に入れて燃やしたのお前だけどな。」

まさに外道。
「おやおやお腹空いたのかい?」
「そういえばまだ朝ご飯食べてなかったわね。」
「調子に乗って有り金全部酒代に使ったのお前だけどな。」
「だって皆楽しそうに飲んでたんだもの!」

予想通り報酬全部で飲み食いしたせいで借金ありの無一文に逆戻りでござる。

20170202part2.jpg
「あんた誰?」
新キャラじゃないよダクネスだよ。
忘れた頃にダクネス戻ってきた。
領主の息子との見合い話を持って来てな!
「ここの所帰ってこなかったのはこの見合いをどうにか阻止しようと頑張っていたからなのだ。
私の父もアルダープはともかく息子の事は高く評価してな。一番乗り気なのが父なのだ。
頼む!一緒に来て父を説得してくれないか!」

見合いを断ったところであの領主はより無理難題をふっかけてくるに決まってる。だったら見合いは受けた上でそれをぶち壊す計画実行でごわす。

20170202part3.jpg
(俺は親父さんに頼まれてしまった。娘が粗相をしないように助けてやってくれないかと。そして見合いが上手くいったなら報酬を出させてもらおうと。やる気が出てくるー。)
金に目がくらんで見合いをぶち壊す作戦失敗なんてことはないよね?
「幸せになるんだぞララティーナ。」
「いやですわお父様。ララティーナは見合いを前向きに考えると言っただけです。」
「何?」
「そして考えた結果、やはり嫁入りなどまだ早いとの結論に達しました。
見合いを受けはしたが結婚するなどとは言ってはいない!ぶち壊してやるぞいー!!」

そのふざけた見合いという幻想をぶち壊す!
「はしたない言葉遣いはおやめください。先方に嫌われてしまいますよ。」
「貴様、裏切る気か!」
「今の自分はダスティネス家の臨時執事。お嬢様の幸せが自分の望みです。」
「手助けをしてくれるのではなかったのか?」
「家の名前に傷を付けないってところをすっかり忘れてるだろ。」
「悪評が立って嫁の行き先が無くなれば心置きなく冒険者稼業が続けられる。
勘当されるのも覚悟の上だ。それでも必死に生きようとムチャなクエストを請け続けた私は力及ばず魔王軍の手先に捕らえられ組み伏せられて…。私はそんな人生を送りたい!」
「お前、とうとう言い切りやがったな。」
「大体あんな男は私の好みのタイプではないのだ。まず人柄がものすごく良いらしい。誰に対しても怒らず努力家で最年少で騎士に叙勲された程の腕を持つ。」
「良い相手だと思うんだけど。」
「どこが!?
貴族なら貴族らしく常に下卑た笑みを浮かべていろ!対面した時の私を見るあの曇りもない真っ直ぐな視線はなんだ!?
もっとこう…よくカズマが向けてくる舐め回す様ないやらしい視線で見られないのか!」
「そそそそそんな視線で見てないし!」
「誰に対しても怒れない?馬鹿か!失敗したメイドにお仕置きと称してアレコレやるのは貴族の嗜みだろうが!」

見合い相手が好条件でもダクネスの嗜好に全く合わない。ww
ダクネスは残念な美人さんなんだな。

「そもそも私の好みのタイプはあの様な出来る男とは正反対なのだ!外見はパッとせず体型はひょろくてもいいし太っていてもいい。私が一途に想っているのに他の女に言い寄られれば鼻の下を伸ばす意志の弱いのがいいな。年中発情してスケベそうなのは必須条件だ。できるだけ楽に人生を送りたいと人生舐めてるダメな奴がいい。借金があれば申し分ないな。そして働きもせず酒ばかり飲んで、俺がダメなのは世間が悪いと文句を言い空の瓶を私に投げてこう言うのだ。おいダクネス、そのいやらしい体を使ってちょっと金を稼いで来い!」
(畜生、この女はもうダメだ。)

それってクズマさんのことかーー!!

20170202part4.jpg
ダクネスとの仲を見せつけてやるんだ!
ダクネス昇天。これはアウアウでんがな。ww

「クズマとはよく言ったものだ。」
「飲み物の差し入れを…。」
「あの二人がやりました。」
「よし、処刑しろ。」
「違うんです誤解です!」


20170202part5.jpg
初孫に号泣するパパの顔な図。
「娘はもともと人付き合いが苦手でクルセイダーになっても一人きりでなぁ…。毎日エリス様の教会に通い詰め、冒険仲間ができますようにと祈っていたらある日、初めて仲間ができた、盗賊の女の子と友達になったと喜んで帰ってきたよ。
うちは家内を早くに亡くして…男手で甘やかしながらもとにかく自由に育てて来た。」
「それが悪かったんだろうなぁ…」
(いや、アレは真性ですよ。)
「ララティーナ様は素晴らしい女性だと思いますよ?カズマ君がいなければ僕は本気で妻にもらいたいと思っています。」
「君の方がララティーナ様を幸せにできるだろう。」
「お前ちょっと表に出ろ。」
「止めて私まで一緒に処刑されちゃう!」
「ははは カズマ君、これからも娘をよろしく頼むよ。これがバカなことをしでかさない様見張ってくれ。頼む。」
「ん、この状態は事後なのか?」
「まだ何もしてねぇよ!お前が寝てた間に微妙な空気になってたんだよ!」
「フヒ。
お父様。バルター様。どうか今回の見合いはなかった事にしてください。今まで隠してきましたが…。私のお腹にはカズマも子が…。」
「童貞の俺に何言ってやがんだこらあああ!」
「ハハハハ!そうか、お腹にカズマ君の子が。」
「父には僕からお断りをしたと言っておきます。その方が都合がいいでしょうから。」
(良い奴だったなぁ…。ホントにダクネスを引き取ってくれよ…。)
「フヒ。」
「初孫。ここここのワシに可愛い孫が!」
「2人がいつの間にかそんな関係になってたなんて…早く街の皆に広めなくちゃ…!」
「何でお前まで信じてんだよ!」

やべえ、ダクネス離脱したままかと思っていたら、復帰した途端笑わせてくれるわ!
スポンサーサイト
2017/02/02 17:26|この素晴らしい世界に祝福を! 2TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1289-cd2bc3b2


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.