Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


うらら迷路帖 第2話「探し物と夢、時々甘味」

20170113.jpg


(セツ元気ですか?迷路町に来て一週間が経ちました。町での生活は知らないことばかりでびっくりしたり、難しかったり。でもみんなといっしょで毎日楽しいよ。セツとの約束どおり笑顔で前を見て歩けてる。だけどまだ…。)
(運命の行方、人生の岐路。日常の迷路で人は時に道を失うそんな時占い師は君に選択の矢を与えるだろう。時に薬、時に毒、道しるべとなる不思議な力。それを操る条件は15を過ぎた少女であること。時に女神、時に魔女占い町の乙女達うらら。)

OPにアバン口上ありきのきらら枠も珍しいのう。
開幕にお風呂だっぺよ。だが静止画だ!
1話から、ごめんなさいするときはお腹見せなきゃとテコ入れ三昧で2話目はお風呂ときたもんだ。

20170113part2.jpg
「こら~千矢!朝ご飯の支度ほったらかしてどこ行ってたのよ。」
「わー、ごめん!」
「だーめ!謝る時はおなか見せなきゃでしょ!」

相変わらずお腹を見せることにこだわりを見せてくれる。
千矢は母を訪ねて三千里状態。だが手がかり何一つなし。
「じゃあ一番地に行ってそのすごい一番占にお願いしたらお母さんに会えるね!」
「それはできないわ。うららは自分の札と同じ番地までしか入ることができないの。それがここ、迷路町の最大の掟よ。」
「それに一番占ってものすごくお金がかかるって聞いたことある。」
「滅多なことじゃお客をとってくれないとも聞いたわ。」

なんという階級制度。
その一番占の正体がママンというオチかの?

20170113part3.jpg
「待て!こんな夜中にどこに行く気だ?
大方朝の件で一番地に忍び込む気になったんだろうけど十番占のお前にこの門を通る資格はない。たとえどんな事情があってもだ。」
「送るから大人しく棗屋に…」
「通してくれなくてもいい!こんなの自分で飛び越えられるもん!」
『この町のうららは自らの仕事と札に誇りを持っている。だからこそ日々修業に励むんだ。いつか自分の力で門を越えるために。
私は本当にお前をこの町から追放するぞ。それが迷路町の掟だ。その掟を土足で踏みにじる真似は絶対にさせない。」
「じゃあどうやったらお母さんを見つけられるの?
私セツに聞いたんだもん迷路町にお母さんがいるってだからここに来たんだよなのに…。
伝説の一番占でも神様でも誰でもいい!お母さんを見つけてくれるならどこだって行くの!追い出されたっていい!お母さんに会えないならこの町にいる意味なんかないもん!」
「だったらお前が一番占になればいい。そうしたら自由に一番地に行って伝説の一番占にも会えるし法外な料金も払えるくらい金持ちにもなれる。それに私もお前を捕まえなくて済む。」
「そっか。佐久隊長頭いい~!じゃあ私一番占になる!」
「もちろん簡単なことじゃないぞ。」
「うん!でも頑張る!」
「そうか。それなら約束だ。その約束を守るなら私はお前の力になるよ。」
「佐久隊長ー!」
「くっつきすぎだ!」

えっと、千矢が迷路町来たのはうららになるためでなく、ママンに会うためだったのか!ここでうららを目指すこととなるのね。
一番占に俺はなる!

20170113part4.jpg
「前から聞きたかったんだが、何でお前はそんな色々出しっぱなしなの?」
「えっ?」
「い、いくら迷路町が女の町とはいえ昼間は男の客も出入りするんだし、もう少し慎みをだな…。」
「さっきみたいに飛び跳ねたりすると、その…し…下着とかが…。」
「下着って?」
「えっ…。」

まさかの穿いてない設定きましたよー!ww
下着そのものを穿かなきゃ見えることもないのだ。
安心してください、はいてませんよ。

20170113part5.jpg
「子供の頃ね。母さまに聞いたことがあるの。」
「母さま。神様ってどんな方なの?」
「だめよ。それを知りたいと思っては。だけどね紺。神様に選ばれたうららにだけは目に見えないその姿が見える声を聞くこともできるのよ。あなたはそんなうららになりたい?」

紺のママンが能登ママだ!
「あのね…、今日の占いの時何があったの?」
「あの時何か聞こえた気がしたの。誰かに名前を呼ばれてるみたいな…。」
「千矢はもしかしたら神様の声を聞いたのかもしれないわね。」
「えっまさか!何言ってるか全然分かんなかったし気のせいかも…。」
「千矢。私も一番占になりたい。」
「なろう!一番占!一緒になろう!」
「よーし!じゃあお星様にお願いしようよ!一番占になれますようにって。」
「う…うん昼間は失敗しちゃったし…。」
「さあこい流れ星!」
「いつでもいいわよ!」

流れ星が来る前に寝ちまったけどね。
千矢の髪を何の前触れなく毛布みたいにしてるし。この毛布に巻かれて眠りたいのであります。
ところで千矢ってパンツ穿いてないままなの?
スポンサーサイト
2017/01/15 10:34|うらら迷路帖TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1273-53626823


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.