Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔装学園H×H 第4話「絶頂改装-CLIMAX HYBRID-」

20160730part5.jpg
「はいとくぶそう?」
背徳武装とかなんというネーミングじゃ。
それってヤバ系じゃないのかね。
「あなたのハート・ハイブリッド・ギアの中には背徳武装という隠された武器が眠っています。
ハイブリッドカウントが規定以上に達すればおそらく使用可能になります。
今よりもっと強くなれるはずです。
この調子で頑張るんですよ。」

いかにも、リスクとかやばそう。
さらには、サブタイの絶頂武装とか。www
こっちも色んなの意味合いでヤバそう。

20160730part6.jpg
「千鳥ヶ淵!絶対領域を使いすぎだ!」
バリアの名称は絶対領域とな。ww
ネーミングがどれもこれも狙い過ぎじゃ。
愛音がなんか語り始めたし。(かなり長め。)
「私にはハート・ハイブリッド・ギアしかないの!
それが戦うことすらできないですって?そんなのもう存在価値がない!
だったら生きている意味もないじゃない!
私はこのラボに連れてこられた。
それからずっと那由多博士の実験台となって研究を手伝っていたわ。
それより昔の事は知らない。それより後の事はここで実験台をしていただけ。
それが私の全てよ。
何かに興味を持とうとしても本当の、昔の自分はそんなものに興味がないんじゃないか、そう思い始めると何にも興味が持てなかった。
実戦テストが始まって高等部に通うようになると余計辛くなった。
他人と接するのが怖いのよ。
だって研究所では誰とも話をしなかったから、他人とまともに話なんてできないわ。
でも私にも唯一、拠り所になるものがある。ハート・ハイブリッド・ギア。
私が強くなると那由他博士は褒めてくれた。喜んでくれた。その頃ギアを使えるのは私だけだった。
逆に言えば私はそれ以外何もできなかった。
でも全然敵を倒せない。ハユルは200機、ユリシアは300機、私はたったの38機。
那由他博士が話してくれたことがある。私の中には背徳武装という凄い武器が眠っている。カウントが限界を越えた時、それが出現する可能性がある。
でもどうやったら減る一方のカウントを限界以上にすることができるの?不可能かもって思ってた時現れたわ。貴方よ。
ハイブリッド・カウントのリミットブレイカー。
私は嬉しかった。希望に満ち溢れて世の中が違って見えた程よ。
貴方の事、那由他博士が私に遣わせた王子様のように感じていたわ。
気に入られなきゃ、好きになってもらわなきゃって。でもどうしていいかわからなくて。データベースを探して色々調べたわ。
男の子の読む雑誌には女の子の手作り弁当が喜ばれるって書いてあったから。
でも料理なんてできないしどうしようって思って。作れもしないお弁当を用意して。
男の子のえっちな本を読んで、どんな事をしたら喜ばれるのかって。
本当はもっと色々して起こす予定だったけれど、そ…それはあんまりだったわ。
この前だって、何をされるかわからないけど怖かったけど、それなら飛騨くんも手を出してくれるんじゃないかって。
でも上手くいかなかった。結局私は何の役にも立たない人間だったの。
元々生きている価値がなかったのよ。
いずれにしろあの大艦隊が相手ではアタラクシアもこれで終わりかもね。
私のせいで皆死んじゃう。」

他人と接するのが恐いコミュ障さんな愛音ちゃん。
不器用だけど健気なのが伝わりますな。
男喜ばすためにアレ本にも手を出すとか。ww

んで、Bパートは傷無が語りだしてるよ。
そこで、お互いいらない子で、かつ、コミュ障ということに共感して責任取るという名の接続改装ときたもんだ。
「俺はここで母さん、飛騨那由他の研究を手伝っていた。
でも他にもっと優れた適正を持つ奴が現れてもう必要ないって言われた。
実験の事以外何もわからないのに捨てられた。
一人で東京フロートへ行って学校に通いはじめた頃は悲惨だったぜ。
何せ他人とまともに会話できなかったからな。
でも、人間の価値とは能力が高いか低いかではない。どう生きるかが問題なんだ。
俺達はいつだってやり直せるしいつだって再スタートを切れる。
俺はその時それを学んだ。」
「でも私はどう生きたらいいかわからないわ。」
「俺も一緒さ。だから一緒に考えていこうぜ。どう生きて行けばいいか。」


20160730part7.jpg
「私とその…、接続改装してくれないかしら。
私、やり直せるんでしょ?恥ずかしいけどあなたになら私…。」
「責任…取りなさいよ。」
「了解。」

相変わらずイチャつきますな。ハユルとの接続改装はいつやるの?ww
それよりも、自主規制とか、謎の発行体とかが仕事サボっているんですけど!
思いきりアウトだろ!これ!ww
そのせいで、ビーチク丸見えでんがな。
AT-Xは規制解除なんだっけか?知らずに見てしまったし!
Aパートはシリアスで、Bパートで本領発揮。
Bパートだけ見たら、完全にエロアニメ!
00hitora-.jpg
スポンサーサイト
2016/08/01 05:30|魔装学園H×HTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1165-f93c5eb2


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.