Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


最近のゲームとか



▽続きを読む▽
スポンサーサイト
2016/12/26 00:32|日常の日記TB:0CM:0


ドラゴンボール超 第72話「反撃なるか!?見えない殺しの技!!」

20161224.jpg

▽続きを読む▽
2016/12/26 00:02|ドラゴンボール超TB:0CM:0


メガレンジャー本日より配信ですたい!



▽続きを読む▽
2016/12/23 18:21|動画紹介TB:0CM:0


ドラゴンボール超 第71話「悟空死す!絶対執行の暗殺依頼」

20161218part5.jpg

▽続きを読む▽
2016/12/18 15:44|ドラゴンボール超TB:0CM:0


魔法少女育成計画 第12話「File not found」

20161218.jpg

▽続きを読む▽
2016/12/18 14:25|魔法少女育成計画TB:0CM:0


響け!ユーフォニアム2 第11話「はつこいトランペット」

20161210part3.jpg
前回の続き。
「私は、あすか先輩に本番に立ってほしい!先輩のユーフォが聞きたいんです!」
と、あすか先輩復帰はしたものの、嫁の表情がなんとも。
レズ特有の嫉妬か?嫁のいないところで他の女の子とイチャついていたから?
「麗奈ちゃんが?」
「なんか避けられてるっていうか…無視されてるっていうか…。」
「喧嘩ですか!」
「なんで嬉しそうなの。」
「心当たりは?」
「それが、さっぱり分からなくて…。」
「特になにもなかったというか…。」
「あ!もしかして、誰かに告白されて悩んでいるとか!」
「ないない。」

サファイアちゃんは恋バナに結び付けるのが好きじゃの。

20161217part13.jpg
「滝先生に、鍵返しに行ったとき…」
(回想入る。)
「滝くんのこと?
あ、もしかして黄前さんに聞いたの?」
「どうして隠してたの?」
「傷つけたくなかったから。」
「知ってる。それでも私は、教えてほしかった。」
「…ごめん。」

滝先生の奥さんのこと知ってたけど黙っていたという、
麗奈が冷たい原因はそこだったか!
女はややこしてめんどいから、あかんね。
だからと言って、他人のプライベートペラペラしゃべるのもどうかと思いますけどね。
なにはともあれ百合再び。

20161217part10.jpg
「弱い。弱いです。全然弱い。」
「すみません…。」
「集中出来ていませんね。やる気はあるんですか?」

誰のせいで集中出来てないと思ってんだよ。
20161217part11.jpg
んで鍵を返しに行くとき、
「外は暗いので気をつけて帰ってください。なるべく1人にはならないように。」
「あの、滝先生の奥さんて、どんな方だったんですか?」
「黄前さんに聞いたんですか?」
「はい。」
「妻はもともと、この学校の生徒だったんですよ。吹奏楽部にいたんです。ウチの父が、ここの顧問で。」
「そういうんじゃなくて、どんな人だったんですか?」
「元気な人でした。
よく笑って、体を動かすことが大好きで、体が丈夫なのが取り柄だと言っていました。将来は、吹奏楽部の顧問になって全国を目指すと言っていたんですよ。
だから、余命が宣告された時は、頭の中が真っ白でした。
それからは本当に…、あっという間で。」
「じゃあ、滝先生が吹奏楽部の顧問になったのは…。」
「どうなんでしょう。彼女がいなくなった後、吹奏楽とは距離を置いていたんです。どうにも楽器に近づく気になれなくて。
ですが、父から顧問をやるよう頼まれてしまって…。
いつまでもふさぎこんでいたら、怒られてしまいますからね。」
「滝先生、奥さんのこと好きだよね?大好きだよね?
奥さんのために顧問になって、奥さんのために金取りたいって思ってるよね?」

20161217part12.jpg
んで翌日、新山先生から聞きだした滝先生の奥さんの墓へ行く。
「私、前から思ってたの。どうしてもっと早く生まれてこなかったんだろうって。」
「滝先生の奥さんになんて言ったの?」
「金賞取りたい。滝先生の夢を叶えてあげたい。」
「獲ろう。絶対。」
(そして、次の曲が始まるのです。)

んー、麗奈の複雑な女心なエピソードでしたけど、女心がよく分からない管理人にはイマイチ理解し難いものだったの。滝先生に奥さん好きと聞いといて振られる覚悟で、吹っ切れることかの?
2016/12/18 13:15|響け!ユーフォニアム2TB:0CM:0


ステラのまほう 第11話「お困りですかお嬢さん」

20161217part4.jpg
(思いがけず部長さんの家に泊まり込むことになった私達。夏コミに向けて新作ゲームの作業をしています。ゲームのタイトルは「星屑のインテンツィオーネ」)
あっ、前回の続きからなのね。
はーちゃんが黒塗りの高級車に乗せられとる。
(翌日の土曜日。部室にはーちゃんは来ませんでした。)
「すまんね愚妹が迷惑かけて。水葉は高校生活中は部活禁止に決まったよ。」

まさかのはーちゃん離脱!?
それを阻止せよが、本日のミッションざます。ユーフォのあすか先輩状態になってきましたな。

20161217part5.jpg
「でけ~!これ全部飯野家!?」
すごく・・・大きいです・・・
20161217part6.jpg
「水葉、座り。今までは水葉が門限や成績で怒られるたびに家の人をなだめてたんよ。
でもここ数週間は帰りも今まで以上に遅くなるし休みの日も出歩いてばっかだし夜更かしはするし成績は落ちるしで私もフォローしきれんくて。
昨日も大変だったんよ。ばあさまも正に怒髪天を衝くって感じでさ。
水葉。本田さんと先輩に言うことあるっしょ。」
「ごめんなさい…。」
「謝る時はちゃんと相手を見る!」
「まったく。そこまで絵とか部活に意地張るもんじゃないっしょ。ねぇ本田さん。」
「水葉が今それに入れ込む必要はある?趣味で絵描いてる人はたくさんいて…。」
「姉さんは誰が描いたって一緒って言うの?」
「私は私にしか描けないものを…。」
「自惚れなんよそれは。誰だって自分にしか作れないものを作ってる。本田さんだってそう。」
「わかった?水葉がそれを描けなかった所で社会がひっくり返ったりするわけないんよ。あんたはもう少し飯野家の末娘の自覚を持たんと。」

あかん、はーちゃん言いくるめられとる。あすか先輩と違って学業に思いきり響いとるのは痛いのう。

20161217part8.jpg
アイリス先生こと関先輩のの反撃。
「違う。それは違うよお姉さん。
自分が作ることで何が変わって誰のためになるとかそんなのが作る理由じゃない。自分が楽しいから、生きてるからやるんだ。ご飯食べたり息するのと同じさ。
自分の手が今世界に初めて生まれる物語を書いてる。評価や意味じゃない。そうやって作ることで自分の人生に誇りを持てるんだ!」

要は理屈じゃねえんだよ!
鉄人兵団のときもしずかちゃんが言っていた、
ときどき理屈に合わない事するのが人間なのよ。と。
だが、卒業文集という用意の良さでそれを読ませるとか、辱めとか。www

20161217part7.jpg
「先輩に免じてばあさまには改めて説得してみるよ。ただし一つ条件が。水葉と本田さん、二人とも期末テストで全科目70点以上取ること。
部活と勉強を両立できる。むしろ部活仲間と勉強も助け合えるから成績も上がるって二人で証明する事。
それなら私もばあさまを説得しやすいしね~。」
「この家の客間で勉強合宿も可能です。冷蔵庫もご自由にどうぞ。」
「デジャブだ~!」

お約束なテストの点による条件。
桑原さんは何点でした?7点だ。

んで、テスト勉強の描写はなしでBパート開幕でテスト終わっとる。
裏に問題がまだあった~!!という夢を見たのさ。ww

20161217part9.jpg
「はっはっはー!その心配はないよ!なぜなら私も今日は帰らない覚悟を決めてるから!」
話は聞かせてもらった。
成り行きでお泊りに!
「だ~!考えても仕方ない!これもアイリス神のお告げなんだわ!今日はこの家でみっちり作業しろってお告げ!」
先生から神に昇格したし!
(結局はーちゃんも照先輩もその日は泊まっていきました。夏コミまであと3週間です。)
世間様じゃ大阪夏の陣ならぬ東京冬の陣こと冬コミでんがな。
次回最終回。
2016/12/18 12:36|ステラのまほうTB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第11話「合宿」

年末だけに仕事が忙しく更新遅れた。
東映特撮ニコニコおふぃしゃるでは、カーレンジャー最終回迎えたし!次はメガレンジャーかの?

20161217.jpg
練習試合が終わると今度は合宿イベントだそうです。
新キャラがなんか出てきた。
「こんな所にいやがった!探したじゃねーかこんちくしょー!
ほんと、探したよ皆~。」
「久しぶり、フリルパンツ。」
「久しぶりだねー、みんな。近くに用事があったから寄ってみたんだ。
ムネムネ先輩、相変わらずパワフルおっぱいしてますねー。」

ほうほう、フリルパンツとな。そして、あがりちゃんの元カノときたもんだ。

20161217part2.jpg
「温泉ー!厳しい練習でもこれがあるから乗り越えられる!だから合宿って好き!」
「温泉好きってお年寄りくさい。」
「まぁまぁ、そんな事言ってないで入るぞ。」

練習の後は、お約束な温泉なのだ。っへけ。
湯気が気合入れて仕事し過ぎで、驚きの白さじゃの。
BDではどうなるんでしょうな。
んであがりは、元カノの呪縛の他、スマッシュ強化に悩んでいる。
元カノに関しては、
「だって…だって私達は卓球人よ!
卓球で心を通わせるのが道理じゃないの!?」

とぬかしおる。なんだよ卓球人って。ww
つまりは、戦闘民族なら拳で分かり合うということでOK?

20161217part3.jpg
「でもさ、どうせ燕とは地区予選でぶつかるんだろ?だったらそこで、くまみんと勝負できるんじゃないか?」
「その時の為に、今できる事をやらないと。」
「私、紅真深ちゃんの事はよく分からないけど、卓球なら力になれると思う!
紅真深さんと最高にドキドキできるように今は練習だよ!私、手伝うから!」
「…ま、まぁ少しだけなら手伝ってもらってあげない事もない…けど。」

でも次回最終回ですよ。大会とかできるのかの?
結論として、
俺達の戦いはこれからだ!
という打ち切りエンド!?
2016/12/18 11:31|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


ドラゴンボール超 第70話「シャンパからの挑戦状!今度は野球で勝負だ!!」

20161204part4_20161211113753cb4.jpg
ゴクウブラック編終わってからの日常回。今度は野球対決。
野球は全宇宙共通のスポーツなのか。
野球対決とかヤムチャにとっては、レッドリボン軍(のそっくりさん)以来か。
「野球だって?」
「第6宇宙と第7宇宙の親睦を図るためにスポーツでもどうかと思ってな。
いい汗流そうぜ。へっへっへ。」
「親睦を深めるねぇ。」
「ビルス様、スポーツで親睦を深めるなんて素敵だと思いますよ。」
「そうかぁ?で、その野球とか言うスポーツをどこでやるつもりだ?」
「言い出したのはこっちだしな。そっちの地球まで出向くのが筋だろう。」

シャンパは野球とか言って置きながら、今度は地球のドラゴンボール狙っているとか?
だと思っていたら、美味しい地球飯目当てだったか!ww
「ビルスちょれー!ビルスの奴まんまと騙されやがった!
俺の目的は第7宇宙へ行って美味しい料理をパクることー!
スポーツで体を動かすなんてどうでもいいんだよ!」

だから、そんな体型なんだな。

20161204part5.jpg
「俺がキャプテンをやるからには絶対に勝つぜ。」
「天津飯とチャオズは誘わなかったんですか?」
「天津飯とチャオズは置いてきた。この戦いにはついてこれないだろうからな。」

出た!名セリフ!ww
復活のFの時はヤムチャを置いてきたから、今度は逆パターンときましたな。
アラレちゃんにやられた王子といい名セリフを使い回すことが流行っている様子。
悟飯ちゃんは野球をよく知らない様子。仮にも学者だろが!それと高校の授業で野球やってたでしょ!

20161204part6.jpg
カカロットがサイヤ人ブルーで本気で投げた結果がこれだよ。ww
予想はしてたがやると思った。
ボールが耐えきれんから、これが本当の消える魔球。
んで次は軽くということで超超スローボール。
物理法則どうなってるし!ww
シャンパにホームラン級の当たり撃たれるのも気功波でボールの軌道を変えてアウト。
ルール上では破壊行為はダメなだけで、それ以外は何でもありのようだ。
「ルールブックには気でボールを撃ち落としてはいけないと書かれていません。」
じゃあ、尚更ヒット連れて来て時飛ばし使えばシャンパ側有利なのに、もう。
ピッチャーがヤムチャに変わって、操気弾による魔球とかせこいでゲソ。ww
「あいつもう武闘家じゃないな。」
18号さんのツッコミナイスデース。
シャンパ側のピッチャーベジータはデッドボールで相手を潰すスポーツとか勘違いしてますな。そりゃ、乱闘になればサイヤ人が思いきり有利ですけどね。
悟空さは、悟飯ちゃんと同じとバットの握りが逆ですよ。テニス打法じゃなくて、ガチでバットの握り方を知らないのだ。

20161204part7.jpg
ヤムチャの死んでる…、とかネタにされすぎだろ!ww
おい!汚いから片付けておけよ。そのボロクズを!

監督の破壊神同士が乱闘始めたため、試合はおしまい先取点を取った第7宇宙チームの勝ちですよ。
全くヤムチャしやがって。今度は死んでないから平気ね。
もはや公式がネットに影響されてか病気になっていませんかね?
スタッフさんが遊び過ぎてますね。面白いからいいけどね。
2016/12/11 11:41|ドラゴンボール超TB:0CM:0


魔法少女育成計画 第11話 「サーバーメンテナンス中です」

20161211.jpg
残り5人になった中、ルール変更により4名に絞ると。
じゃあ誰か一人脱落すればええんか?
スイムスイムVSクラムベリー
「光と、そして音は透過できないということなんですよ。」
液体人間による物理攻撃無効ならば波紋攻撃は有効ということか!
考えれば光を透過したら反射がないため見えなくなるし、音を透過したら聞こえなくなるからね。
スイムの変身解除後たまの能力によりクラムベリーの人体に穴を開けおった。
そういえばのたまの能力は少しでも傷つけることができるものには穴を掘ることができるという能力。使い方次第じゃ、逃走に使う他、一撃必殺に使える能力じゃの。
たま、恐ろしい子。

20161211part3.jpg
それよりも恐ろしい子はスイムじゃの。
雑魚キャラによる番狂わせと思うのもホンマに束の間だったし。

「スイムちゃんしっかりして!
よかった、無事だったんだ。
でもすごいね。スイムちゃん、まだ子供だったんだ。大丈夫?
スイムちゃんしっかりしてるからてっきり私の方が年下かと思ってたよ。」

と・・・ゆだんさせといて・・・ばかめ・・・死ね!!
スイムは何かと不意打ちすることが多いのう。
んで、たまの走馬燈という回想が始まった。死んだ後になってようやくたまの回想入りましたな。
俗に言うたまは劣等生。
兄(姉)よりすぐれた弟なぞ存在しねぇ!!
実際に存在して肩身が狭い思いをしていて、穴があったら入りたい気分だったからこんな能力が身に付いたのかの。
死んでからも出番が多いルーラ様。口は悪くても部下の面倒見はいいときたもんだ。

ファブから新たな勧誘らしきものがきたけど、あっさり拒否られたぽん。
「へーい、新しいマスター。聞こえてるぽん?
色々話しておきたいことがあるんだけど、OK?
そっちからも聞きたいことがあるんじゃないかぽん?
魔法少女育成計画ってそもそも何なのかーって、正体は気になってないぽん?
ちょっと聞いてるぽん?まさかマスターになりたくないぽん?」
「マスターってなに?」
「とってもえらい魔法少女のことだぽん。」
「なら、なる。」
「いいお返事ありがとう。じゃあこれからはファブと二人三脚で…。」
「それは嫌…。二人三脚なんてしない。ルーラはたった一人のお姫様だから。」

スイムはリアル幼女だ。そもそも幼女の頭でマスターとか理解できないっぽい。
幼女の脳みそだから、お姫様になるために良心の呵責とか関係なしに無邪気にゲーム感覚で殺し合いしてたとか?

20161211part2.jpg
ファブがリップルにスイムの弱点教えとるし。
絶対面白がってやってるだろ。これ!

「ファブはあまりお勧めしないぽん。
今更だから話すけど、ルーラ、ピーキーエンジェルズ、たま、クラムベリー、シスターナナ、ウィンタープリズン、スイムスイムに関わった者は全員死んでるぽん。縁起悪いぽん。
でもスイムスイムにも弱点があるぽん。光と音ぽん。
あとは自分で考えるぽん。これだけだってルール違反ギリギリだぽん。
まぁ、リップルがどうしても納得いかないって言うならゲーム続行ってことでいいぽん。
これは私闘じゃなくてあくまでゲームの一環、ならしょうがないね。
それじゃ2人になるまで頑張ってぽん。」

次回はスイムVSリップルかの。もしかして龍騎みたいに最後の一人になるまでゲーム続行じゃないよね。
2016/12/11 10:23|魔法少女育成計画TB:0CM:0


第2202回「年賀状派?メール派?SNS派?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の岡山です今日のテーマは「年賀状派?メール派?SNS派?」ですみなさんは最近年賀状書いてますか私はここ数年年賀状を書かなくなりました年末年始のご挨拶は年々年賀状メールSNSと簡略化してきましたそんな中今年は年賀状を書こうと決意した次第です親戚や旧友、恩師など合わせると膨大な量になりそうなので今週末あたりから書き始める予定ですみなさんは年賀状を出しますかそれともメ...
FC2 トラックバックテーマ:「年賀状派?メール派?SNS派?」


20130123.jpg
来年はとり年ですな。
レッドバスターは何度フリーズするんだろう?

ネズミ年にはドラえもんが発狂していましたな。
んで、本題。
住所が分かっている相手には年賀状で、分からない相手には主にLINEで毎年送っていますね。
年賀状は宛名は手書きで、裏面は干支のイラストがついたものを印刷しています。
2016/12/10 07:41|トラックバックテーマTB:0CM:0


第2199回「得意な手料理はなんですか?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の一之瀬です。今日のテーマは「得意な手料理はなんですか?」です。 私のはあまりお料理そのものが得意ではないのですが、だし巻き卵焼きやオムライスだけは自信を持って人に提供できます卵って栄養も豊富で、使い勝手がいいですよね得意な手料理はなんですかたくさんの回答、お待ちしておりますトラックバックテーマで使っている絵文字はFC2アイコン ( icon.fc2.com )...
FC2 トラックバックテーマ:「得意な手料理はなんですか?」


kuresinn.jpg
ありきたりですがカレーですたい!
具は豚肉、玉ねぎ、人参、馬鈴薯とオーソッドクスで、トッピングにこだわる派です。
納豆カレーとか好みは分かれそうだけど、管理人は好きですよ。
2016/12/10 07:34|トラックバックテーマTB:0CM:0


響け!ユーフォニアム2 第10話「ほうかごオブリガート」

20161204part4.jpg
前回はあすか先輩の過去が明らかになった回。
パッパが審査員にいる全国へ行けるのかの。
成績下げないことを条件に部活やって、その条件守っているんだから、親がどうこう言うべきじゃないでしょ。

20161210.jpg
リップルもとい、久美子のねーちんが料理してるよ。
「臭!」
「…お姉ちゃん何してんの?」
「味噌汁作ろうと思って…。」
「えっ、どうやったら味噌汁作るのに鍋が黒焦げになるの…。ん?なにこれ?」
「母さんたち遅くなるって言ってたから、ご飯…。」
「ご飯!?お姉ちゃんが!?」
「…。お姉ちゃんはその鍋どうにかしてよ。料理は私がやるから。」
「私ね、ずっと自分で決めることを避けてきたの。
文句言いながら、ずっとお母さんたちの言う通りにしてきた。
それが頑張ることだって勘違いしてた。
我慢して、親の言うこと聞いて堪える。それが大人だって。」
「それで?」
「だから、アンタのこと凄くムカついてた。
能天気に部活して…、なんでこの子ばっかりって…。
私ね、アンタのこと羨ましかった…。」
「お姉ちゃんのほうがどう考えても贔屓されてたよ。」

兄弟で親の見え方違うのはよくあること。
現に、出来の悪い方が可愛がられるように見えるとかありまくりなのじゃ。
「まぁ、自慢の娘だったってのは認める。でも、演じるのはもうやめたの。
高校生なのに大人のふりして、世の中なんてこんなもんだって全部飲み込んで、我慢して…。でも…、そんなの何の意味もない。
自分の道を行きたい…。そう素直に言えばよかった。
だから今度は間違えない。」
「ねぇ、家出てくの…?」
「うん。…寂しい?」
「別に。」
「私はちょっと寂しい。ちょっとだけどね。
そうだ、あんたの演奏聴いたよ。凄く上手だった。全国聴きに行くから。頑張ってね。
「お姉ちゃん…が、まさか観に来るの?」
「だからそう言ってるじゃん。
じゃあ母さん帰ってきたら呼んで。それまで寝てるから。」
「お姉ちゃんは?」
「今朝向こうに戻った。」
「…そっか。」

電車の中で泣き出す久美子。
そっけないフリをしながら後になって感情が爆発するのは、あるあるですな。
久美子のねーちんの問題は解決したようなので、あとはあすか先輩の問題じゃな。

20161210part2.jpg
「どうしても話しておきたいことがあって…。」
「もしかして、ついに愛の告白~?」
「違います。コンクールに出てください。」
「要件はそれだけ?なら答えはノー。
理由は、私が出ない方が部にとって良いから。
練習も出ない、本番も来られるかわからない人なんて、迷惑以外の何ものでもない。
私は希美の復帰に反対しちゃったしねー。それが自分の時は例外ですなんて、言えると思う?」
「みんな言ってます。あすか先輩が良いって。」
「みんなって誰?皆が本心を言ってる保障なんてどこにあるの?」
「あすか先輩が出た方がいい。そりゃ皆そう言うよ。
そう言っとけば誰も傷つけない。誰にも悪く言われないもの。」
「だからって、全員がそう思ってるとは限らないじゃないですか。
低音パートの皆や、夏希先輩は絶対あすか先輩に出てほしいって思ってます。」
「どうして言い切れるの?」
「言い切れます!」
「黄前ちゃん、そう言えるほどその人たちのこと知ってるのかなー、って思って。
みぞれちゃんと希美ちゃんの時も、黄前ちゃん結局最後は見守るだけだった。
気になって近づく癖に、傷つくのも傷つけるのも怖いから安全な場所から見守る。
そんな人間に、相手が本音を見せてくれてると思う?
心配しなくても、皆すぐ私のことなんか忘れる。一致団結して本番に向かう。」

あすか先輩に口先で勝てるのかの?姉を見た来た事をぶちまける反撃。
泣き落としと言わないで。

「先輩は正しいです!部のこともコンクールのことも全部正しい!
でもそんなのはどうでもいいんです!」
「あすか先輩と本番に出たい!私が出たいんです!」
「そんな子供みたいなこと言っ…」
「子供で何が悪いんです!先輩こそ、なんで大人ぶるんですか!全部わかってるみたいに振舞って!
先輩だってただの高校生なのに!
先輩、お父さんに演奏聴いて貰いたいんですよね?誰よりも全国行きたいんですよね?
我慢して諦めれば丸く収まるなんて、そんなのただの自己満足です!
諦めないで下さいよ…。後悔するってわかってる選択肢を、自分で選ばないで下さい。
諦めるのは最後までいっぱい頑張ってからにして下さい!
私は、あすか先輩に本番に立ってほしい!
あのホールで先輩と一緒に吹きたい!先輩のユーフォが聴きたいんです!」
「ははは…なんて顔してんの?ぐっちゃぐちゃだよ?でも…嬉しいな。」
「先輩…、顔、見ていいですか?」
「ダメ。見たら末代まで呪われるよ。」


20161210part3.jpg
んであすか先輩復帰。
「あすか先輩、模試で全国30以内だったらしくてね。それを盾に母親と話したみたい。どうしても出たいって。」
「おかえり。」
「ただいま。」

そんな2人の様子に麗奈の目線が!
レズ特有の嫉妬というやつか!
最近嫁に構ってもらず、他の人の所いってたせいか!?
とにかく、本日にして久美子姉とあすか先輩の問題解決だっぺよ。
残り少ない話数は全国大会かの?
2016/12/10 07:21|響け!ユーフォニアム2TB:0CM:0


ステラのまほう 第10話「精密機械」

20161209part4.jpg
開幕で夏服。今は真冬ですよ。
深夜アニメに季節感を求めちゃいけませんよ。
「うん。パパも夏風邪引かないよう気を付けてね。忙しいのに電話くれてありがとう。」
「そろそろ出ないと電車に乗り遅れてしまうよ。」
「はいお弁当。きんぴらごぼうたくさん入れといたからね。」
「ありがとう。それじゃパパもう切るね。パパ愛してる。」

愛してるとな。ファザコンっぷりが半端ないのう。

20161209part5.jpg
珠輝が部長さんのPC落として壊しちまっただ。どうやって謝ろう。
部長さんのママン登場だっぺよ。声がマジカロイド44だ。ジャッジメントですの!
「母です。職業はプログラマー。主に在宅で仕事。」
「初めまして。椎奈が家に連れてくるのは女友達ばかりね。殿方の浮いた話はないの?」
「あるわけないでしょ。興味もないし。」
「私は奥で仕事してるけどゆっくりしてってね。なんなら泊まっていってもいいから。あ、別に私は女の子同士でもOKだけどね。」

親公認でOKがでましたよ!
20161209part6.jpg
んで本題、
「ぶ、部長さん!ご、ごめんなさい!壊しちゃいました!
このPCすごくいいもので大事なファイルも入ってるんですよね。」
「いや…バックアップもあって。
(電源つなぐ)
バッテリー切れてただけでしたね。」

電池切れと故障とか紛らわしいわ!
「だ、大丈夫ですか?足痛めたりしてないですか?」
「大袈裟ですよ…、部長さんみたいなお姉ちゃんほしかったな。
部長さんすごくしっかりしてるしあとかわいいから。」
「いえ…、私後ろ向きでビシッとしてないって…、それにかわいいなんて…。」
「いえ。優しくて後輩思いですし一生懸命で素敵な人だなって。」

これはいい百合!

20161209part7.jpg
いい雰囲気になると妨害が入るお約束。
「こんにちは~。本田珠輝。ここで何してるのよ?」
「はーちゃんこそ!」
「私は村上先輩にゲームスクリプトの書き方教わってたのよ。ここ数日ね。
でもここで会ったのも何かの運命かもね。本田珠輝。今から私に付き合ってほしいの。作ってるゲームの作業一気に進めるわ!」
「私まだ時間をかけて塗りたい絵が…。」
『それを今からやるの!私の予備のペンタブを貸すわ。私を満足させるくらいの出来にしてみせなさい!」
「だから勝ち負けではなくスケジュールのことも考えて…あやも何か言ってあげて…。」
「また君と会えるだなんて。これも運命なのかもしれないね。」
「きゃー!アイリス先生!」
「なになに?賑やかね。若いからって騒ぎすぎちゃ駄目よ。」
「ドリンクも食材も万全だから思いっきり修羅場りなさい!」
「寝袋も出しておくわね。お風呂もどうぞ。」
「いやいやちょっと!当然のように泊まりこもうとしてるけどここ私の部屋!」

修羅場に対して寛大で理解あるママンじゃの。さすがは在宅プログラマーですな。
2016/12/10 06:41|ステラのまほうTB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第10話「わたしの卓球」

20161209.jpg
もず山中学との練習試合最終戦。気が付いたら10話だ。
こりゃ、練習試合で1クール使ってしまうん?
「何なんですかあの打球は!?」
「カーブドライブ。変化形ドライブの一つで打球がこよりから見て大きく右に曲がりそれを打つと左へ大きく逸れる性質があるのよ。」

これが東のドライブマンの技かよ。逸れる角度がスンゲーでゲソ。
「どうしてそんな打球になるんですか?」
「摩擦の影響ね。カーブドライブは通常のドライブに左横回転を加えたもので蹴るようにラバーに接触するから結果左に逸れるのよ。」
「そしてその回転量が多いほどより大きくボールが逸れる!」
「だけどくるり先輩は回転量を最大にするスイングで一撃必殺技へ昇華させています。
いわば竜巻に向けてボールを打ち込むようなもの。」

素人にも分かる解説乙です。
このカーブドライブをもってしても全国1位じゃないからの、1位の壁は果てしない。
(私がこの技で圧倒したプレイヤーはみんな戦意喪失。
あなたもまたこの状況に絶望的な表情を浮かべてるに違いないです)
「私、ドキドキします!
次は私がドキドキさせてみせますから。私の卓球で!」

戦意喪失どころかわくわくすっぞ。
だってこよりはカカロットなんだもん。

20161209part2.jpg
「さっそくアレが役に立ちそうだね。一緒にやった気持ちいいとこ探し。」
とっても意味深。ww
無為無策なわけでなく、カーブドライブに対抗すべきはスイートスポッドざます。即ち、
「野球とかであるでしょ。バットの芯で捉えるとか。
卓球のラケットにもあるのよ。同じスイングでもその部分で打つとよく弾んで打球が伸びる部分が。自在にこの部分で打球を捉えることができればこよりのスマッシュは爆発的に進化する。スイートスポットはだいたい真ん中らへんで打った時にいつもと違う打球音がするわ。そして打球音が軽いのに良く弾む。
簡単に言うと一番気持ちよく打てる部分ね。」


20161209part3.jpg
なんというか、お互い熱いバトルであったし。試合中の作画とか毎度ながら気合が入っていますな。
くるりは、負けてもざくろちゃんと最高の百合であります。
「ごめんなさいです。負けてしまって…。不様なプレイをしてしまって…。」
「そんなことない。いい試合だったよ、くるり。」
な、何言って…。私は負けたのに…。」
(私は…私は間違っていたのです。初めから…友達料なんて必要なかった。)

練習試合で1クール使うと思ったら、10話で終わったし。
残りは話数は温泉卓球かの?
2016/12/10 06:06|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.