Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


灼熱の卓球娘 第11話「合宿」

年末だけに仕事が忙しく更新遅れた。
東映特撮ニコニコおふぃしゃるでは、カーレンジャー最終回迎えたし!次はメガレンジャーかの?

20161217.jpg
練習試合が終わると今度は合宿イベントだそうです。
新キャラがなんか出てきた。
「こんな所にいやがった!探したじゃねーかこんちくしょー!
ほんと、探したよ皆~。」
「久しぶり、フリルパンツ。」
「久しぶりだねー、みんな。近くに用事があったから寄ってみたんだ。
ムネムネ先輩、相変わらずパワフルおっぱいしてますねー。」

ほうほう、フリルパンツとな。そして、あがりちゃんの元カノときたもんだ。

20161217part2.jpg
「温泉ー!厳しい練習でもこれがあるから乗り越えられる!だから合宿って好き!」
「温泉好きってお年寄りくさい。」
「まぁまぁ、そんな事言ってないで入るぞ。」

練習の後は、お約束な温泉なのだ。っへけ。
湯気が気合入れて仕事し過ぎで、驚きの白さじゃの。
BDではどうなるんでしょうな。
んであがりは、元カノの呪縛の他、スマッシュ強化に悩んでいる。
元カノに関しては、
「だって…だって私達は卓球人よ!
卓球で心を通わせるのが道理じゃないの!?」

とぬかしおる。なんだよ卓球人って。ww
つまりは、戦闘民族なら拳で分かり合うということでOK?

20161217part3.jpg
「でもさ、どうせ燕とは地区予選でぶつかるんだろ?だったらそこで、くまみんと勝負できるんじゃないか?」
「その時の為に、今できる事をやらないと。」
「私、紅真深ちゃんの事はよく分からないけど、卓球なら力になれると思う!
紅真深さんと最高にドキドキできるように今は練習だよ!私、手伝うから!」
「…ま、まぁ少しだけなら手伝ってもらってあげない事もない…けど。」

でも次回最終回ですよ。大会とかできるのかの?
結論として、
俺達の戦いはこれからだ!
という打ち切りエンド!?
スポンサーサイト
2016/12/18 11:31|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第10話「わたしの卓球」

20161209.jpg
もず山中学との練習試合最終戦。気が付いたら10話だ。
こりゃ、練習試合で1クール使ってしまうん?
「何なんですかあの打球は!?」
「カーブドライブ。変化形ドライブの一つで打球がこよりから見て大きく右に曲がりそれを打つと左へ大きく逸れる性質があるのよ。」

これが東のドライブマンの技かよ。逸れる角度がスンゲーでゲソ。
「どうしてそんな打球になるんですか?」
「摩擦の影響ね。カーブドライブは通常のドライブに左横回転を加えたもので蹴るようにラバーに接触するから結果左に逸れるのよ。」
「そしてその回転量が多いほどより大きくボールが逸れる!」
「だけどくるり先輩は回転量を最大にするスイングで一撃必殺技へ昇華させています。
いわば竜巻に向けてボールを打ち込むようなもの。」

素人にも分かる解説乙です。
このカーブドライブをもってしても全国1位じゃないからの、1位の壁は果てしない。
(私がこの技で圧倒したプレイヤーはみんな戦意喪失。
あなたもまたこの状況に絶望的な表情を浮かべてるに違いないです)
「私、ドキドキします!
次は私がドキドキさせてみせますから。私の卓球で!」

戦意喪失どころかわくわくすっぞ。
だってこよりはカカロットなんだもん。

20161209part2.jpg
「さっそくアレが役に立ちそうだね。一緒にやった気持ちいいとこ探し。」
とっても意味深。ww
無為無策なわけでなく、カーブドライブに対抗すべきはスイートスポッドざます。即ち、
「野球とかであるでしょ。バットの芯で捉えるとか。
卓球のラケットにもあるのよ。同じスイングでもその部分で打つとよく弾んで打球が伸びる部分が。自在にこの部分で打球を捉えることができればこよりのスマッシュは爆発的に進化する。スイートスポットはだいたい真ん中らへんで打った時にいつもと違う打球音がするわ。そして打球音が軽いのに良く弾む。
簡単に言うと一番気持ちよく打てる部分ね。」


20161209part3.jpg
なんというか、お互い熱いバトルであったし。試合中の作画とか毎度ながら気合が入っていますな。
くるりは、負けてもざくろちゃんと最高の百合であります。
「ごめんなさいです。負けてしまって…。不様なプレイをしてしまって…。」
「そんなことない。いい試合だったよ、くるり。」
な、何言って…。私は負けたのに…。」
(私は…私は間違っていたのです。初めから…友達料なんて必要なかった。)

練習試合で1クール使うと思ったら、10話で終わったし。
残りは話数は温泉卓球かの?
2016/12/10 06:06|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第8話「ダブルス」

20161124part5.jpg
「ほくとのサーブは正確な分癖を見抜かれるとコースを読まれやすい。今後の課題だね~。」
「何をもう諦めたようなこと言ってるんです!」

正確な射撃だ。それゆえコンピューターには予想しやすい。
ほくほくのサーブは型にはまったもんらしい。
「絶対に、勝つ!私が勝ってハナビの負けを帳消しにするんだ!」
お互いにデータでの対決か?
接戦だったけど負けちった。

20161124part6.jpg
部長が相変わらず煽っていくスタイル。
顔が。ww
「二人ともいい試合だったよ。それぞれ課題も見つかったし上出来上出来。
「なにしろ相手は全国出場校のもず山中学だ。胸を借りるつもりで気楽にいこ~。」
「気楽になんて…、できません。私は勝ちたいです。
みんなで勝って帰りたいです。それが…、全国への第一歩だから。」
「別に負けるつもりはないよ~。そりゃ電車賃まで使って来たんだから勝った方がいいし。」
「でも今気楽にって!。」
「だって、あがりとこよりちゃんの相手はもず山の部長さんと二重丸さんだよ?」
「私達が勝ってもどっちかが負けたら結局もず山の勝ちだからリラックスして向かった方がいいじゃん。」
「な…、なんですかそれ!私だって勝ちますよ!」
「え~?ほんとに勝~て~る~の~?」


20161124part7.jpg
「カットマンとパワープレイヤー。なるほど、それがそちらの連携ですか。そんなペアは全国で沢山見ましたよ。っね。」
「肉まん食べたくなってきた。」
「おごりませんよ。」
「鐘梨。おごって。」
「…仕方ありませんね。では帰りに。」

ムネムネ先輩は名前通りおっぱいネタにされとる。
んでダブルス戦。
部長さん足まだ本調子じゃないのか?
なんか爆弾抱えているっぽく見えますぞ。
「2ゲーム目。流れが変わったわね。」
「どうして1ゲーム目みたいにいかないんですか?」
「私の時と同じだよ。部長が拾って紐パン先輩が決める。この流れは最強だけど予測はしやすい。1ゲーム目で向こうはこっちのスタイルを把握している。」

ムネムネ先輩はまたもや紐パンとな。部長のパンツは?穿いてないとか?
ダブルスだと部長とムネムネの百合っぷりが大いに発揮。
ムネムネ先輩がハムスターを捕食する虎になっちょる。
ユーフォのように目標は全国なのだ。っへけ。
んで、あがりとこよりの試合は次回お楽しみと。
練習試合といえど引っ張りますな。このペースでいくと練習試合で1クール使う気か!?
2016/11/25 13:22|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 7話「全国校の実力」

20161118.jpg
本日練習試合。
例のサイコパス女も登場する模様。
スポ根でありがちな練習試合で負けて、大会でリベンジするパターンかの?
部長は相変わらず、服をちゃんと着ない肩出しスタイル。
やっぱドラゴンオルフェノクな北崎さんだ。
「はじめまして!私もず山中学卓球部部長の石榴といいます!
きょ、今日はようこそおいでくださいで…、ました!」
「雀が原中学卓球部部長の後手キルカです。お招きいただきましてありがとうございます。」


20161118part2.jpg
「私達に向かってくる敵は全て…、打ち倒してやるまでです!」
おお~恐い恐い。ww
「今までそうやってきました。そしてこれからもそれは変わらない。
今日も勝つのは私達です。ボール、ありがとうです。」
「試合してる所は見たことあったけど普段からあんな凄みのある人だったとはね~。」
「有名な人なんですか?」
「そりゃ有名も有名。東のドライブマン・二重丸くるり。もず山中学を全国に導いたプレイヤーだよ。」

ということはドライブ四天王の中の一人といういかにも強敵っぽいのが来たぞ。
後になって奴は四天王最弱とか言い出すとか?

20161118part3.jpg
「ドキドキする~!」
「変質者。」
「助けてください…。あの…、降りられなくなっちゃって…。
トイレの鍵が壊れてて閉じ込められちゃって…。い、いけないことだと思ったけど、こっそりよじ登って出ちゃおうかな~って…。」

一話で見たようなシチュだ。ww
肛門!じゃなかった校門の次はトイレで擦り●ナかよ!
股間が気持ちイィ~

20161118part4.jpg
んで練習試合第1試合は、
「罠にかかったようね。今や君は灼熱の砂漠で動けなくなった憐れな獲物。」
「砂漠で火傷しないよう飛び跳ねたっていつか力尽きる。そう、狩人からは逃げられない。倒すテクがないとね!」

ハナビが速効属性の弱点突かれ、噛ませとなる。
第2試合は、ほくほく劣勢。
第3試合以降は、次回お楽しみと。
主人公に試合させるために先に噛ませを2人出したんですね。
とりあえずサイコパス女こと二重丸は、百合属性ということは分かったし!
友達料とかの詳細はよう。
百合属性ならムネムネ先輩をおっぱい枕にするキルカ部長も負け取らんわ!
2016/11/19 23:22|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第6話「ともだち」

20161112part8.jpg
開幕に、ほくとの過去回。小学生だ!
「出雲さん。帰りにみんなで遊ばない?」
「ごめん。うちの手伝いがあるから…。」

友達と遊びたくても家の手伝いをしなきゃいけないという、自営業の家に生まれた子供の宿命じゃな。
ジャイアンみたいに店番サボるか、ブタゴリラみたいに真面目に店番やるかは子供次第ね。
おれはかーちゃんのどれいじゃないっつーの!!

20161112part9.jpg
嫁が激おこなの。
「私を馬鹿にしてるの?」
「おかしい…、おかしいわ。今日だけじゃなくて最近なんか変よ。明らかにスマッシュの質が落ちてる!初めて戦った時はもっともっとすごかった!」

こよりの不調はスランプでなくラケットのラバーの劣化であった。
「ラバーを張り換えるならぜひうちで!
豊富な品ぞろえで桃パンツをお出迎え。同じ部員だし安くしとくよ桃パンツ。」

友達をお金儲けに利用しちゃいかんのだ。
「あのね。コスプレ犬のわんこシリーズっていうのを集めるのにはまっててね。それ買ってたらお金が無くなっちゃって…。」
「こんにちは紐パン先輩。あなたにジャストフィットな卓球シューズがあるのですが一足どうですか?」

こよりが小遣い使い果たして、おけらであると知るや、セリフを全て言わせる間もなくターケッドをムネムネ先輩に速攻で移しおった。ww
商魂たくましいのう。
「急に素っ気なくなっちゃった~!」
「お金にならない桃パンツには興味ないよ」

金の切れ目が縁の切れ目とはまさにこのこと。
中学じゃ部活の備品とか全て自腹であったことを思い出した。よって剣道部とか防具揃えると結構値が張る。

20161112part10.jpg
体で稼ぐ、もといアルバイト回。コミュ障に接客業は辛いぞ。
「駄目だよマゲマゲ~。隠れてちゃ何もできないぞ~。」
「でも恥ずかしくって…。」
「ハナビ。手伝って。悪いね…。」
「気にすんな。友達だろ。」
「ほくほく…。」
「あの…。私一人になっちゃう…。」
「店番ぐらいできるよね?桃パンツ。」

コミュ障にぼっちで店番させるとかいきなりハードルが高過ぎますぞ。

20161112part11.jpg
なんかそのうち試合で当たりそうな人来たし。
部長さんが言うには、あがりと同じドライブ四天王の一角、東のドライブマンだそうです。
「お会計、お願いします。です。」
(お…、落ち付いて…、私はできる…。私はできる…。)
「ひっひふー。ひっひふー。」
「30P溜まったのでうさぎTシャツと交換してくださいです。
このもふもふしっぽがたまらなく…、かわいいです…。
あの人喜んでくれるかな…、受けてくれるかな…。
今週の友達料は、これで決まり…、です。」

なんですかこのサイコパスな女は!強敵な予感。
友達料とか意味深なことをぬかしおる。

20161112part12.jpg
「ハナビ。アレとって。」
「はい。ラバーフィルム。」
「ハナビ。アレやっといて。」
「お~。伝票整理任せろ~。」
「もふもふも任せろ~。」
「もふもふはしなくていい…。」
「悪いね…、いつも。」
「気にすんな!友達だろ~。」

ツーカーで通じるとか友達を通り越して夫婦だろ。
ここでも百合が発生していたか。それよりも店員も客も女性しかいねぇ!ざます。
男には踏み込めない世界ということね。
ユーフォといい百合は強し。
さらには部員総出で冷やかしに来とる。
とにかく、ほくとの友達はいいな、もうぼっちとは言わせないという回であったし!
20161112part14.jpg
今回卓球の試合描写なかった分、次回練習試合でゲソ。
あっ、練習試合の相手にさっきのサイコパス女がいるよー!
2016/11/11 03:58|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第5話「あなたとドキドキしたいから」

⑨は風邪ひかないという言葉はどこで発症して誰が広めたのやら。
⑨だって風邪をひくときはひく。
逆に周り中、風邪気味だらけだと、元気な人はなんか肩身が狭い。
日本人ならではの周りと同じじゃないと落ち着かないという自己主張の欠片もない流行体質じゃな。
あっ、管理人はすっかり体調回復しましたので。

今までの話から、あがり⇒ベジータ・こより⇒カカロットの法則が管理人の脳内で成立した。
こよりのドキドキするとか、カカロットでいうわくわくすっぞ。のことに見えるんだもん。
キルカ部長に挑むのは、あがりが先ということは、こよりことカカロットがおいしいとこ持っていくと予想できる。

20161104.jpg
いきなり糸目じゃない頃の部長さんの回想から始まった。
回想は死亡フラグか尺稼ぎなのか?
「後手キルカです。夢は全国優勝。1番になることです!」
「市の大会で優勝してるんだ。期待してるよ」
「はい!」
「じゃあ次の人」
「は、はい!大宗夢音です!」

ムネムネ先輩の本名が出てきた。
おおむねむねとか舌かむからムネムネ先輩でOK。

20161104part2.jpg
んで前回の続きの部長VSベジータ。
王子らしく噛ませになりそう。
「確認しておきたいんですけど部長に勝ったら今度の大会の団体戦メンバーになれるんですよね?」
「うん。そうだよ。」
「後でやっぱりなしとか言わないでくださいよ。」
「言わないよ~、そんなの。」

どうせ部内ナンバーワンの座にいたんだから実力順でいきゃレギュラーじゃないの?
王子もプライドあってか、密かにフォアハンドスマッシュの弱点を克服していた。
噛ませな王子も修行は欠かさない。
さらには、カカロットことこよりもライバルとして認めている。
やっぱベジータとカカロットな2人だ。
(やっぱりフォアハンドスマッシュで決めるのは気持ちいい。
それを思い出させてくれたのはこよりよ。でもあなただけじゃ満足できない!)

噛ませで終わるかと思ったが勝ってしまったじゃあーりませんか!
1点先取で勝ちというハンデが効いているのう。
11点先取で勝てるの?とあんま水を差す事を言うのはやめときましょう。

20161104part3.jpg
(そっか…あがりちゃんの卓球がドキドキするのは全国を真剣に目指していたからなんだね。)
「あ、あがりちゃん!私も全国に行きたい!
全国って一番ドキドキできる場所なんだよね…それなら私もそのドキドキの頂点を目指したい。もっともっとあがりちゃんとドキドキしたいから!」
「ふ、ふん!そんなセリフは部長に勝ってからに言いなさいよね!ま、まぁ別に私はこよりと一緒にドキドキなんてしたくないからどうでもいいんだけど!
でも…こよりが負けていいのはわ…私だけなんだから…。
絶対…勝ちなさいよね!」

これはいいツンデレ!
ツンデレなところもやっぱ王子じゃのう。

カカロットは永遠の目標であり、カカロットがいるから自分も強くなれると信じているんだよ。
んでそのカカロットも部長に勝ち、レギュラー入り確定。
「卓球の楽しさを思い出して戦術の幅が広がったあがりちゃんのように目標ができたこよりちゃんもこれからどんどん強くなっていくんじゃないかな。」
「お互いを意識して高め合っていく。ほんと最高のコンビだよ!」

部長さん目線から見た2人の感想。
やっぱベジータとカカロットと一致してきますな。
全国大会じゃフリーザやセルクラスな強敵が出てくるのかの。
2016/11/05 06:12|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第4話「タイクツな卓球」

20161025part6.jpg
開幕ブルマだ!
ブルマといってもベジータの奥さんのことじゃないよ。
跳び箱の中には、まったく、小学生は最高だぜ!!という女バスのコーチがいるわけじゃないですぞ。
「行くよ、あがりちゃん!しっかり見ててね。これが…。これが…。
これが私だよ…。(泣き顔)」

跳び箱で騎乗位で乗馬マシンとか、やることがあざとい!ww
卓球以外はダメダメな子ですな。

部内順位決める試合でも、
「んもー!なんで負けたのに笑ってるのよ、こよりー!」
それは接待プレイだからです。

20161025part7.jpg
キルカ部長登場だっぺよ。糸目は強キャラなお約束。
シャツの着方がドラゴンオルフェノクこと北﨑さんだ。肩紐がないということはノーブラですかい?
途中で飽きたとか言い出す気分屋な性格とかも完全に一致。
部長に負けたら猫耳コスなりよ。ニャーン。
負けたらコスプレとか言っているけど、衣装なしで装飾品のみじゃあーりませんか!
20161025part8.jpg
あがりが言っていたのは、あくまでイメージということか!
キルカ部長無双な回であった!
あがりに発破かけるためかなんか煽ってきた。
「飽きたー。」
「キルカが言い出したんでしょ罰ゲームって。なのに飽きたって!」
「うん、さすがにこんなにニャンコはいらないや。後半から犬耳にしとけばよかったって後悔してる。」
「久々の卓球だからスリルある試合がしたかったんだけど高望みだったかなー。
まさか誰も私を負かせられないなんて思ってなくてねー。
こんな退屈な結果じゃ次の大会、とてもじゃないけど全国なんて行けないねー。」

おや・・・!?あがりの様子が…!
「何言ってるんですか部長。そんなセリフは私に勝ってから言ってください。
雀ヶ原中の団体戦の最高成績は都のベスト8。全国まであと一歩というところでつまずいてばかりで、悔しい思いをしてきました。
だから今年こそはって、去年以上に練習を頑張ってきたんです。
今年は必ず全国大会に行く!
そう、色んな県の代表が集まってその中から真の一番を決めるのよ。
最高に燃えるじゃない。」

んで、次の試合はあがりVSキルカ部長。でも次回お楽しみ。
部長が開眼したから、あがりが噛ませになりそうな予感。
んでこよりがいいとこ持っていくと予測。
だって、あがりがナンバーワンに拘るけど噛ませで終わるベジータで、こよりは戦闘民族なカカロットっぽく見えるんだもん。
次回予告で、あがり噛ませで、こよりに苦戦している様子がバレバレですぞ。
2016/10/25 11:43|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第3話「好きっ!!」

20161019.jpg
「何をやるにしてもやるからには上を目指しなさい。1番よ!イエーイ!」
(両親がそんな思いから付けてくれた名前は私の誇りだった。
でも現実は何をやるにおいても平凡。
そんな中でやっと見つけたものが…。)

髪飾りは上矢印はそこから由来しているわけね。
唯一1番になれるものが卓球と。
でも都内ベスト8なんでしょ?
部内1位で満足してるとか井の中蛙状態ですな。

そこは置いておいて、唯一卓球で誰もが認めてくれるから、部内1位対決は負けられないと。

20161019part2.jpg
んで、こよりVSあがりの勝負の行方は出だしは8-0で大量リード。
「ループドライブからのバックハンドスマッシュ!これが私の必勝スタイルよ!」
最初に必殺技連発すると相手に技を見切られてしまうお約束を知らないようなのだ。
奴らに勝利を確信させてやるんだ。その方が敗北の屈辱が増すというもの。
とトランザが言っていた。ww
よって、後半はこよりのターン。
もとい、そんなドSなことではなく、こよりは純粋に卓球大好きで、
おめぇ~つえ~な~、おらわくわくしてきたぞ
な状態。
「私卓球が大好き!
卓球って相手の距離が近くて顔がよく見えるから好き上矢さん。
1年生のみんなは一生懸命で、ほくとさんは落ち着いた顔で、ハナちゃんは笑顔で、ムネムネ先輩は優しい顔でプレイしてた。
そして上矢さんはどこまでも鋭くて真剣な顔。
上矢さんと打ってるとどきどきしてきてどんどん体が熱くなる!
だから…もっとどきどきしたい!」


20161019part3.jpg
んで結果はこよりの勝利。当然ですね。
あがりは、たとえ負けてもベストを尽くしたためいい気分な感じ。
「こ、今度は楽しんだ上でドキドキした上で勝ってみせるんだから!
また勝負よ。こ、こ、こ、こより!」
「うん!楽しい試合をありがとう。あがりちゃん!」

ついにお互い名前呼び合いましたな。いい話じゃあーりませんか!
今までは、承認欲求のためだけに卓球やってたけど、本来のプレイ忘れていたという解釈でいいのかの?

目指せ全国大会、戦いはまだまだこれからだ!な、いい最終回だったし!(まだ3話ですよ?)

20161019part4.jpg
そしてCパートへ。
「でね!でね!そのこよりちゃんって子がすごいんだ~!絶対うちの部の戦力になってくれるよ!」
「ふ~ん。それはよかったね~。じゃあそろそろ私も部活に復帰しようかな~。」
「足の方もう大丈夫なの?」
「完治したよ。何なら舐める?」
「舐めないよ!ていうか舐めたって治ったかなんてわかんないし!」
「こよりちゃんかぁ。どんな子なのかな~。」

1話で出てきた土下座しといてニヤリとしていた人?
強敵登場な予感ざます。
2016/10/19 08:48|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第2話「譲れない場所」

20161012.jpg
ムネムネ先輩倒してランキングが4位にうなぎ登り。
「今日も早いんだね。」
「私はいつも一番よ。早く来たらその分多く練習できるでしょ。」
「私もそう思って早起きしたんだけど30分も道に迷っちゃって…。」

それ花子ちゃう、ヒビキや!(中の人的な意味合いで。)

20161012part2.jpg
ランニングにて。
ムネムネ先輩が走っても揺れていないやんけ!ww
あがりがランニングでヘトヘトになっているのは体力ないから?
じゃあラケットを持つと、ステータスが大幅に強化されるんだ。

20161012part3.jpg
本日の部内での試合はVSほくと。
(ほくとの技術は校内トップクラス。テクニックだけならムネムネ先輩よりずっと上。まぐれじゃ勝てないわよ)
「ピンク。桃のパンツだね。」

ほくとは、ラケットのラバーを見れば相手の性格・得意技・パンツの柄が分かる。
パンツの柄まで分かるとか赤外線カメラ搭載かいな!ww
んで試合開始。
「返されたんじゃない。返させたんだ。ほくとはサーブの位置やボールの回転とか調整して思った所にレシーブさせることができるんだ!ま、ある程度だけどな。
「そこからさらに自分の打つコースを選んで相手がミスしやすそうな所を責める!」
「気が付いたら試合のペースはすっかりほくとに握られてるんだ~。」

なんという計算キャラ。手塚ゾーンだ。乾も含まれとる。
これが卓球でなくテニスだったら完全にテニプリだ。
もちろん勝ってランクアップね。しばらくは主人公無双状態が続きそうだ。

20161012part4.jpg
ほくとに勝ってから、あがりがあからさまに避けるようになってきたし!
これはランキング1位取られることを意識してますな。
「か…上矢さん。みんなが来る前に少しだけ練習しない?
私…上矢さんと打ちたい…な。」
「わ…悪いけど今日はフォームの調整をしたいの。」

お昼のお誘いも断ってぼっち飯状態になっとる。
こりゃ、負ける気満々でんがな。
しまいには、部活に顔出さずに一人自主練しとる。

ついにマゲマゲことこよりランキング2位入り。
「すごいなーマゲマゲ!こんちくしょー!」
「こより先輩すごいです!」
「破竹の快進撃ですね!」
「新エースですよ新エース!」

20161012part5.jpg
この現場を覗き見したエースあがりが泣いとるし。
(上の画像だけ見るとバックから突かれているように見えるとか絶対言うなよ。ww)

まだ試合してないでしょうが。泣くのは試合をしてからにしたまえ。
んで負けるもんかとムネムネ先輩と猛練習に励む。
「あがりちゃん。フォアハンドスマッシュの練習はしなくていいの?」
「どうしてですか?」
「だってバックハンドばっかりだし…。」
「フォアはもうずっと前に封印しましたから。成功率が低いので。
確かにフォアハンドの方が強い卓球になるけど決められないなら無意味。確実に決まるバックハンドを磨いた方が効率的です。」
「フォアで打ってるあがりちゃん楽しそうだったのに。」
「関係ないです!勝つためですから…。」
20161012part6.jpg
「あがりちゃん。今卓球楽しい?
私は知ってるよ。あがりちゃんがいつも誰より早く来て練習してる事。
誰よりも一生懸命に誰よりもたくさん練習してきた。
あれはその証明でしょ?練習は嘘をつかないよ。だからそんなにつらそうな顔をしないで。」
「先輩…おっぱいが暑苦しいです。」
「暑くないよ!苦しくないよ!」

これはランキング1位争いの試合でフォア封印解除するフラグですね。
しかし、あがりが卓球やる理由がランキング1位を死守するためとか。
対照的にこよりは、純粋に卓球が好きという理由。
努力型の天才は純然たる天才に勝てない法則はどうなるのか、果たして!
それにしてもムネムネ先輩の当ててんのよな包容がなんとも。
試合は次回お楽しみのようだす。
2016/10/16 08:51|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


灼熱の卓球娘 第1話「…ドキドキするっ!」

20161007.jpg
ブレイブウィッチーズ、即ち、パンツじゃないから恥ずかしくないもん!
略称はブレパンでいいのか、果たして!

20161007part2.jpg
さてさて、灼熱の卓球娘。
アバンにて、
「有り得ない!キャプテンがストレート負けなんて!有り得ないわ!絶対おかしい!私達は王者よ!あなた達みたいな無名校に負けるわけがない!」
「ありがとうございました。またいつか胸躍る素敵な試合をしましょう。」

潔く負けを認めたまえ。
土下座する振りして、ニヤリと、完全に煽っていくスタイル。


20161007part4.jpg
本編を見てみたら、主人公が無双し過ぎて、校内ナンバーワンの上矢あがりの地位が危うくなった回であった。
暗黒面に堕ちそうだ。
関係ないけど、ムネムネ先輩のおっぱいぷる~んぷるん!
「ムネムネ先輩はやわらかおっぱいしか取り柄がないですからね。」
「ひどい!他にもあるよ!」
「だって私やほくとより弱いじゃん。」


20161007part3.jpg
(みんなが私を褒めてくれる。もてはやしてくれる。嬉しい、嬉しい、嬉しい。)
(エースって気持ちいい。ドキドキする。)
(この場所だけは誰にも渡さないんだから!)

ちやほやされるのが今日までだ。
この場所だけは誰にも渡さんだと!?
そりゃ完全にフラグなりよ!

20161007part5.jpg
んで、これが今回無双する主人公。
股間が気持ちイィ〜
「あ…あの…降りられなくなっちゃって…。」
「私…旋風こよりっていいます…。今日からこの学校に転入することになりまして…。
その…校門前でこけちゃってこれが校内に転がっていっちゃったので…。
こっそり入らせてもらおうかな~って…。」

小動物のようにオドオドしたキャラを演じておきながら、卓球にて無双するんだぜこれが。
バカと天才は紙一重と言われる通り、天才に専門外以外のことをやらせたら並以下とはこのことか!

20161007part6.jpg
「やっぱり強いねこよりちゃん。先生から聞いたよ。前の所では県でベスト4だったんだってね。」
(ベスト4って、私でも最高成績は都でベスト8なのに…。)
「それってあがり先輩より強いんじゃないの?」
「そうかも。これはもしかして。」
「新エースの到来!?」
(私の地位が…。エースの称号が…。)

んで、今まで築いた地位が一気に崩れる。
堕ちるのも時間の問題か!?
県と都での順位1桁じゃ完全に月とすっぽんでんがな。
1話を見た雰囲気としては、絵柄は日常系アニメでありながら、しっかりスポ根やっていますな。
2016/10/08 07:56|灼熱の卓球娘TB:0CM:0


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.